片平 巧(かたひら たくみ、1965年6月14日[1] - 2015年5月20日[2])は、日本の元オートレース選手埼玉県[3]川口市出身。19期、船橋オートレース場所属[1]

片平 巧
個人情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1965-06-14) 1965年6月14日
埼玉県
死去 (2015-05-20) 2015年5月20日(49歳没)
身長 166.6 cm (5 ft 6 in)
体重 57.0 kg (126 lb)
スポーツ
競技 オートレース
クラブ 船橋オートレース場
選手権初制覇の時の愛車『クランツ』号

選手データ編集

  • プロフィール
    • 選手登録 1985年6月27日
    • 身長 166.6cm
    • 体重 57.0kg
    • 血液型 A型
    • 趣味 その他の趣味
    • 同期レーサー 岡部聡山陽)など
  • 戦歴
    • 通算優勝回数:80回
    • グレードレース(SG,GI,GII)優勝回数:45回(飯塚将光とともに史上第3位タイ)
    • 全国区レース優勝回数:20回(高橋貢・永井大介に次ぐ史上第3位、SG15回・全国地区対抗戦5回)
    • SG優勝回数:15回 (高橋貢に次ぐ史上第2位)
    • GI優勝回数:16回
    • GII優勝回数:14回(島田信廣とともに史上第3位タイ)
    • 年間最多優勝選手:2回
    • 年間最多勝利選手:1回
  • 受賞歴
    • 最優秀選手賞:3回(うち1回は島田信廣と同時受賞)
    • 日刊三賞・殊勲賞:2回
    • 日本プロスポーツ大賞・功労賞:2回

略歴編集

  • 1985年
    • 6月27日、第19期生として船橋オートレース場に登録される。
  • 1987年
    • 5月28日、第9回さざんか杯争奪戦(現・GIIさざんかカップ争奪戦、船橋オートレース場)優勝。当時の競走車呼名は「スプリーセン」。競走タイムは3.40。
  • 1988年
    • 7月21日、第11回黒潮杯争奪戦(船橋オートレース場)優勝。当時の競走車呼名は「レネン」。競走タイムは3.408。
    • 同年のオートレース表彰選手において、優秀選手賞を受賞。
  • 1990年
  • 1991年
    • 9月17日、第3回全国地区対抗戦オートレース(山陽オートレース場)A級優勝戦優勝。当時の競走車呼名は「クランツ」。
  • 1993年
    • 11月4日、第25回日本選手権オートレース(川口オートレース場)優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.384。
    • 同年のオートレース表彰選手において、特別賞を受賞。
  • 1994年
    • 9月7日、第6回全国地区対抗戦オートレース(川口オートレース場)A級優勝戦優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。
    • 11月7日、第26回日本選手権オートレース(浜松オートレース場)で、飯塚将光に次ぎ史上2人目となる連覇を達成。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.376。
    • 同年のオートレース表彰選手において、最優秀選手賞・特別賞を受賞。
    • 島田信廣(11期、船橋オートレース場所属)と共に年間最多優勝を達成。
  • 1995年
    • 同年の前期船橋A1となる。
    • 1月31日、第9回スーパースター王座決定戦(川口オートレース場)優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.384。
    • 5月24日SG第14回オールスターオートレース優勝。当時の競走車呼名は「Jキブロワイト」。競走タイムは3.395。
    • 同年のオートレース表彰選手において、2年連続で最優秀選手賞を受賞。
  • 1996年
    • 同年の前期船橋A1となる。
    • 2月13日、SG第9回全日本選抜オートレース伊勢崎オートレース場)を優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.333。SG3冠達成。
    • 3月6日、SG第10回スーパースター王座決定戦優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.361。
    • 6月12日、SG第15回オールスターオートレース(浜松オートレース場)で、SG3連覇及び史上初のオールスター連覇を達成。当時の競走車呼名は「ファンターズマ」。競走タイムは3.353。
    • 9月25日、GI第8回全国地区対抗戦オートレース(飯塚オートレース場)A級優勝戦優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.386。
    • 同年のオートレース表彰選手において、島田信廣と共に最優秀選手賞をダブル受賞。
  • 1997年
    • 1月29日、SG第11回スーパースター王座決定戦優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.335。
    • 7月2日、開場32周年記念GI平成チャンピオンカップ(山陽オートレース場)優勝。
    • 7月16日、SG第1回東西チャンピオンカップ(浜松オートレース場)優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.387。
    • 9月24日、GI第9回全国地区対抗戦オートレース(山陽オートレース場)A級優勝戦優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.363。
    • 同年の前期・後期ともに船橋A1となる。
    • 同年のオートレース表彰選手において、特別賞受賞。
    • この年、小林啓二(8期、山陽オートレース場所属)、高橋貢(22期、伊勢崎オートレース場所属)と共に年間最多優勝を飾る。
  • 1998年
  • 1999年
    • 3月25日、GI開設47周年記念グランプリレース(川口オートレース場)優勝。
    • 9月1日、GI第11回全国地区対抗戦オートレース(船橋オートレース場)A級優勝戦優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト5」。競走タイムは3.365。全国地区対抗戦最多、通算5度目の優勝。
  • 2000年
    • 6月14日、開場35周年記念GI第6回平成チャンピオンカップ(山陽オートレース場)優勝。
    • 7月13日、GI第23回黒潮杯争奪戦(船橋オートレース場)優勝。
    • 7月20日、GI第24回キューポラ杯争奪戦(川口オートレース場)。
    • 12月13日、SG第4回オートレースグランプリ(飯塚オートレース場)優勝。当時の競走車呼名は「キブロワイト7」。競走タイムは3.300。
  • 2001年
    • 1月31日、SG第15回スーパースター王座決定戦優勝(通算5回目)。競走車「キブロワイト7」、競走タイムは3.325。
    • 2月14日、SG第14回全日本選抜オートレース(山陽オートレース場)優勝。競走車呼名は「キブロワイト7」、競走タイムは3.318。2度目のSG3連覇と共に、当時史上最多のSG15冠を達成。[4]
    • 8月29日、GIダイヤモンドレース(飯塚オートレース場)優勝。
  • 2006年
    • 6月19日、プラスミックカップ争奪戦(船橋オートレース場)で三年半ぶりの優勝を飾る。
  • 2007年
    • 6月19日、第29回サマーランド杯争奪戦(伊勢崎オートレース場)で完全優勝を達成。
    • 10月3日スポーツニッポン新聞社杯GII第3回オート名匠戦(川口オートレース場)で、六年ぶりの記念レース優勝を飾る。競走車呼名は「キブロワイト」。競走タイムは3.603。
  • 2009年  
    • 4月11日、開場44周年記念スポニチ杯GI第15回平成チャンピオンカップ(山陽オートレース場)第10Rで勝利し、史上18人目となる通算1000勝を達成。
  • 2010年 
    • 10月4日、GII第6回オーバルチャンピオンカップ(飯塚オートレース場)で、三年ぶりの記念レース優勝を飾る。
  • 2015年
    • 5月20日、死去[2][5]。49歳没。死因は明らかにされていないが、前年の秋頃より病を患っていたという[6]。また、直前の5月10日まで船橋のGI・黒潮杯(2日目まで。3日目以降は欠場)に出場していた[7][8]

