清沢 忠彦(きよさわ ただひこ、1938年4月24日- )は、福岡県出身の野球選手投手)。

清沢 忠彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1938-04-24) 1938年4月24日(81歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

経歴編集

福岡県出身。父の勤務地である朝鮮半島北部で終戦を迎え帰国。岐阜県立岐阜商業高等学校では甲子園に4回の出場を果たす。1956年、2年生時に春の選抜に出場。決勝に進み中京商の安井勝(立教大 - 丸善石油)と投げ合うが完封負け[1]で準優勝[2]。同年夏の甲子園では、2回戦で王貞治を先発に起用した早稲田実に大勝。またも決勝に進むが平安高の岩井喜治(明大日立製作所)に抑えられ2-3で惜敗[3]。翌1957年春の選抜は準々決勝で淡河弘のいた久留米商に延長10回サヨナラ負け[1]。同年夏の甲子園は、1回戦で津島商工から無安打無得点試合を記録するが、準々決勝で大宮高に敗退[3]。2年下のチームメートに高木守道がいた。

卒業後は慶應義塾大学に進学。東京六大学野球リーグでは立大早大の後塵を拝し優勝には届かなかった。早大と優勝を争った1960年秋季リーグの早慶六連戦では、まず早慶戦の1回戦、3回戦に先発するがいずれも敗戦投手となる。優勝決定戦ではリリーフに回り第2戦、第3戦に登板した。リーグ通算63試合20勝14敗、防御率1.48、奪三振214。大学同期に角谷隆(日本ビール)、三浦清(日本石油大昭和製紙)の両投手、遊撃手安藤統男らがいる。

大学卒業後は住友金属に入社。1965年都市対抗では決勝に進出、電電近畿に敗退し準優勝にとどまるが久慈賞を獲得[4]。翌1966年の都市対抗でも2勝を挙げ決勝に進む。しかし延長10回の熱戦で熊谷組にサヨナラ負け、2年連続準優勝に終わる。この大会でも久慈賞を獲得した[4]。引退後は住友金属野球団監督に就任。

1971年から高校野球甲子園大会の審判員を19年間務める。

脚注編集

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ “県岐阜商 栄光の歴史に左腕エースあり”. 中日スポーツ. (2018年3月6日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/legendschool/CK2018030602000220.html 2020年2月22日閲覧。 
  3. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集