メインメニューを開く

潜水服は蝶の夢を見る』(原題:Le scaphandre et le papillon、潜水鐘と蝶 英題:The Diving Bell and the Butterfly)は、ジャン=ドミニック・ボービーの小説、及びそれを原作としたフランス映画

原作は1997年に発売。日本では1998年に講談社より発売(日本語翻訳は河野万里子が手掛けている)。

あらすじ編集

世界最大手のファッション誌『ELLE誌』の編集長であるジャン=ドミニック・ボービーは、ある日、長男を乗せて新車を試乗中脳溢血に襲われたが、 一命を取り留め、リハビリのためパリから北部海岸の街ベルク(Berck)の療養所へと移床される。
3週間におよぶ昏睡の後、意識と記憶は回復し、音は聞こえるが、言葉を発することはできず、全身に亘っての重度の麻痺が残った、閉じこめ症候群Locked-In syndrome)の状態に。
全身の運動機能を失い、唯一動かせるのは左目のまぶたのみとなった彼は、言語聴覚士の指導でそのまばたきのみで言葉を紡ぐことを覚え、自伝を書くことを決意する。

映画編集

潜水服は蝶の夢を見る
Le scaphandre et le papillon
(The Diving Bell and the Butterfly)
監督 ジュリアン・シュナーベル
脚本 ロナルド・ハーウッド
製作 キャスリーン・ケネディ
ジョン・キリク
製作総指揮 ジム・レムリー
ピエール・グルンステイン
出演者 マチュー・アマルリック
エマニュエル・セニエ
マリ=ジョゼ・クローズ
アンヌ・コンシニ
マックス・フォン・シドー
音楽 ポール・カンテロン
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 ジュリエット・ウェルフラン
配給   パテ
  ミラマックス
  アスミック・エース
公開   2007年3月23日
  2007年11月30日
  2008年2月9日
上映時間 112分
製作国   フランス
  アメリカ合衆国
言語 フランス語
テンプレートを表示

キャスト編集

役名:俳優(ソフト版吹き替え)

スタッフ編集

公開編集

主な受賞編集

制作の背景編集

外部リンク編集