生江

大阪府大阪市旭区にある町名
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 旭区 > 生江

生江(いくえ)は、大阪府大阪市旭区にある町名。現行行政地名は生江一丁目から生江三丁目。

生江
城北公園 菖蒲園
城北公園 菖蒲園
生江の位置(大阪市内)
生江
生江
生江の位置
生江の位置(大阪府内)
生江
生江
生江 (大阪府)
北緯34度43分48.35秒 東経135度32分8.84秒 / 北緯34.7300972度 東経135.5357889度 / 34.7300972; 135.5357889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
旭区
面積
 • 合計 0.536423967 km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 4,122人
 • 密度 7,700人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
535-0004[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

地理編集

旭区の北西部に位置し、東に中宮、西に赤川、南に高殿と接している。

河川編集

歴史編集

生江3丁目の一部である生江同和地区はかつては荒生(なぎ)という名であった。荒生の中にかつて穢多村があった。その成立については地区内にある浄土真宗常宣寺が1397年に開基されているため集落の形成がそれ以前だったことが分かる[5]1701年以前の書である『摂津河内国絵図』に「荒生の皮多」と記されており、17世紀の終わりには被差別地区として成立していたことが分かる[5]

経済編集

産業編集

店・企業

事業所編集

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[6]

丁目 事業所数 従業員数
生江一丁目 70事業所 470人
生江二丁目 73事業所 529人
生江三丁目 64事業所 658人
207事業所 1,657人

地主編集

生江の地主は「寺西圓治郎[7]、寺西幸雄[7][8]、寺西米三郎[7][8]、寺西小十郎[7]」などがいた。

地域編集

教育編集

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]。なお、小学校・中学校入学時に学校選択制度を導入しており、通学区域以外に旭区の小学校・中学校から選択することも可能[10]

丁目 小学校 中学校
生江一丁目 全域 大阪市立生江小学校 大阪市立大宮中学校
生江二丁目 全域
生江三丁目 全域

施設編集

組合編集

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
生江一丁目 637世帯 1,153人
生江二丁目 668世帯 1,265人
生江三丁目 990世帯 1,704人
2,295世帯 4,122人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 5,876人 [14]
2000年(平成12年) 5,553人 [15]
2005年(平成17年) 5,130人 [16]
2010年(平成22年) 4,837人 [17]
2015年(平成27年) 4,398人 [18]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 2,551世帯 [14]
2000年(平成12年) 2,582世帯 [15]
2005年(平成17年) 2,302世帯 [16]
2010年(平成22年) 2,323世帯 [17]
2015年(平成27年) 2,042世帯 [18]

交通編集

その他編集

日本郵便編集

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大阪府大阪市旭区の町丁・字一覧”. 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口”. 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 生江の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 『50年のあゆみ 市同促協創立50周年記念誌』308頁。2021年6月7日閲覧。
  6. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果”. 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 下』テ16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月2日閲覧。
  8. ^ a b c 『日本紳士録 第44版』大阪テ、トの部200頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月2日閲覧。
  9. ^ 区内の通学区域および選択できる学校一覧 (PDF)”. 大阪市旭区 (2018年10月5日). 2019年11月22日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  10. ^ 平成31年度 旭区学校選択制について”. 大阪市旭区 (2018年10月5日). 2019年11月22日閲覧。
  11. ^ 『大阪府解連協 設立10年のあゆみ』大阪府解放会館名簿242頁。2021年6月3日閲覧。
  12. ^ a b 市民利用施設の今後のあり方(分析経過報告)6頁、2005年11月市政改革本部。2021年6月6日閲覧。
  13. ^ 生協一覧大阪府公式サイト。2020年10月2日閲覧。
  14. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  15. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  16. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  17. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  18. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  19. ^ 郵便番号簿 2019年度版 (PDF)”. 日本郵便. 2019年11月4日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 『大阪府解連協 設立10年のあゆみ』大阪府解放会館連絡協議会、1981年。
  • 『50年のあゆみ 市同促協創立50周年記念誌』社団法人大阪市人権協会・市同促協創立50周年記念事業実行委員会、2003年。