真田風雲録』(さなだふううんろく)は、1963年公開の日本映画。カラー、シネマスコープ作品。福田善之の同名戯曲が原作。加藤泰監督、中村錦之助 (萬屋錦之介)主演。

真田風雲録
Sasuke And His Comedians
監督 加藤泰
脚本 福田善之小野竜之助神波史男
原作 福田善之
出演者 中村錦之助 (萬屋錦之介)
渡辺美佐子
ジェリー藤尾
ミッキー・カーチス
千秋実
佐藤慶
音楽 林光
撮影 古谷伸
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1963年6月2日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

企画編集

沢島忠監督は「企画は主演の中村錦之助 (萬屋錦之介)さんで、福田さんの舞台を観に行った錦之介さんが気に入り(親友である)自分とのコンビを想定して会社に企画を提出した」と話しているが[4]脚本神波史男は「俺が『真田風雲録』の舞台を見て、面白いってわいわい騒ぎだして(本作のチーフ助監督鈴木則文と一緒に企画部長に、真田十勇士が活躍する講談話をミュージカル仕立てにしていると上手く話し、企画を通した」と話している[3]

監督編集

監督は最初は沢島忠に決まり、神波が脚本を書いて沢島に見せたら沢島も「この脚本、もろた!」と言った[3]。神波脚本の裏には安保闘争を隠していたが、福田がグズグズ言い出し、沢島も政治的匂いのするものに興味がなく[5]、脚本も長いので二部構成にしたいと言い出し[3]、福田と沢島が衝突し[5]、監督が加藤に交代になった[4][3]。会社から半ば強引にチーフ助監督に就けられた鈴木は「加藤さんという人は、権力に対しては何か言い続けたいというものを持っている人だから監督を引き受けた。ただ、加藤さんだとどうしても重くなってしまうので、沢島さんのように軽快なフットワークでいった方がいい内容になりそうだと思っていた」と話している[3]

撮影編集

最初は1963年の正月映画を予定していたが前述のトラブルで遅れた[6]。加藤が監督を引き受けたのが1962年12月半ば[3]。加藤の映画に製作主任を引き受けてくれるものがおらず、クランクインが遅れ、元ヤクザの並河正夫が引き受けてくれ、1963年2月28日にクランクインした[3]。加藤が撮影をネバリにネバリ[5]、1963年5月に入っても撮影を続け、当時のプログラムピクチャーとしては異例の長さに大混乱の撮影現場になった[3][5]。高橋勇京都撮影所所長が「これは左翼の映画だ。大坂冬の陣をカットせよ」と迫ったが、チーフ助監督の鈴木が大詭弁で撮影所所長を言いくるめカットを免れた[3]

作品の評価編集

興行成績編集

加藤の監督作は当時から興行は当たらないという定説があり[3]、お客が「分からない」とキョトンとなり6日間で打ち切られ[5][6]、東映始まって以来の不入りを記録し興行は大惨敗[5][7][8][9]。脚本の神波史男は1972年の『女囚701号/さそり』の大ヒットを生むまで「岡田茂東映社長から顔を会わせる度、『真田風雲録』みたいなもん作りやがって、大赤字や、といわれ続けた」と話している[3][10]

作品評編集

公開当時は評論家筋にも一部を除いて無視され、正に呪われた映画といわれた[5]。このまま忘れ去られていくかに思われたが、公開から6、7年経ってから、「凄い映画だ、こんな面白い映画は観たことがない」と若者が熱狂し[5]、各地の大学の学園祭や自主上映会で上映され[7]、映画のベストテンに常にランクされるようになった[7]。理由は60年安保の前線を担った若者たちの姿が、時代劇に形を変えて活写されていたことに対する半世代あとの学生たちの、好奇心や共感が存在したからであった[7]。ミュージカル喜劇仕立ての戦国ドラマの底に60年安保の全学連などに代表される抵抗勢力の戦いと挫折という政治的色彩が背景に色濃く投影されている等[5]、加藤泰の異色作の中でも極北に位置する異色作などと評される[5][8]井筒和幸は「メチャクチャ面白い。傑作です。今で言えば"インディ・ジョーンズ"です」と評している[6]

映像ソフト編集

同時上映編集

恋は神代の昔から

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 真田風雲録”. 映画-Movie Walker. 2017年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 真田風雲録 : 作品情報”. 映画.com. 2017年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 加藤泰映画華 2013, pp. 314-317.
  4. ^ a b 金澤誠「萬屋錦之介 追悼と再発見 沢島正継監督、萬屋錦之介を語る」『キネマ旬報』1997年6月上旬号、キネマ旬報社、 111 - 117頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 冬のつらさを 2008, pp. 89-96.
  6. ^ a b c 加藤泰映画華 2013, pp. 200-201.
  7. ^ a b c d 加藤泰の映画世界 1986, pp. 170-175.
  8. ^ a b 真田風雲録|映画|WOWOWオンライン
  9. ^ 『真田風雲録』トークショー都ヒストリカ国際映画祭
  10. ^ 「神波史男全映画自作を語る」『映画芸術』12月増刊号 『この悔しさに生きてゆくべし ぼうふら脚本家 神波史男の光芒』 編集プロダクション映芸、2012年12月10日発行、pp.322–323、333

参考文献編集

  • 『加藤泰の映画世界』北冬書房、1986年。
  • 鈴村たけし『冬のつらさを―加藤泰の世界』ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫4〉、2008年。ISBN 9784898302712
  • 加藤泰・鈴村たけし『加藤泰映画華 ―抒情と情動―』ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫4〉、2013年。ISBN 9784898302712

外部リンク編集