メインメニューを開く

畠山 和也(はたやま かずや、1971年8月20日 - )[1] は、日本政治家日本共産党所属の前衆議院議員(1期)。

畠山 和也
はたやま かずや
生年月日 (1971-08-20) 1971年8月20日(48歳)
出生地 日本の旗 宮城県石巻市
出身校 宮城教育大学教育学部
北海道教育大学釧路校教育学研究科
前職 日本共産党職員
現職 日本共産党北海道委員会書記長
所属政党 日本共産党
称号 教育修士
教員免許中学校
公式サイト 日本共産党前衆議院議員 畠山和也

選挙区 比例北海道ブロック
当選回数 1回
在任期間 2014年12月14日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

経歴編集

1971年8月20日宮城県石巻市で生まれる。宮城教育大学卒業後、中学校教員を3年務める。その後北海道教育大学釧路校教育学研究科を修了[2]。大学院修了後は児童相談所職員を目指していたが、党組織に請われて専従となる。

2007年[3]2010年[4] の参議院選挙で北海道選挙区から立候補するも落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙比例北海道ブロックから単独で立候補するも落選[5]

2014年第47回衆議院議員総選挙で比例北海道ブロックから単独で立候補し、初当選。日本共産党が北海道ブロックで議席を獲得するのは2000年に当選した児玉健次以来である[6]

2017年第48回衆議院議員総選挙で比例北海道ブロックから単独で立候補したが落選。

2017年12月25日、日本共産党は2019年の第25回参議院議員通常選挙の北海道選挙区公認予定候補として畠山を擁立することを発表[7]。2019年7月21日、投開票の結果次点で落選。

2019年9月9日、次期衆院選に比例北海道ブロックから出馬することを発表。

政策編集

脚注編集

外部リンク編集