石川県道276号五十里深見線

日本の石川県の道路

石川県道276号五十里深見線(いしかわけんどう276ごう いかりふかみせん)とは、石川県鳳珠郡能登町と同県輪島市とを結ぶ一般県道石川県道)である。

一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道276号標識
石川県道276号五十里深見線
路線延長 9.567km(実延長総計)
陸上区間 5.350km(通行可能部分)
制定年 1960年昭和35年)
起点 石川県鳳珠郡能登町五十里
主な
経由都市
能登町、輪島市
終点 石川県輪島市深見町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0249.svg国道249号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

路線概要編集

鳳珠郡能登町北西部と輪島市東部とを結ぶ。起点の鳳珠郡能登町(旧鳳至郡柳田村)五十里(いかり)の立岩地地区は、二級水系町野川とその支川である河内川との合流部に位置する。起点からすぐトンネル(北河内トンネル)を抜けるが、このトンネルと前後の区間は、2010年平成22年)8月に完成した北河内ダム建設に伴う付替道路である。トンネルを抜けると、ダム貯水池であるやませみ湖湖畔および河内川に沿って西に進む。北河内地区から輪島市深見町にかけての区間は車道が途絶え、車両の通り抜けが出来なくなっている。終点の輪島市深見町は日本海に面しており、付近には航空自衛隊レーダーが頂上部に配備されている高洲山を臨むことができる。

路線状況編集

起点から柳田側末端部(北河内地区)にかけては、先述の付替道路によって、両側2車線(片側1車線)の幅員が確保されている。起点の交差点および沿道に路線番号案内標識が設置されている。

輪島側末端部(一乗地区)から終点にかけては、前述の区間とは対照的に、深見川の谷間に沿った断崖の狭路である。ほぼ全区間両側1車線程度の幅員しかないが、ところどころに待避所が設けられている。また、終点の国道249号交点部に県道の方向を標す標識(都道府県道番号(118の2-B))が設置されている他は、沿道に路線番号案内標識は設置されていない。

歴史編集

通過する自治体編集

車両交通不能区間編集

  • 鳳珠郡能登町北河内上河内 - 四辻ノ峠 - 輪島市深見町一乗(4.217m)

接続道路編集

編集

  • 四辻ノ峠(よつじのとうげ) - 高洲山地を成す鉢伏山(標高543.6m)と瓶ノ森山(標高374.9m)を結ぶ稜線の上に位置する、標高436mの峠。当峠から一乗側に至る間を当夜坂(とうやざか)と呼ばれている。

トンネル編集

  • 北河内トンネル(806m) - 2005年平成17年)竣工。北河内ダム建設に伴う付替道路として建設。

周辺編集

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年
  • 『角川日本地名大辞典』 角川書店1981年

関連項目編集