メインメニューを開く

玉響 克己(たまひびき かつみ、本名:新川 克己(しんかわ かつみ)→灘 克己(なだ -)、1935年10月3日- )は、大相撲二所ノ関部屋にかつて在籍した大分県別府市向浜出身の力士である。最高位は東前頭2枚目(1959年9月場所・1960年7月場所)。得意手は右四つ、寄り、上手投げなど。現役時代の体格は178cm、98kg[1]

玉響 克己 Sumo pictogram.svg
Tamahibiki 1959 Scan10014.JPG
基礎情報
四股名 新川 克己→玉響 克己→玉響 昌延→新川 克己
本名 新川 克己→灘 克己
生年月日 (1935-10-03) 1935年10月3日(83歳)
出身 大分県別府市向浜
身長 178cm
体重 98kg
BMI 30.93
所属部屋 二所ノ関部屋
得意技 右四つ、寄り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位前頭2枚目
生涯戦歴 289勝257敗3休(46場所)
幕内戦歴 107勝115敗3休(15場所)
優勝 三段目優勝1回
データ
初土俵 1954年1月場所
入幕 1959年3月場所
引退 1962年9月場所
引退後 会社員
備考
2013年8月28日現在

目次

来歴編集

大分県立水産高校を中退後、同郷の玉乃海(後、年寄片男波)がいた二所ノ関部屋に入門。なお、角界入りする前は、捕鯨船の乗組員を志していたという。1954年1月場所で初土俵を踏み[1]、翌3月場所、本名でもある「新川」の四股名序ノ口に付いた。

体格にはあまり恵まれていなかったが比較的順調に出世し、1958年5月場所で十両へと昇進。この場所では11勝4敗という好成績を挙げて、千秋楽の十両優勝決定戦に登場した。北葉山若秩父富樫若三杉明歩谷冨士錦といった面々との決定戦には敗退するも(優勝は若秩父)、玉響を含んだこれら7人は「7人の侍」と称され、話題になった(「7人の侍」の内、玉響を除く6人は後年、三役への昇進を果たしている。富樫は、後の横綱・柏戸。北葉山は、大関まで昇った)。

十両は、同場所の優勝同点の他2場所で二桁勝利するなど、負け越しなしで5場所で通過。

翌年3月場所では新入幕[1]を果たし、同場所から3場所連続(※幕下時代の1958年3月場所から数えると、9場所連続)勝ち越して、9月場所では最高位となる前頭2枚目に進んだ。しかし、横綱・大関陣から白星を挙げる事はできず、6勝9敗と負け越した。

以降も幾度か横綱・大関陣との対戦圏内(※本記事では、関脇~前頭4枚目を指す)に進出したが、ちゃんこ嫌いで体重が中々増えなかった事や軽量による体力不足もあって振るわず、1960年9月場所(前頭4枚目、8勝7敗)以外はいずれも負け越している。結局、横綱・大関に勝つ事は一度も叶わず、三役への進出も果たせなかった。

1961年7月場所を最後に幕内から遠ざかり、以降は暫く十両にあったが、十両14枚目の地位で4勝11敗と大敗した1962年9月場所を以って廃業した[1]。廃業時の年齢は、26歳であった。

その後は、運送会社に勤務したという。

主な成績・記録編集

  • 通算成績:289勝257敗3休 勝率.529
  • 幕内成績:107勝115敗3休 勝率.482
  • 現役在位:46場所
  • 幕内在位:15場所
  • 各段優勝
    • 三段目優勝:1回(1956年3月場所)

場所別成績編集

玉響 克己
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1954年
(昭和29年)
(前相撲) 東序ノ口4枚目
6–2 
東序二段38枚目
4–4 
x 西序二段34枚目
6–2 
x
1955年
(昭和30年)
東序二段2枚目
5–3 
東三段目56枚目
7–1 
西三段目23枚目
2–6 
x 西三段目33枚目
4–4 
x
1956年
(昭和31年)
東三段目31枚目
5–3 
西三段目9枚目
優勝
8–0
東幕下43枚目
4–4 
x 東幕下43枚目
5–3 
x
1957年
(昭和32年)
西幕下32枚目
6–2 
西幕下16枚目
4–4 
東幕下15枚目
5–3 
x 西幕下11枚目
5–3 
西幕下4枚目
6–2 
1958年
(昭和33年)
西幕下2枚目
4–4 
東幕下2枚目
5–3 
西十両24枚目
11–4 
西十両15枚目
8–7 
西十両12枚目
9–6 
西十両8枚目
11–4 
1959年
(昭和34年)
東十両筆頭
10–5 
東前頭15枚目
8–7 
東前頭13枚目
10–5 
東前頭6枚目
9–6 
東前頭2枚目
6–9 
東前頭5枚目
4–8–3[2] 
1960年
(昭和35年)
東前頭12枚目
10–5 
東前頭8枚目
8–7 
東前頭8枚目
10–5 
東前頭2枚目
5–10 
西前頭4枚目
8–7 
東前頭3枚目
6–9 
1961年
(昭和36年)
西前頭5枚目
5–10 
東前頭8枚目
6–9 
東前頭11枚目
6–9 
東前頭14枚目
6–9 
東十両2枚目
8–7 
東十両2枚目
5–10 
1962年
(昭和37年)
西十両5枚目
8–7 
東十両3枚目
6–9 
西十両5枚目
3–12 
西十両16枚目
8–7 
西十両14枚目
引退
4–11–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 新川 克己(しんかわ かつみ、1954年3月場所-1957年3月場所)
  • 玉響 克己(たまひびき かつみ、1957年5月場所-1960年11月場所)
  • 玉響 昌延(たまひびき まさのぶ、1961年1月場所-同年5月場所)
  • 新川 克己(しんかわ かつみ、1961年7月場所-1962年9月場所)

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p35
  2. ^ 右肘関節炎により12日目から途中休場