高橋 正勝(たかはし まさかつ、1938年(昭和13年)2月26日 - )は、三重県出身の元プロ野球選手投手)。

高橋 正勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県三重郡菰野町
生年月日 (1938-02-26) 1938年2月26日(83歳)
身長
体重
177 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1956年
初出場 1957年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

三重県三重郡菰野町出身。水谷貞雄監督率いる四日市高校では巽一島田光二の1年後輩になる。1955年にエースとして春季中部大会決勝に進み、岐阜高を降し優勝。同年夏の甲子園三重県予選も勝ち抜き、三岐大会決勝で岐阜商清沢忠彦に投げ勝って夏の甲子園への出場を決める。大会では準々決勝で西岡清吉土居章助のいた城東高に完封勝利、準決勝では優勝候補の中京商を破る。決勝は坂出商の岡崎秀智(中大電電関東)に投げ勝ち4-1で初優勝を飾る[1]。8月には全日本高校選抜チームとして初のハワイ遠征を果たす。同年の神奈川国体は準決勝で立命館高富永格郎を打ち崩し、決勝は浜中祥和のいた若狭高との接戦を4-3で制しまたも初優勝。

1956年読売ジャイアンツへ入団。2年目の1957年に一軍に上がり最終戦に先発。中日大矢根博臣と投げ合うが5回に失点し降板、敗戦投手となる。その後は野手転向、1960年には7試合に出場するが同年限りで引退。

引退後は球団に残り初代スコアラーとしてチームを支えた[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1957 巨人 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1960 7 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年  10 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1957 巨人 3 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 26 6.0 3 0 3 0 0 1 0 0 4 1 1.50 1.82
通算:1年 3 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 26 6.0 3 0 3 0 0 1 0 0 4 1 1.50 1.82

背番号編集

  • 25 (1956年)
  • 17 (1956年)
  • 32 (1956年 - 1960年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「バーチャル高校野球」朝日新聞社 2018年7月18日

関連項目編集

外部リンク編集