メインメニューを開く

石川 宏千花(いしかわ ひろちか、女性、1969年 - )は、日本児童文学作家

女子美術大学芸術学部卒業。テレビ番組の美術製作業などを経て執筆活動に入る。2007年、『ユリエルとグレン』で第48回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。2010年、同作で日本児童文学者協会新人賞を受賞[1][2]

著書編集

1 (闇に噛まれた兄弟) 2008
2 (ウォーベック家の人々) 2008
3 (光と闇の行方) 2009
1 (ついてないにもほどがある!)
2 (ここはどこ?わたしはだれ?)
3 (運命って…運命って!)
  • 『お面屋たまよし』講談社 2012 のち文庫
[2] (彼岸ノ祭) 2013 のち文庫
[3] (不穏ノ祭) 2013
[4] (七重ノ祭) 2015
[5] 流浪ノ祭 2016
  • 『天空町のクロネ 知りたがりの死神見習い』深山和香絵 講談社青い鳥文庫 2012
  • 『密話』講談社 2012
  • 『死神うどんカフェ1号店』1~6杯目 講談社 2014-15
『死神うどんカフェ1号店 別腹編☆』講談社 2016
  • 『妖怪の弟はじめました』イケダケイスケ絵 講談社 2014
  • 『少年Nのいない世界 01』講談社タイガ 2016
  • 『少年Nの長い長い旅』01-02 講談社 2016-17
  • 『二ノ丸くんが調査中』うぐいす祥子偕成社 2016
  • 『墓守りのレオ』小学館 2016

共著編集

脚注編集