グレードレース戦歴編集

  • SG戦歴
    • SG優勝回数:15回(永井大介と並び、高橋貢に次ぐ史上第2位タイ)
    • SG生涯グランドスラム(SG6冠全冠制覇は高橋貢とともに史上2人のみである。[9]
    • SG単独最重ハンデ(スーパーハンデ)優勝(舗装路):1回(史上唯一)
    • SG最重ハンデ大外優勝:5回(高橋貢とともに史上最多タイ : 単独最重ハンデ含む)
    • 同一SG4連覇:1回(島田信廣に次ぐ史上2人目、スーパースター王座決定戦:1995年第9回~1998年第12回)
    • SG3連覇:2回(島田信廣・永井大介とともに史上最多タイ、島田信廣に次ぐ史上2人目、島田信廣・高橋貢・永井大介とともにSG連覇史上最長タイ)
    • SG完全優勝:1回(史上4人目:第22回日本選手権)
      •  全日本選抜オートレース '96, '01 2回
      •  スーパースター王座決定戦 '95, '96, '97, '98, '01 5回
      •  オートレースグランプリ '98, '00 2回
      •  東西チャンピオンカップ '97 1回
      •  オールスター・オートレース '95, '96 2回
      •  日本選手権オートレース '90, '93, '94 3回
  • GI戦歴
    • GI優勝回数:16回
      •  ダイヤモンドレース(飯塚) '94, '01 2回
      •  平成チャンピオンカップ(山陽) '97, '00 2回
      •  黒潮杯争奪戦(船橋) '88, '90, '99, '00 4回
      •  開設記念グランプリレース(川口) '99 1回
      •  全国地区対抗戦(A級) '91, '94, '96, '97, '99 5回
      •  オート発祥記念船橋オート祭(船橋) '98 1回
      •  グランドチャンピオン決定戦(川口) '94 1回
  • GII戦歴
    • GII優勝回数:14回(島田信廣とともに史上第3位タイ)
      •  オーバルチャンピオンカップ(飯塚) '10 1回
      •  オート名匠戦(川口) '07 1回
      •  日刊スポーツ・キューポラ杯争奪戦(川口) '00 1回
      •  はやて賞争奪戦(伊勢崎) '94, '96, '97 3回
      •  日刊スポーツ・さざんか杯(船橋) '87, '95 2回
      •  ウインターカップ(船橋) '94, '95 2回
      •  スポニチ杯争奪選抜地区対抗戦(山陽) '94 1回
      •  春のスピード王決定戦(浜松) '93 1回
      •  サンケイスポーツ・まがたま杯争奪戦(川口) '92 1回
      •  中日スポーツ杯争奪サマーチャンピオン決定戦(浜松) '88 1回

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “オートレーサー片平巧さん急死、49歳 SG歴代2位15勝のカリスマ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月21日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/05/21/kiji/K20150521010384960.html 2015年6月6日閲覧。 
  2. ^ a b 天才オートレーサー片平巧さん死去 日刊スポーツ 2015年5月20日閲覧
  3. ^ “【オートレース】「高速イン走法」でSG15勝の片平巧選手が死去 49歳”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月20日). http://www.sankei.com/sports/news/150520/spo1505200031-n1.html 2015年6月6日閲覧。 
  4. ^ 2010年に高橋貢がSG16回優勝を達成し、記録は更新されている。
  5. ^ オートレーサー片平巧さん死去 SG15勝、49歳 スポーツニッポン 2015年5月20日閲覧
  6. ^ “片平巧さんの急死から一夜 多くのファンが悼む”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年5月21日). http://race.sanspo.com/autorace/news/20150521/atrnws15052121440008-n1.html 2015年6月6日閲覧。 
  7. ^ 【オート】SGV15の片平巧選手が急死 - デイリースポーツ・2015年5月23日
  8. ^ 片平選手死去“セアの申し子”SG通算15V - 西日本新聞・2015年5月21日
  9. ^ 2010年に永井大介、2011年に浦田信輔がSGグランドスラムを達成したが、二人とも東西チャンピオンカップの優勝経験がない。