産交バス三角営業所

産交バス三角営業所(さんこうバスみすみえいぎょうしょ)は九州産交バスの子会社である産交バスの営業所の一つ。かつては、1997年までは九州産業交通本体直営の営業所であったが、同年より本体から切り離され、子会社の産交観光バスに移管したが、2005年4月の子会社再構築により県内各地のローカル子会社と統合し産交バスの営業所という位置付けとなった。

所在地編集

熊本県宇城市三角町三角浦

  • 最寄りバス停: 三角産交
    JR九州三角線の終点三角駅前にあるため、同駅のバスターミナルとしての性格ももっている。

この他に上天草市姫戸町赤崎(池の浦)に駐在車両がある(天草営業所と共用)。 かつては松島車庫に樋合(島)、阿村、松島青年の家、維和島(蔵々漁港)行きを運用する為に当営業所管轄の車両が1台駐在していたが、維和島行きを除く路線は天草営業所へ管轄移管された為に駐在を廃止した。

担当路線編集

 
かつて当営業所発着時代の野釜行き(使用車両はいすゞBA05N(トップドア車)。野釜大橋架橋後、鳩の釜から野釜まで路線が延長した時のもの    (三角産交にて)
  • 主に当営業所を起点として宇土駅間や、不知火地区・松橋地区のほか、上天草市の大矢野地区・松島地区の一部にも乗り入れている。このほか、上天草市の大矢野地区においてはコミュニティバスの『SUNまりんバス』の運行を委託されている。
    • 以前は本渡市(現:天草市)の本渡バスセンターとを結ぶ路線(1981年までは「急行」として)も運行していたが、2005年頃に廃止されている(その後2008年3月から2016年9月まで熊本-天草線「快速あまくさ号」の一部が当営業所に乗り入れていた)。
    • また、1997年までは熊本市熊本交通センター(現:熊本桜町バスターミナル)にも乗り入れ赤瀬経由熊本線として運行されていたが、同系統は全て宇土駅止めとなり、同時に九州産業交通本体直営から廃止され、全路線廃止代替バスとした上で子会社の産交観光バスに移管されることになる。
    • このほか、以前においては当営業所から戸馳島、上天草市の大矢野地区、維和島(蔵々漁港、下山)・松島地区各方面行きの直通路線も多数存在したが、2008年10月の路線大幅再編によって全て廃止となり、一部はさんぱーる発着のSUNまりんバス路線として上天草市に移譲(運行は産交バスが受託)、残る路線もさんぱーるを発着点とした支線として置き換えられた。
    • 現在は当営業所(一部三角病院より)発着の上天草方面行きの路線は登立経由さんぱーる線1路線に整理され、ここから各方面へ乗換えという形となっている。

当営業所からの発着路線編集

一般路線バス
  • 松橋・大口線(三角病院-穂刈道-船津-大口-松合-不知火温泉センター前-宇城市不知火支所前-松橋産交
  • 黒崎環状線(三角駅通り-際崎-黒崎-三角病院-古氷団地入口-宇城市三角支所前-三角駅通り-三角産交)
  • (※上記と逆回り)
  • 宇土・小田良線(五橋入口-三角西港前-大田尾-小田良-赤瀬-御興来-網田駅前長浜駅前-長部田-住吉駅前-宇土市役所前-宇土駅前
  • さんぱーる線(岩谷入口-登立-大矢野郵便局前-大矢野庁舎前-天草四郎公園前-さんぱーる)[1]  
  • 三角病院線(宇城市三角支所前-古氷団地入口-宮崎入口-三角病院)

車両編集

  • 基本的に国産4メーカーを取り揃えるが、いすゞ・ジャーニーKや中古車の日野・レインボーノンステップ車などの中型車両ならびに日野・リエッセと新車としてマイクロバスの日野・リエッセⅡ、三菱ふそう・ローザといった小型車が配属され、各路線で幅広く運用されている。
  • 少数ながら大型車の配置もある。かつて熊本都市圏路線で使用されていた他の営業所から移管してきた車両や川崎市交通局小田急バス新京成バス水間鉄道からの移籍車両が導入されている。
  • A列車で行こう運行日においては、これに合わせ三角駅 - 三角西港間を結ぶシャトルバス専用車として、天草地区の福祉バスより転用された11人乗り一般乗用車タイプのワンボックスカートヨタ・ハイエースコミューター 通称:豆バス)が使用されていたが、2013年9月末日をもって運行中止。これに代わり同年10月1日からは、当営業所発着・三角西港を経由し上天草市のさんぱーるとを結ぶ「うきうきあまくさ♪シャレトル便」として平日1日10往復・土日祝日1日11往復運行している(運行車両は専用ラッピングを施した小型バス(日野・リエッセ)が使用される)。

現在の車両の方向幕は全てLED式だが、以前のフイルム式方向幕で三角営業所生え抜きだった日野・レインボーにかつての熊本行き(H8 赤瀬経由 熊本(交通センター))が廃止になり、宇土駅止めになった際に方向幕と側面系統幕に「熊本(交通センター)」の部分を消去し「宇土駅」と新たに記載したものを再使用していたが、産交独自の系統番号(H8)表示各会社共通系統に変更後も、また熊本市内へ乗り入れしないのに関わらず消去せず、宇土駅行、三角行共々LED行先表示式に変更されるまで県内で唯一最後まで残されていた。また、方向幕は最後まで従来の白地に黒色表記のままであった。

脚注編集

  1. ^ 当路線には三角西港を経由した後にさんぱーるへ向かう「うきうきあまくさ♪シャレトル便」と三角西港を経由しない通常便の2系統があり、「シャレトル便」は毎日運行しているが、通常便は土日祝日は運行しない(土日祝日は「シャレトル便」を1往復増便)。なお、岩谷入口 - さんぱーる間の停車箇所は両系統とも同じ。

外部リンク編集