メインメニューを開く

溜池 敏隆(ためいけ としたか、1944年4月18日 - )は、大阪府泉南郡岬町出身の元プロ野球選手内野手)。

溜池 敏隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府泉南郡岬町淡輪
生年月日 (1944-04-18) 1944年4月18日(75歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手
プロ入り 1968年 ドラフト2位
初出場 1969年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

興國商業高では、1962年に三番・遊撃手として春季近畿大会決勝に進むが育英高に敗退。同年夏の甲子園大阪府予選でも決勝に進出するが、戸田善紀投手中塚政幸一塁手のいたPL学園高に敗れる。高校同期に田中辰次右翼手がいる。

高校卒業後は立教大学へ進学。2年生からレギュラー三塁手となるが、その後は野々山輝秋(富士製鐵名古屋)が三塁手に入ったため、外野手に回る。東京六大学リーグでは、1966年春季リーグで優勝。大学同期に若月宏之(全大丸)、石川洵(鐘紡)両投手、村上公康(中退)、槌田誠両捕手がいた。東京六大学1964年春季リーグ慶立2回戦で、慶大渡辺泰輔投手がリーグ初の完全試合を記録した際の立大の三塁手である。

大学卒業後は、社会人野球日本熱学へ入社。1968年には三塁手としてクリーンナップを打ち、通算打率3割5分、本塁打13本。同年の都市対抗野球にも出場するが、1回戦でリッカーミシン吉村典男投手に抑えられ敗退。

1968年プロ野球ドラフト会議サンケイアトムズから2位指名を受け入団。1969年にはジュニアオールスターにも出場し本塁打を放つ。俊足の大型内野手で城戸則文の後継を期待され、1970年には三塁手として39試合に先発出場。しかし打撃面で伸び悩みレギュラーは奪えなかった。

1971年には自己最多の78試合に出場するが、荒川堯が入団したこともあり、同年オフに山田勝国とのトレードで近鉄バファローズへ移籍。ここではあまり出場機会がなく、1974年限りで現役を引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1969 アトムズ
ヤクルト
26 33 31 2 4 0 0 1 7 1 1 0 1 0 1 0 0 8 1 .129 .156 .226 .382
1970 60 147 132 13 22 3 0 3 34 7 2 2 6 1 8 0 0 35 2 .167 .213 .258 .470
1971 78 165 149 9 23 4 0 2 33 8 4 0 3 0 13 0 0 30 4 .154 .222 .221 .444
1972 近鉄 4 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1973 3 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 .250 .000 .250
1974 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:6年 172 355 321 24 49 7 0 6 74 16 7 2 10 1 22 0 1 75 7 .153 .209 .231 .439
  • アトムズは、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 35 (1969年 - 1971年)
  • 26 (1972年)
  • 33 (1973年 - 1974年)

関連項目編集

外部リンク編集