県立長野図書館(けんりつながのとしょかん)は長野県長野市若里若里公園にある県立図書館

Japanese Map symbol (Library) w.svg 県立長野図書館
Nagano Prefectural Library
Nagano Prefectural Library exterior 2018 ac.jpg
施設情報
前身 信濃教育会信濃図書館
専門分野 総合
延床面積 8,614 [1] m2
開館 1929年9月1日
所在地 380-0928
長野県長野市若里1-1-4
位置 北緯36度38分10秒 東経138度11分17秒 / 北緯36.63611度 東経138.18806度 / 36.63611; 138.18806座標: 北緯36度38分10秒 東経138度11分17秒 / 北緯36.63611度 東経138.18806度 / 36.63611; 138.18806
ISIL JP-1001637
統計・組織情報
蔵書数 692,291 冊[2](2016年時点)
貸出数 138,423冊[3](2016年)
来館者数 209,049人[4](2016年)
年運営費 127,924千円[4](2016年)
条例 県立長野図書館条例
館長 森いづみ
公式サイト https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/index.html
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

基礎情報編集

所在地編集

長野県長野市若里1-1-4

開館時間編集

  • 火曜日 - 金曜日
    • 1階児童図書室 9:00 - 17:00
    • 2階一般図書室 9:00 - 19:00
    • 3階信州・学び創造ラボ 8月-10月 10:00 - 21:00、11月-3月 10:00 - 20:00
  • 土曜日・日曜日・祝日
    • 1・2階:9:00 -17:00
    • 3階:10:00 - 18:00

休館日編集

  • 毎週月曜日
  • 年末年始(12月28日-1月4日)
  • 蔵書点検期間

立地・アクセス編集

沿革編集

 
信濃図書館設立に尽力した保科百助の揮毫(県立長野図書館蔵)
 
長門町時代の県立長野図書館(1929年)

県立長野図書館の歴史は、前身である信濃教育会の図書館にさかのぼる。1892年(明治25年)6月、信濃教育会の会員有志が会の図書を閲覧させる信濃教育会員図書縦覧所を開設した。

1903年(明治36年)6月に信濃教育会の議員会で図書館の建設を決め、保科百助らの尽力により1907年(明治40年)6月15日に「信濃図書館」として開館[5]。開館時の蔵書は35,000冊で、教育会会員向けといわれたが、一般公開もしていた。

県立図書館設立の動きは、1911年(明治44年)の信濃教育会が陳情し、1916年(大正5年)の長野県議会で県営図書館の請願が議決され、1924年(大正13年)12月の臨時県会において設置が決まり、師範学校の跡地である長野市長門町に1928年(昭和3年)に起工され、1929年(昭和4年)3月に初代館長が就任し、創立事務を開始。同年8月1日竣工、同年9月1日に開館[6]。初代館長は山形県立図書館長の経験がある田澤次郎が就任[7]。開館当時の上席司書だった乙部泉三郎が2代目の館長となり、司書として任命された叶澤清介が3代目の館長となっている[8][9]

1977年(昭和52年)に長野市若里に新館が着工され、1979年(昭和54年)に移転開館した。27万8000冊の蔵書が新館に移動するとともに、長野図書館の象徴で市民に親しまれた魯桃桜(ろとうざくら)9本を新館裏に移転。1994年(平成6年)に同館所蔵の古文書約15,000点が長野県立歴史館へ移管された。

長野県内の子どもたちに読書の機会を提供しようと、2004年(平成16年)5月、移動図書館車「おはなしぱけっと号」が導入された。本事業は2009年(平成21年)に終了した。

2009年(平成21年)3月、長野県内公共図書館横断検索システム[10]が導入され、あわせてインターネット予約貸出が運用された。[11]

 
信州・学び創造ラボ(3階)

2015年に掲げられた5カ年間にわたる事業改革[12]に関連し、空間改修が続けられた。2017年(平成29年)10月1日に「知識情報ラボUCDL」(ウチデル)がオープンした。2018年(平成30年)に床・階段および1階の児童図書室が改修された。2019年(平成31年)4月6日、3階に「信州・学び創造ラボ」がオープンした。


歴代館長編集

 
館長室
 
歴代館長一覧
館長 任期
1 田澤次郎 1929年3月〜1931年9月
2 乙部泉三郎 1931年9月〜1949年8月
3 叶澤清介 1949年8月〜1965年11月
4 百瀬克彦 1965年11月〜1968年11月
5 村上冨吉 1968年11月〜1970年3月
6 佐藤文一 1970年4月〜1971年3月
7 中村正義 1971年4月〜1974年3月
8 太田今朝秋 1974年4月〜1979年4月
9 山口吉宗 1979年4月〜1982年3月
10 小出敬一 1982年3月〜1983年3月
11 三井潔 1983年4月〜1985年3月
12 齋藤浩 1985年4月〜1986年10月
13 早崎綱夫 1986年11月〜1989年3月
14 深山金二 1989年4月〜1991年3月
15 佐藤久 1991年4月〜1994年3月
16 高槻保臣 1994年4月〜1996年3月
17 平野国政 1996年4月〜1998年3月
18 林部道夫 1998年4月〜2000年3月
19 瀬在秀夫 2000年4月〜2001年10月
20 三宅文雄 2001年11月〜2003年3月
21 山川悦男 2003年4月〜2007年3月
22 小出五郎 2007年4月〜2008年3月
23 山寺秀博 2008年4月〜2009年3月
24 倉石清 2009年4月〜2011年3月
25 寺沢洋行 2011年4月〜2013年3月
26 松本有司 2013年4月〜2015年3月
27 平賀研也 2015年4月〜2020年3月
28 森いづみ 2020年4月〜

