メインメニューを開く

FCソウル(エフシーソウル、ハングル:FC 서울、英語:FC Seoul)は、韓国の首都ソウルをホームタウンとする韓国プロサッカーリーグ(Kリーグ1)に加盟するプロサッカークラブである。

FCソウル
原語表記 FC 서울
愛称 Black & Reds
クラブカラー     黒(ブラック)
    赤(レッド)
創設年 1983年
所属リーグ Kリーグ1
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ソウル
ホームスタジアム 서울월드컵경기장.jpgソウルワールドカップ競技場
収容人数 66,704[1]
運営法人 GSグループ
代表者 大韓民国の旗 ホ・チャンス
監督 大韓民国の旗 チェ・ヨンス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1983年12月22日、ラッキー金星財閥傘下のサッカークラブ、チーム名は「ラッキー金星黄牛」(ラッキークムソンファンソ、럭키금성황소축구단、Lucky-Goldstar FC)として創立した。ホームタウンは韓国の首都ソウルにある。

国際タイトルはない(2001年-2002年のアジアクラブ選手権と2013年のAFCチャンピオンズリーグでそれぞれ準優勝しているのみ)が、国内タイトルではKリーグを6回、韓国FAカップを2回、韓国リーグカップ(2011年大会を最後に廃止された)を2回、韓国スーパーカップ(2006年大会を最後に廃止された)を1回の優勝を果たしている。

歴史編集

 
FCソウルのホームゲーム

1983年 クラブ創設編集

1983年
1983年12月22日、ラッキー金星財閥傘下のサッカークラブ、チーム名は「ラッキー金星黄牛」(ラッキークムソンファンソ、럭키금성황소축구단、Lucky-Goldstar FC)として創立された。国内プロサッカーチームの5番目として誕生した。

1984年 Kリーグに参加編集

1984年
リーグ発足2年目の1984年よりKリーグ(当時はスーパーリーグ)に参加する。リーグは7位。ホームは忠清南道であった。

1985年-1989年(1985年 リーグ初優勝)編集

1985年
得点王とアシスト王の2冠に輝いたピヤポン・ピウオンを擁した1985年に初のリーグ優勝を飾った。
1986年
リーグ準優勝
1987年
リーグ5位
1988年
リーグ4位、FAカップ優勝
1989年
韓国プロサッカー大会準優勝

1990年 忠清道からソウルへ本拠地移転編集

1990年
それまで本拠地としていた忠清道からソウルへと移転。韓国プロサッカー大会優勝。

1991年-1995年(1991年 LGチータースに改名)編集

1991年
親会社の社名変更に伴い、「LGチータースプロ蹴球団」に改名。リーグ6位。
1992年
リーグ4位、アディダスカップ準優勝
1993年
リーグ準優勝
1994年
リーグ5位、アディダスカップ準優勝
1995年
リーグ8位、シーズン通算観客動員1位

1996年-2003年(1996年 京畿道の安養市に移転、安養LGチータースに改名)編集

1996年
ソウル近郊の京畿道安養市に移転。安養LGチータース(アニャンエルジーチータース、안양 LG 치타스、Anyang LG Cheetahs)に改名。リーグ9位。
1997年
リーグ9位
1998年
リーグ8位、アディダスカップ:グループ2位、FAカップ優勝
1999年
リーグ9位、アディダスカップ準優勝
2000年
リーグ優勝
2001年
リーグ準優勝、スーパーカップ優勝、チーム通算200勝達成
2002年
リーグ4位、アジアクラブカップ準優勝、アディダスカップグループ1位
2003年
リーグ8位

2004年-2008年(2004年 FCソウルに改名)編集

2004年
本拠地をソウルに移転し、同時に「FCソウル」と改称。6月から運営がLGグループから分離したGSグループへ移管。リーグ総合5位。
2005年
注目の若手フォワードである朴主永高麗大学に在籍したまま加入させた2005年途中からは観客動員数は飛躍的に伸び、ホーム戦どころかアウェイで遠征したクラブ(釜山光州)の最多動員記録に貢献することになった。リーグ総合6位、ハウゼンカップ5位。
2006年
リーグ総合3位、カップ大会優勝、FC東京と親善試合(入場者61235人)
2007年
ハウゼンカップ準優勝、リーグ総合7位、プロスポーツ史上最多観客動員数達成(55,397人、4月8日 vs 水原)
2008年
Kリーグの2大人気クラブである水原三星ブルーウィングスとFCソウルによって行われた2008年度プレーオフは盛り上がりを見せていた。リーグ2位、総合2位。

2009年-2011年(2009年 AFCチャンピオンズリーグへ初出場)編集

2009年
AFCチャンピオンズリーグ2009ACL初出場するとグループリーグでG大阪(日本)、山東魯能(中国)、スリウィジャヤ(インドネシア)のグループFを3勝1分2敗で2位通過して決勝トーナメントに進出した。
ACL2012のラウンド16で鹿島(日本)と対戦した。アウェイで2-2(PK戦4-5)で勝利し準々決勝に進出した。準々決勝でウム・サラル(カタール)と対戦した。アウェイの第1戦を3-2で敗れるとホームの第2戦では1-1で合計スコア4-3で準々決勝で敗退が決定した。
リーグ5位、ピースカップコリア(カップ大会)ベスト4。
2010年
5月5日のホームゲーム(対城南一和天馬)では、60747人がスタジアムに来場し、Kリーグにおける1試合の観客動員数の新記録を達成した。リーグ戦1位でプレーオフに進出し、チャンピオン決定戦で済州ユナイテッドFCに勝利し、ソウル移転後初優勝を達成し、Kリーグカップとの2冠となった。
2011年
リーグ3位

