渡辺 博栄(わたなべ ひろひで、1954年7月21日 - )は、気象予報士NHK気象情報番組に数多く出演していた。

わたなべ ひろひで
渡辺 博栄
生誕 (1954-07-21) 1954年7月21日(67歳)
秋田県三種町
国籍日本の旗 日本
出身校秋田県立能代高等学校
職業気象予報士
配偶者あり

人物・略歴編集

秋田県三種町出身。秋田県立能代高等学校卒業[1]1973年財団法人(現:一般財団法人)日本気象協会入社。民放ローカル番組NHKラジオへの出演を経て、1992年NHKモーニングワイド・サンデーの気象キャスターに起用され、NHKニュースおはよう日本や正午前の気象情報のキャスターを長期にわたり務めた。この間、1995年2月に気象予報士に合格。

長らく日曜8:55(→8:57)の気象情報担当を務めていたことから、直前の「週刊こどもニュース」に呼ばれ簡単に解説したことがある。これがきっかけか、1999年から2003年にかけては同番組で「お天気おじさん」を担った。

2015年度をもって、NHKの土日祝日の気象予報を降板。最終日となった2016年3月27日のNHK気象情報では、正午前・及び19時前の放送の最後に「この時間の気象情報を24年間務めて参りましたが、今日で最後になります。ありがとうございました。」との挨拶があった。

2018年4月、先祖代々の墓もあり、ふるさとを出るとき、必ず戻ってこようと思っていた三種町に妻とともに帰郷した。2019年10月からは頼まれて、町で地域の足となる「ふれあいバス」のハンドルを週1回握っている。それ以外の日は、秋田市にいる実母と義父の通院に付き添ったり、畑仕事をしたり、趣味の美術館巡りや旅行に出かけたりしているという[2]

2020年4月から放送が始まった秋田放送金曜日夕方の情報番組である「えび☆ステ」に出演し、週末の天気を中心に解説を行っている。

出演・担当番組編集

太字は出演中。
現在
過去

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]