温海事件(あつみじけん)とは、朝鮮民主主義人民共和国によるスパイ事件[1][2][3]1973年昭和48年)8月5日山形県警察摘発(検挙)[1][2][3]山形県下の海岸から不法入国した北朝鮮工作員2名が、在日米軍自衛隊に関する情報を収集しようとしていた事件[1][2][3]

概要 編集

工作員の崔光成(当時45歳)と金興錫(当時33歳)は、1973年(昭和48年)8月3日乱数表暗号文書、工作資金、磁石付羅針盤などを携行して、北朝鮮から日本海に面した山形県鶴岡市の葉山海岸に密入国した[2][3]

2日後の8月5日、山形県警察は西田川郡温海町(現、鶴岡市)の早田海岸付近の国道7号を歩行していた両名を逮捕し、現場付近の岩場に隠していたゴムボートを押収した[2][3]。2人は、定着すべき場所に向けて移動している最中であった[3]

崔光成と金興錫は、北朝鮮の遠洋運搬船「東海1号」の船員であると名乗り、暴風雨と操船ミスによって船が沈没し、ゴムボートで日本の海岸に漂着したものであると主張して自分たちが北朝鮮工作員であることを否認した[2][3]。また、朝鮮赤十字会も「8月3日、新潟県佐渡島沖の海域で遠洋連絡船が遭難し、3人が行方不明となったので救援を依頼する」との電報を発し、遭難を偽装しようとした[3][注釈 1]

山形地方裁判所鶴岡支部は、暗号表に「自衛隊」「米軍」「基地」「工作員」など諜報活動を示す文言が多数含まれること、また、天候海流の関係からみて、仮に遭難したとしても山形県下の海岸に漂着する可能性がないことを以て、被疑者両名の主張を退けた[2][3]。崔光成と金興錫はそれぞれ、山形地方裁判所鶴岡支部法廷において、出入国管理令違反で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた[2][3]。2人は同年、帰還船で北朝鮮に帰国した[2]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 青山健煕によれば、朝鮮赤十字会は諸外国の人道主義にもとづいた民間団体赤十字社とは異なり、朝鮮労働党統一戦線部に帰属する工作機関である[4]。この事実は、青山が2002年6月20日に日本外務省に提出したレポートによって明らかにされた[5]

出典 編集

参考文献  編集

  • 青山健煕「外務省、拉致議連に提出した北朝鮮レポート(2) 朝鮮赤十字会」『北朝鮮 悪魔の正体』光文社、2002年12月。ISBN 4-334-97375-2 
  • 清水惇『北朝鮮情報機関の全貌―独裁政権を支える巨大組織の実態』光人社、2004年5月。ISBN 4-76-981196-9 
  • 高世仁『拉致 北朝鮮の国家犯罪』講談社〈講談社文庫〉、2002年9月(原著1999年)。ISBN 4-06-273552-0 
  • 諜報事件研究会『戦後のスパイ事件』東京法令出版、1990年1月。 

関連文献 編集

  • 外事事件研究会『戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出』東京法令出版、2007年10月。ISBN 978-4809011474 

関連項目 編集