メインメニューを開く

濱野雅慎

濱野 雅慎(はまの まさみつ、1984年12月3日 - )は、JR九州硬式野球部に所属する野球選手(投手)。

濱野 雅慎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1984-12-03) 1984年12月3日(34歳)
身長
体重
184 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

神戸西高では、甲子園の出場経験は無し。進学した国士舘大学においても全日本大学野球選手権大会の出場経験がないなど、学生時代には目立った成績は残せなかった。

しかし、JR九州硬式野球部のセレクションで吉田博之監督の目にとまり、2007年JR九州に入社。吉田監督に下半身主導のフォームを指導され素質が開花。ルーキーシーズンの公式戦幕開けとなる第62回JABA東京スポニチ大会において準々決勝と決勝戦で完封勝利を挙げ、同大会のMVPと新人賞を獲得した。

2009年第36回社会人野球日本選手権大会ではチーム5試合すべてに登板、うち4試合で白星を挙げる活躍を見せ、同大会のMVPを獲得した。

2010年第81回都市対抗野球ではチーム5試合中4試合に登板、久慈賞を獲得している。

2013年以降は、チームの育成方針のためか公式戦での登板が減っている。

プレースタイル・人物編集

長身のサイドスロー右腕で、ゆったりとしたフォームから繰り出すMAX146km/hのストレートと抜群の切れ味を誇るスライダー、また延長戦で完投したり連投が続く環境でも球速が落ちない無尽蔵のスタミナを武器としている。 ピッチングスタイル上、右打者相手は得意とする一方で左打者は比較的苦手としている。そのため2010年頃からは対左打者用にシンカーも用いるようになった[1]

小松聖は、大学・社会人の3年先輩(JR九州は小松と入れ替わりに入社、背番号20も小松から引き継いだ)。

主な表彰・タイトル編集

日本代表キャリア編集

脚注編集