メインメニューを開く

濱口 楠彦(はまぐち くすひこ、1960年3月28日 - 2013年11月6日[2])は、笠松競馬場に所属していた元騎手。最終所属厩舎は松原義夫厩舎。愛称は「ハマちゃん」「ハマー」。ベテランながらダイナミックな追い方を見せていた。好きな戦法は好位差し。勝負服は白色

濱口楠彦
Kusuhiko-Hamaguchi20100314.jpg
生前の濱口楠彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県
生年月日 (1960-03-28) 1960年3月28日
死没 (2013-11-06) 2013年11月6日(53歳没)
身長 150cm
体重 50kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 岐阜県地方競馬組合
所属厩舎 松原義夫
勝負服 白・紫のこぎり歯形
初免許年 1976年
免許区分 平地競走
騎手引退日 2013年11月6日(死去による)
G1級勝利 1勝
通算勝利 地方競馬19420戦2560勝
中央競馬76戦3勝[1]
テンプレートを表示

来歴編集

三重県生まれ。初騎乗は安藤光彰勝己[3]兄弟と同じ1976年10月20日で、同日に初勝利を挙げた。安藤兄弟などがリーディング争いをしていた時期も着実に勝ち鞍を重ね、2006年度は109勝を記録。115勝の東川公則に次いで、笠松のリーディング2位になった。2009年兵庫ジュニアグランプリラブミーチャンに騎乗し、ダートグレード競走初勝利。その後12月16日にラブミーチャンで全日本2歳優駿も制覇し、GI級競走で初勝利。この年、地方競馬在籍で唯一のGI級競走勝利騎手となった。

JRAでの騎乗は年に数回と多くなかったが、2006年10月にはスーパージョッキーズトライアルで優勝し、12月に阪神競馬場で行われた第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)に出場すると、第3戦「ゴールデンサドルトロフィー」においてアドマイヤディーノに騎乗し勝利を挙げるなど、76戦3勝の成績を残した[1]

2013年10月25日の笠松競馬第10競走(東海クラウン)でのエーシンマギー(6着)が最後の騎乗[4]となり、同年11月6日に心筋梗塞のため死去[2]。53歳没。

地方競馬での生涯成績は19420戦2560勝(うち重賞45勝)。

主な勝鞍編集

 
2009年全日本2歳優駿にて

GIおよびJpnI競走編集

GIIおよびJpnII競走編集

その他の重賞競走編集

騎手招待競走での成績編集

受賞歴編集

  • 2005年岐阜県地方競馬組合表彰(騎手)
  • 2006年岐阜県地方競馬組合表彰(騎手)
  • 2008年岐阜県地方競馬組合表彰(騎手)
  • 2009年成績優秀者 優秀騎手賞

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集