点描(てんびょう、: pointillism)は、絵画などにおいてではなくの集合や非常に短いタッチ[1]で表現する技法である。点描画点描法とも言う。

ジョルジュ・スーラの「サーカスの客寄せ英語版」の部分的拡大した点描

概要編集

印象派による鮮やかな色の配列の視覚混合を、フランス画家ジョルジュ・スーラがさらに追求し、点描主義新印象派)を確立。ポール・シニャックカミーユ・ピサロらを生み出した。

水墨画では、米芾米友仁による、水墨の点を集合させて表現する米点法があり、その作品を米法山水と言う。

 
点描技法による水墨山水 杉浦俊香 個人蔵

コンピュータグラフィックスにおいては、フィルターを使用し、写実的な画像や写真を点描に変換することができる。

科学におけるスケッチでは、陰影を着けるための技法である。

外部リンク編集

関連項目編集

 
点描に似た点刻の技法を使って描いた食虫植物

脚注編集

  1. ^ タッチ、または筆触。『筆触』 - コトバンク