メインメニューを開く

渋谷でチュッ!』(しぶやでチュッ)は、1997年4月4日から1998年12月25日までテレビ東京で放送された電通吉本興業製作のトークバラエティ番組。全85回。最初の1年間は関東ローカルで放送され、1998年4月からはテレビ大阪AT-Xでも1週遅れで放送された。

渋谷でチュッ!
ジャンル トークバラエティ番組
出演者 ジャリズム
池澤春菜
宮村優子
麻積村まゆ子
プロデューサー 渡辺哲也(電通)
松島俊輔(電通)
土橋正雄(吉本興業)
制作 テレビ東京(番組配信局)
電通吉本興業(製作)
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1997年4月4日 - 1998年12月25日
放送時間 当該節参照
放送分 30分
回数 85

目次

概要編集

お笑いコンビジャリズムが司会を務めた深夜番組で、毎回声優やアニソン歌手をゲストに迎えてのトークを中心に放送された。当時、新人声優だった麻績村まゆ子を交えてのミニコーナーもあった。初代アシスタントは池澤春菜、二代目アシスタントは宮村優子が務めた。 番組では声優のことを「キャラクター・アーティスト(Character Artist)」と呼称していた。

番組は、当時吉本興業が運営していた渋谷公園通り劇場で公開録画が行われた。1度に2~3回分をまとめて収録し、劇場への入場券はローソンチケットで1000円で販売していたが、番組内での収録観覧方法の告知は行われず、客席は常連客が大半を占めていた。中でも黒いスーツとサングラスで参加していた集団は、番組内で準レギュラーと称されていた。大阪での出張公録や海外ロケも行われた。また当時新人だったガレッジセールが本番組の前説を務めていた時期もある。

本番組にゲストとして出演した声優には仲間由紀恵もいた。また10代の頃の坂本真綾清水香里も出演している。井上喜久子が産休から復帰後の初めての公開テレビ番組として本番組にゲスト出演した。

基本データ編集

  • 放送日:1997年4月4日 - 1998年12月25日(全85回)
  • 放送局:テレビ東京、テレビ大阪(1998年4月 - )
  • 放送時間:テレビ東京・毎週金曜 26:25 - 26:55(後に26:30 - 27:00に変更)、テレビ大阪・毎週日曜 4:05 - 4:35

主な出演者編集

※ 宮村は2代目アシスタントに就任する前にゲストとして出演しており、また池澤はアシスタントを降板した後にもゲストとして出演している。

ゲスト編集

主題歌編集

スタッフ編集

  • 監修:土井武志、宮田千春
  • 構成:木村和彦、藤井ジャンボ
  • 技術
    • SW:竹内弘佳、猿谷智
    • CAM:石井隆志
    • VE:稲垣一幸、藤崎康広
    • 音声:野中訓行
    • PA:真澤則子
    • 照明:フリーダム
    • EED:安田稔
    • MA:谷澤宗明
    • 音効:来代直
    • TK:久保文子
  • 美術
    • 制作:重岩清人(フジアール
    • デザイン:野口陽介(フジアール)
    • 進行:横山勇(フジアール)
    • 操作:長谷川務(ちとせ舞台美術
    • メイク:山田かつら
    • スタイリスト:野呂雅代
    • タイトル:岩崎光明
  • 番宣:岩田圭介(テレビ東京)
  • AD:花本恵次郎(渋谷公園通り劇場)
  • AP:福島雅弘(吉本興業)
  • ディレクター:高木剛
  • プロデューサー:渡辺哲也・松島俊輔(電通)、土橋正雄(吉本興業)
  • 技術協力:八峯テレビザ・チューブ
  • 音楽協力:テレビ東京ミュージック
  • 製作:電通、吉本興業

関連項目編集

外部リンク編集