メインメニューを開く

牟田 和恵(むた かずえ、1956年12月20日 - )は、日本社会学者大阪大学教授。専門は歴史社会学ジェンダー論。メインテーマは近代化とジェンダーポリティクスに関する研究で、近現代日本の女性や家族に関する言説について数冊著している。

略歴編集

福岡県で生まれ[1]1983年京都大学文学部社会学専攻を卒業後、1987年に大学院博士課程を退学して佐賀大学教養部で講師を務め、1989年に助教授に就く。1991年甲南女子大学で文学部助教授に就く。のちにハーバード大学コロンビア大学へ留学し、2001年に甲南女子大学で人間科学部教授、2003年大阪大学で人間科学研究科助教授、2004年に教授に就く。2007年に「ジェンダー家族を超えて: 近現代の生/性の政治とフェミニズム」で大阪大学博士(人間科学)を授かる。2009年から2010年まで、NPO法人ウィメンズアクションネットワークで理事長[2]を務めた。

主張編集

  • 選択的夫婦別姓制度に賛同し、選択的夫婦別姓制度導入に反対する意見に対して「現実の不便や苦労を感じなくても良い人々が制度変革の足を引っ張るのはおかしい」「夫婦が同姓となったのはたかだか100余年にすぎない」[3]と述べている。
  • 福岡県の株式会社ひよ子の代表商品であるひよ子をサイズ違いにて4つに組み合わせ家族に見立てた商品「空飛ぶひよ子」に対して、「ヘテロ家族幻想を広める」[4]とTwitter上で批判した。

著作編集

単著
共編著
訳書

脚注編集

外部リンク編集