図書館活動編集

県立長野図書館時代編集

PTA母親文庫
1950年(昭和25年)、信州大学教育学部附属長野小学校PTAの母親を対象に文庫の貸出を開始。当時PTA教養部長を務めていたのが県立長野図書館長の叶沢清介であった。母親たちから県立長野図書館の蔵書を貸し出ししてほしいと要望を受け、試験的に貸し出しを開始した。
1951年(昭和26年)、更級・上伊那・南佐久の三カ所に配本所を設置した。配本所設置に当たっての予算処置は無く、既存の図書館普及運動費を充てた。小学生が進学するにあたり、中学生への貸し出しへの要望が高まり、1952(昭和27年)には中学生にも貸し出し対象を広げる。なお、その後全県へ活動範囲を広げ、2003年(平成15年)に名称を「長野県PTA親子読書推進の会」と変更し、活動は2014年(平成26年)まで続いた[13]
おはなしぱけっと号
2004年(平成16年)子どもたちに読書の機会を提供するため、移動図書館車「おはなしぱけっと号」を導入。「おはなしぱけっと号」は4トントラックを改造したもので、デザインは安斎肇が担当。絵本1200冊を積み、県内各地を移動する。お披露目イベント「おはなしドキドキぱーく」は2004年5月8日に長野市若里公園で行い、紙芝居、工作体験、大道芸などを行った[14]
「おはなしドキドキぱーく」事業は2004年度から2006年(平成18年)度で99回、学校の読み聞かせに派遣する「おでかけ絵本図書館」事業は2006年度に163回、2007年(平成19年)度に93回行った。2009年(平成21年)3月末、利用減少により「おはなしぱけっと号」を使った事業は廃止された[15]
共知・共創の場の創出
 
3階に設置されたものづくりのコーナー
2015年から5ヶ年かけた事業改革の成果として、「情報、空間、人の改革」を実現するため、図書館内部を大規模に改装した。これにより、1階から3階まで、新たな空間が創出された。
その主な空間は次の通り。1階「児童図書館のリニューアル(2017年度末から)」、子ども達の好奇心を広く喚起させることをねらい、4つのゾーンを設定[16]。本を並べた空間ではなく、子ども達の興味関心を拡げる場にすることを狙っている。分けられたゾーンは「絵本をゆったり読む」「児童書研究」「探求的に情報に触れる」「想像の世界に入り込む」の4つとされた。2階「知識情報ラボUCDL(ウチデル)(2017年10月開設)」、図書館2階にある一般閲覧室の一角144平方メートルを改装。書籍ではなく、知識と情報というした知識情報を集約させた空間[17]内田洋行とのネーミングライツ制度を活用し、UCDL "Uchida Community Design Labo"の愛称を冠しつつ、グループ学習等に利用できる什器やICT機器等の提供を受けた。本空間の開設により、ICTや図書館を活用したWikipedia研修会などが開催された(2019年4月6日開設)」、2019年県立長野図書館の3階に作られた900平方メートルの空間[18]。3階「信州・学び創造ラボ[19]。これからの図書館や公共空間のあり方を考える公共の実験室として位置づけられた。また。レーザーカッターを活用したあらたなものづくり体験[20]や、自分だけのこだわりの本を並べてみるイベントを行っている[21]

SNSを使った情報発信編集

SNSの普及が進み、多くの公共図書館でもTwitterFacebook、ブログなどの数種類のSNSを使った公式な情報発信が行われている。当図書館では用途に応じて複数のFacebookアカウントを使い分けており、こうした1機関で複数Facebookアカウントを持つ公共図書館は珍しく、本図書館の特徴となっている[注釈 1]。 ここでは本図書館のSNS種別と用途について挙げる。

名称 用途 リンク
よむナガノ 県立長野図書館ブログ 様々な記事をご紹介[22] http://blog.nagano-ken.jp/library/
県立長野図書館 信州の「図書館のあるくらし」に関わる情報 県立長野図書館 - Facebook
信州発・これからの図書館フォーラム これからの図書館が進む方向についての情報 「信州発・これからの図書館フォーラム」県立長野図書館 - Facebook
山の見える図書館ー信州のまち・ひと・としょかん 県内の図書館に関する情報 「山の見える図書館ー信州のまち・ひと・としょかん」 - Facebook
信州・学び創造ラボ 「信州・学び創造ラボ」の様々なお知らせ 「信州・学び創造ラボ」 - Facebook