2012年-現在(2012年 5度目のリーグ制覇, 2016年 6度目のリーグ制覇)編集

2012年
崔龍洙が正式に監督に就任し、2年ぶりのKリーグ優勝を達成した
2016年
 
4年ぶり6度目のKリーグ優勝
4年連続の6回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2016のグループリーグで山東魯能(中国)、広島(日本)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)のグループFを4勝1分1敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。
ACL2016のラウンド16で浦和(日本)と対戦した。アウェイの第1戦を0-1で敗れたがホームの第2戦では3-2で勝利し、合計スコア3-3(PK戦7-6)で準々決勝に進出した。
6月21日、チェ・ヨンス監督が中国サッカー・スーパーリーグ江蘇蘇寧の監督に就任することを発表。それに伴いファン・ソンホンの監督就任を発表。
Kリーグクラシックでは、最終節で前年度王者の全北現代モータースを1-0で下し、4年ぶり6度目の優勝を果たした。
2017年
ファン・ソンホン監督体制を続けたが、5位にとどまった。
2018年
シーズン開幕後の4月30日にファン・ソンホン監督が成績不振で辞任した。李乙容監督が後任となったが、成績不振で10月11日に辞任し、チェ・ヨンス監督が2年4ヶ月ぶりに復帰した。リーグ戦は11位で釜山アイパークと昇格・降格プレーオフで対戦して勝利し、Kリーグ1(旧Kリーグクラシック)に残留した。

タイトル編集

国内タイトル編集

過去の成績編集

シーズン ディビジョン 韓国FAカップ チャンピオンシップ
リーグ 順位
1984 Kリーグ 前期5位
後期7位
- 資格なし
1985 Kリーグ 1位 - 大会なし
1986 Kリーグ 前期2位
後期1位
- 準優勝
1987 Kリーグ 5位 - 大会なし
1988 Kリーグ 4位 優勝 大会なし
1989 Kリーグ 2位 準決勝敗退 大会なし
1990 Kリーグ 1位 - 大会なし
1991 Kリーグ 6位 - 大会なし
1992 Kリーグ 4位 - 大会なし
1993 Kリーグ 2位 - 大会なし
1994 Kリーグ 5位 - 大会なし
1995 Kリーグ 前期8位
後期6位
- 資格なし
1996 Kリーグ 前期8位
後期8位
ベスト16 資格なし
1997 Kリーグ 18 1 8 9 15 27 -12 11 9位 準決勝敗退 大会なし
1998 Kリーグ 18 6 2 9 28 28 00 23 8位 優勝 資格なし
1999 Kリーグ 27 6 2 17 38 52 -14 24 9位 準決勝敗退 資格なし
2000 Kリーグ 27 17 2 8 46 25 +21 53 1位 準々決勝敗退 優勝
2001 Kリーグ 27 11 10 6 30 23 +7 43 2位 準々決勝敗退 大会なし
2002 Kリーグ 27 11 7 9 37 30 +7 40 4位 ベスト32 大会なし
2003 Kリーグ 44 14 14 16 69 68 +1 56 8位 ベスト32 大会なし
2004 Kリーグ 24 7 12 5 20 17 +3 33 前期5位
後期5位
ベスト16 資格なし
2005 Kリーグ 24 8 8 8 37 32 +5 32 前期5位
後期9位
ベスト16 資格なし
2006 Kリーグ 26 9 12 5 31 22 +9 39 前期4位
後期3位
準々決勝敗退 4位
2007 Kリーグ 26 8 13 5 23 16 +7 37 7位 準々決勝敗退 資格なし
2008 Kリーグ 26 15 09 02 44 25 +19 54 2位 ベスト32 準優勝
2009 Kリーグ 28 16 5 7 47 27 +20 53 5位 ベスト16 5位
2010 Kリーグ 28 20 2 6 58 26 +32 62 1位 ベスト16 優勝
2011 Kリーグ 30 16 7 7 56 38 +18 55 5位 準々決勝敗退 1回戦敗退
2012 Kリーグ 44 29 9 6 76 42 +34 96 1位 ベスト16 大会なし
2013 Kクラシック 38 17 11 10 59 46 +13 62 4位 準々決勝敗退
2014 Kクラシック 38 15 13 10 42 28 +14 58 3位 準優勝
2015 Kクラシック 38 17 11 10 52 44 +8 62 4位 優勝
2016 Kクラシック 38 21 7 10 67 46 +21 70 1位 準優勝
2017 Kクラシック 38 16 13 9 56 42 +14 61 5位 ベスト16
2018 Kリーグ1 38 9 13 16 40 48 −8 40 11位 ベスト16
2019 Kリーグ1 38 15 11 12 53 49 +4 56 3位

注:2013年よりKリーグはクラシック(1部に相当)・チャレンジ(2部に相当)の2部制に変更。2013年以降のリーグ戦はKリーグクラシックの成績。

現所属メンバー編集

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

参考文献編集

外部リンク編集