済州ユナイテッドFC

済州ユナイテッドFC(チェジュ・ユナイテッドFC、朝鮮語: 제주 유나이티드 FC英語: Jeju United FC)は、韓国済州特別自治道をホームタウンとするプロサッカークラブである。SKエナジー(旧:油公)とSKグループによって所有され、韓国プロサッカーリーグ(Kリーグ)に所属している。クラブハウス及びホームスタジアムは済州島南部の西帰浦市に所在する。

済州ユナイテッド
原語表記 제주 유나이티드 축구단
呼称 済州ユナイテッド
愛称 GAMGYURI
クラブカラー    
創設年 1982年
所属リーグ Kリーグ2
ホームタウン 済州特別自治道
ホームスタジアム 済州ワールドカップ競技場
収容人数 35,545
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

 
済州ワールドカップスタジアム

1982年12月17日油公コッキリ(ユゴン・コッキリ、유공 코끼리)として創設される。コッキリは韓国語でを意味する。ハレルヤFCに次いで国内2番目のプロサッカークラブだった。翌1983年に発足したKリーグ(当時はスーパーリーグ)には初年度より参加。1989年に現在まで唯一となるリーグタイトルを獲得した。

1996年富川市をフランチャイズとして富川油公(プチョン・ユゴン、부천 유공)に、1997年富川SK(プチョンSK)に改称された。富川時代は当初は木洞運動場、2001年から富川総合運動場をホームスタジアムに使用した。

2006年2月2日に本拠地を富川市から西帰浦市に移し、済州ユナイテッドFC(チェジュ・ユナイテッドFC、제주 유나이티드 FC)に名称を変更した。済州特別自治道を拠点にする初のKリーグクラブとなった。済州ワールドカップ競技場2002年ワールドカップ日韓大会終了後、あまり大会に活用されていないこともあり、同スタジアムの活性化につなげたいという意向もあったとされる。2011年の観客動員数はKリーグ16クラブで最下位であった。

2010年リーグ戦2位でプレーオフに進出し、チャンピオン決定戦でFCソウルに敗れたもののAFCチャンピオンズリーグ2011の出場権を得た。

全北現代モータースの審判買収問題で繰り上げ出場となったAFCチャンピオンズリーグ2017では、グループステージでガンバ大阪に2勝するなどして初めてラウンド16に進出したが、浦和レッズに2戦合計2-3で敗れ、初のベスト8進出とはならなかった。

2007年には、富川時代のファンたちによって富川FC 1995というクラブが創設され、翌年よりチャレンジャースリーグに参加、2013年よりKリーグチャレンジに参加している。

2019年シーズン、Kリーグ1を最下位で終えてKリーグ2への降格が決まった。

AFCチャンピオンズリーグにおける暴力事件編集

2017年5月31日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ戦で、試合中から試合後にかけて暴力行為を繰り返したことにより、所属する3選手(クォン・ハンジンチョ・ヨンヒョンペク・ドンギュ)が資格停止と制裁金を科せられ、済州ユナイテッドに対しても4万ドル(約440万円)の制裁金が科された。 この判定に対して済州ユナイテッドおよび大韓サッカー協会は「挑発してきたのは浦和」として反発、「我々もリスペクトされる権利がある」としてスポーツ仲裁裁判所に処分軽減を求めて控訴を行った。[1][2]

タイトル編集

国内タイトル編集

  • Kリーグカップ:3回
    • 1994アディダスカップ, 1996アディダスカップ、2000大韓火災カップ

過去の成績編集

シーズン ディビジョン 韓国FAカップ チャンピオンシップ
リーグ 順位
1983 Kリーグ 3位 - 大会なし
1984 Kリーグ 前期1位
後期5位
- 準優勝
1985 Kリーグ 5位 - 大会なし
1986 Kリーグ 前期3位
後期4位
- 資格なし
1987 Kリーグ 3位 - 大会なし
1988 Kリーグ 3位 - 大会なし
1989 Kリーグ 1位 - 大会なし
1990 Kリーグ 4位 - 大会なし
1991 Kリーグ 4位 - 大会なし
1992 Kリーグ 6位 - 大会なし
1993 Kリーグ 5位 - 大会なし
1994 Kリーグ 2位 - 大会なし
1995 Kリーグ 前期5位
後期2位
- 資格なし
1996 Kリーグ 前期4位
後期2位
準決勝敗退 資格なし
1997 Kリーグ 10位 準々決勝敗退 大会なし
1998 Kリーグ 7位 ベスト16 資格なし
1999 Kリーグ 3位 準々決勝敗退 3位
2000 Kリーグ 27 10 6 11 45 35 36 2位 準決勝敗退 準優勝
2001 Kリーグ 27 7 14 6 29 29 35 7位 ベスト16 大会なし
2002 Kリーグ 27 8 8 11 32 40 32 8位 ベスト16 大会なし
2003 Kリーグ 44 3 12 29 39 73 21 12位 準決勝敗退 大会なし
2004 Kリーグ 前期12位
後期10位
準優勝 資格なし
2005 Kリーグ 前期7位
後期2位
ベスト16 資格なし
2006 Kリーグ 前期14位
後期10位
ベスト32 資格なし
2007 Kリーグ 26 8 6 12 27 35 30 11位 準決勝敗退 資格なし
2008 Kリーグ 26 7 7 12 23 31 28 10位 ベスト32 資格なし
2009 Kリーグ 28 7 7 14 22 44 28 14位 準々決勝敗退 資格なし
2010 Kリーグ 28 17 8 3 54 25 59 2位 準決勝敗退 準優勝
2011 Kリーグ 30 10 10 10 44 45 40 9位 ベスト16 資格なし
2012 Kリーグ 44 16 15 13 71 56 63 6位 準決勝敗退 大会なし
2013 Kクラシック 38 16 10 12 51 46 58 9位 準決勝敗退
2014 Kクラシック 38 14 12 12 39 36 54 5位 ベスト32
2015 Kクラシック 38 14 8 16 55 56 50 6位 準々決勝敗退
2016 Kクラシック 38 17 8 13 71 57 59 3位 ベスト32
2017 Kクラシック 38 19 9 10 60 37 66 2位 ベスト16
2018 Kリーグ1 38 14 12 12 41 41 54 5位 準々決勝敗退
2019 Kリーグ1 38 5 12 21 45 72 27 12位 ベスト16
2020 Kリーグ2

現所属メンバー編集

No. Pos. 選手名
1   GK ファン・サンミン
3   DF 鄭宇宰
5   DF 權韓眞
6   DF 朴珍鋪 (副主将)
7   MF 權純亨 (主将)
8   MF チェ・ヒュンテ
9   MF チアゴ・マルケス
10   FW マグノ・クルス
11   FW 金浩男
14   MF イ・チャンミン
15   DF アレクサンダル・ヨヴァノヴィッチ
16   MF イ・ドンス
No. Pos. 選手名
17   FW イ・ユンボム
18   GK イ・チャングン
21   FW キム・ソンジュ
22   DF 金洙範
23   MF エリアス・アギラール
24   FW 尹日録
30   FW キム・ヒョン
33   DF カン・ユンスン
36   DF キム・ドンウ
37   DF 金源一

歴代監督編集

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ フットボールゾーン 2017.06.12「我々もリスペクトされる権利がある」 済州が韓国紙で衝撃の主張、CASに控訴の強硬姿勢 [1]
  2. ^ フットボールゾーン 2017.06.14「浦和が挑発」と一貫して主張する韓国側 済州の二の舞防ぐ“再発防止策”を検討[2]

外部リンク編集