魯桃桜(ロトウザクラ)編集

 
ロトウザクラ

1933年(昭和8年)に当時の県立長野図書館(現長野市立長野図書館)に魯桃桜(ロトウザクラ)が植えられた[23]。長野市内で最も早く咲くサクラとして親しまれているが、分類学上はサクラではなくモモの仲間である[24]

特徴編集

ロトウザクラは、日露戦争の凱旋記念としてシベリアから持ち帰り、長野県佐久市の桜井尋常高等小学校に植えられていたもので、1921年(大正10年)から1949年(昭和24年)まで長野県史跡名勝天然記念物調査委員を務めた植物学者の小山海太郎(こやまかいたろう)[25] が名付けたといわれている。当該個体については、その後に長野県植物誌編纂委員の落合照雄及び久保田秀夫が確認をした結果、モモの仲間である「ノモモ」または「ハヤザキモモ」であると判断されたが、現在まで特定はされていない[24]

植栽場所編集

1933年(昭和8年)に県立長野図書館に植栽された初代のロトウザクラは、後に全滅している。当初の植栽場所であった長野市立長野図書館[23]では花を咲かせており、2017年(平成29年)も3月22日に開花している[26]。このほか、1979年(昭和54年)の県立図書館の施設移転にあわせて、接ぎ木での増殖が図られた経緯があり、県立長野図書館、市立岡谷図書館長野地方気象台[27]上田市立図書館上田市立博物館[28]など、長野県内各地に植えられており、それぞれの地域で春を告げる季節の便りとなっている。

写真ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 県立長野図書館、長野県図書館協会公共図書館部会 2016, p. 9.
  2. ^ 県立長野図書館、長野県図書館協会公共図書館部会 2016, p. 17.
  3. ^ 県立長野図書館、長野県図書館協会公共図書館部会 2016, p. 93.
  4. ^ a b 県立長野図書館 2016, p. 3.
  5. ^ 県立長野図書館 1981, pp. 2-4.
  6. ^ 県立長野図書館 1981, pp. 5-10.
  7. ^ 県立長野図書館 1981, p. 10.
  8. ^ 県立長野図書館 1981, p. 16.
  9. ^ 県立長野図書館 1981, p. 59.
  10. ^ 長野県内公共図書館横断検索システム(http://www2.library.pref.nagano.jp)
  11. ^ 県立長野図書館「県立長野図書館概要 平成21年4月」
  12. ^ 平成28年度県立長野図書館協議会第2回会議 議事録 資料-3」(PDF)
  13. ^ 県立長野図書館 1959, p. 217.
  14. ^ 「「おはなしぱけっと号」登場絵本・工作楽しむ」『信濃毎日新聞』2004年5月9日17面
  15. ^ 「「ぱけっと号」廃止へ」『信濃毎日新聞』2009年2月28日34面
  16. ^ 朝倉久美「図書館王にオレはなる!」『図書館雑誌』2019年2月号、第113号、pp. 75-77
  17. ^ 平賀研也「共知・共創の場としての図書館 県立長野図書館における知識情報ラボ「UCDL(ウチデル)」について」『情報の科学と技術』2018年、第68巻6号、pp. 276-280
  18. ^ 「WikipediaLIB@信州」を開催しました!”. よむナガノ 県立長野図書館ブログ (2017年3月30日). 2020年1月26日閲覧。
  19. ^ 小澤多美子『信州自治』2019年、第852号、pp. 14-21
  20. ^ ジグソーパズルをつくろう! よむナガノ 県立長野図書館ブログ、2019年7月4日
  21. ^ 「Team Book Value」ー本屋と図書館が変われば、世界が変わる! よむナガノ 県立長野図書館ブログ、2019年4月24日
  22. ^ 県立長野図書館です! | よむナガノ 県立長野図書館ブログ
  23. ^ a b 魯桃桜特集”. 2019年11月21日閲覧。
  24. ^ a b 長野県林業総合センター ミニ技術情報”. 長野県林業総合センター (2001年3月). 2017年9月23日閲覧。
  25. ^ 『長野県植物誌』信濃毎日新聞社、1997年、p. 75
  26. ^ “春の彩り、ロトウザクラ開花 市立長野図書館”. 信濃毎日新聞. (2017年3月23日). http://www8.shinmai.co.jp/flower/article.php?id=FLOW20170323007713 
  27. ^ 魯桃桜(ろとうざくら)と図書館”. 2019年11月21日閲覧。
  28. ^ ロトウザクラ”. 上田市. 2019年11月21日閲覧。

参考文献編集

  • 県立長野図書館、長野県図書館協会公共図書館部会: “平成28年度 長野県公共図書館概況”. 2017年9月22日閲覧。
  • 『県立長野図書館概要 平成28年4月』県立長野図書館、2016年4月。
  • 『県立長野図書館五十年史』、1981年。
  • 県立長野図書館『魯桃桜と図書館』県立長野図書館、1994年。
  • 県立長野図書館『県立長野図書館三十年史』県立長野図書館、1959年。

関連項目編集

外部リンク編集