メインメニューを開く

田辺 モット(たなべ もっと、1959年7月19日 - )は、京都府在住のスタジオ・ミュージシャンで、ベーシストである。

田辺モット
別名 MOTTO
生誕 (1959-07-19) 1959年7月19日(60歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
フュージョン
ブルース
職業 ミュージシャン
ベーシスト
担当楽器 ベース
コーラス
活動期間 1979年 -
共同作業者 SENSE OF WONDER
THE TRIPLE X
スピニッヂ・パワー

1979年スピニッヂ・パワーでデビュー。1981年に脱退後は、スタジオやライブ・サポートで活躍。1997年桑名正博 らとTHE TRIPLE Xを結成。京都の(株)ラグインターナショナルミュージック所属。

目次

略歴編集

  • 中学時代、ベンチャーズを観に行ってベースの音の存在感に感銘を受け、ベースを弾き始める。
  • 高校時代、バンドを組んでライブ活動を開始する。
  • 1979年、友人を頼って上京、SPINACH POWERのベーシストとしてデビュー。
  • 1981年、難波弘之の呼びかけで、そうる透SENSE OF WONDERに参加。脱退後数多くのスタジオワークやライブサポートをこなす。
  • 1997年から、「THE TRIPLE X(トリプルX、XXX)」結成に伴い桑名正博らより加入要請があり、岡本郭男と共にメンバー入り、インディーズ・レーベルで2枚アルバムをリリース後、2002年にメジャー・レーベルで「人生の訓示」をリリースしたが、この年で活動休止となる。
  • 2003年から、数多くのスタジオワーク、ライブサポートをこなす一方で、ベース教室の開催やプロデュースを通して後進の育成に務めている。

ディスコグラフィー編集

  • SPINACH POWER 「Runaway Trip」
  • 難波弘之 「飛行船の上のシンセサイザー弾き」(難波弘之の小説のイメージアルバムで、演奏はSENSE OF WONDERが担当)
  • THE TRIPLE X 「We Are The Triple X」
  • THE TRIPLE X 「Lolita Complex」
  • THE TRIPLE X 「人生の訓示」

主なサポートアーティスト編集

その他編集

  • 現在は「田辺モット」名義で活動しているが、一時期「MOTTO」名義で活動していた。
  • THE TRIPLE Xの活動休止後、短期間「TRIPLE東京」と名乗って活動していたことがあるが、このTRIPLE東京のメンバー構成の解釈がメンバー間でズレている。田辺は公式サイトで、メンバーを「芳野藤丸・シンシア(シュンケイ(クリスタル・ケイの母親))・サントリー坂本・岡本郭男・田辺モット」としているが、坂本の公式サイトには「岡本・田辺・芳野・坂本・山本一」と掲載、岡本はファンの質問(ファンサイトに掲載)に対し、「芳野・坂本・田辺・岡本」と答えている。

外部リンク編集