海軍兵学校 (フランス)

海軍兵学校フランス語: École navale〈エコール・ナバール〉)は、フランス士官学校グランゼコールフランス海軍士官の養成を担当する。水上艦潜水艦フランス海軍航空隊海軍フュージリアフランス語版英語版コマンドー、参謀の教育を行っている。

海軍兵学校
Officers designates from the École during ceremonies of the May.
行進する生徒
モットー Parere Antequam Prodesse(ラテン語
種別 グランテタブリスマン
士官学校
設立年 1830年 (192年前) (1830)
学生総数 毎年1500人
所在地 フランスの旗 フランス
ブルターニュ地方Lanvéoc-Poulmic
キャンパス Lanvéoc-Poulmic海軍基地
公式サイト www.ecole-navale.fr
ファイル:École Navale.png
テンプレートを表示
1864年から1890年まで海軍兵学校があった二代目ボルダ

歴史編集

王政時代は、長きに渡って、経験と実践を重視した船上実習によって海軍の将校が確保されていた。アンシャン・レジームの下では、王立海軍(特にポナン艦隊)の士官の多くは、大規模な艦隊を保有していた聖ヨハネ騎士団で訓練を受けた若い貴族であった。17世紀の設立以来、ブレストロシュフォールトゥーロンの軍港を拠点とする海兵隊保安隊(Gardes de la Marine et du Pavillon)が将校を養成していた。最初の海軍兵学校は「ル・アーブル王立海軍兵学校(École royale de la Marine du Havre)」と呼ばれ、1773年にルイ15世が王立海軍の士官養成を刷新するために開校した。しかし、ルイ16世が1775年に閉鎖した。

フランス第一帝政の1810年以降は、ブレストではトゥールヴィル号、トゥーロンではデュケイン号に乗船したÉcoles spéciales de marineが引き継いだ。

1816年1月31日に設立されたコレージュ・ロイヤル・ド・ラ・マリーンは、1818年にアングレームでコレージュ・ロイヤル・ド・ラ・マリーンを継承し、バルビエ・ド・ラ・セール提督の指揮の下、王政復古の終わり(1830年)まで運営された。この学校は、現在の鉄道駅の跡地にあった。

1827年、シャルル10世政府の決定により、ブレストの訓練船オリオン号の船上に学校が再び設立され、再び海軍兵学校となった(1830年に確定)。この学校は1914年に陸地に移されるまで船上にあった。現在は、ブレスト港の南側、ランヴェオックのプールミック入り江に設置されている。

海軍兵学校の学生は、1913年まで海軍兵学校があった船のボルダ(Borda)(1840年から1913年の間に3隻連続)の名前から、ボルダシュ(Bordaches)という愛称で呼ばれている。タイプ=バイレ(types-baille)とも呼ばれる。

2017年、同校は国防省の監督下にあるグランテタブリスマンの地位を持つ、科学的、文化的、専門的な性質を持つ公的施設となった。

著名な関係者編集

出身者編集

その他編集

脚注編集

参考文献編集

  • Maria Petringa, Brazza: A Life for Africa, Bloomington, IN: AuthorHouse, 2006. ISBN 978-1-4259-1198-0. - 海軍兵学校の卒業生で探検家、人権活動家のピエール・ブラザの伝記。練習船ボルダでの彼の年の詳細な説明が含まれている。

外部リンク編集