メインメニューを開く

石狩北部地区消防事務組合

北海道石狩振興局にある消防組合

石狩北部地区消防事務組合(いしかりほくぶちくしょうぼうじむくみあい)は、北海道石狩振興局にある消防組合

石狩北部地区消防事務組合消防本部
石狩消防署
情報
設置日 1970年
管轄区域 石狩郡当別町、石狩郡新篠津村石狩市
管轄面積 1,223.32 km²[1]
職員定数 180人[2]
消防署数 3
分署数 3(支署)
所在地 061-3211
北海道石狩市花川北1条1丁目2-3
法人番号 1000020019011
リンク 石狩北部地区消防事務組合
テンプレートを表示

目次

沿革編集

「組合の沿革」参照[3]

  • 1970年昭和45年):石狩郡当別町、石狩郡新篠津村厚田郡厚田村浜益郡浜益村により、一部事務組合の石狩北部地区消防事務組合発足、消防本部設置。
  • 1971年(昭和46年):消防署、新篠津出張所、厚田出張所、浜益出張所設置。
  • 1972年(昭和47年):石狩郡石狩町が組合加入、石狩出張所を設置する。
  • 1974年(昭和49年):石狩出張所が石狩消防署に昇格。消防組合消防署を当別消防署と改称。南線分遣所設置。
  • 1977年(昭和52年):南線分遣所を花川南出張所と改称。
  • 1979年(昭和54年):石狩消防署新庁舎竣工。花川南出張所を廃止し、北出張所設置。
  • 1991年平成03年):新篠津出張所、厚田出張所、浜益出張所を支署と改称。
  • 1995年(平成07年):消防本部に課制導入。
  • 1996年(平成08年):石狩町が市制施行し、石狩市となる。
  • 1998年(平成10年):当別消防署新庁舎竣工。
  • 1999年(平成11年):新篠津支署を新篠津消防署、厚田支署を厚田消防署、浜益支署を浜益消防署に昇格。
  • 2005年(平成17年):厚田村、浜益村が石狩市へ編入合併。石狩消防署北出張所を親船支署、厚田消防署を厚田支署、浜益消防署を浜益支署と改称。
  • 2006年(平成18年):消防本部事務所を石狩市に移転。
  • 2013年(平成25年):消防指令センター運用開始。石狩振興局管内の消防救急デジタル無線共同運用開始。
  • 2014年(平成26年):親船支署が移転し、石狩湾新港支署と改称。

組織編集

  • 議会議員 - 事務組合 - 組合監査委員・公平委員会
    • 消防本部(総務課・警防課・予防課)
      • 当別消防署
      • 新篠津消防署
      • 石狩消防署
        • 石狩湾新港支署
        • 厚田支署
        • 浜益支署

消防車両編集

「消防機械現有一覧」参照[4]

消防署編集

消防署 住所 支署
当別消防署 石狩郡当別町錦町351
新篠津消防署 石狩郡新篠津村第46線北12
石狩消防署 石狩市花川北1条1丁目2-3 石狩湾新港:石狩市志美65-2
厚田:石狩市厚田区厚田106
浜益:石狩市浜益区浜益2-3(石狩市役所浜益支所内)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 消防年報 2016, pp. 10-15.
  2. ^ 消防年報 2016, p. 17.
  3. ^ 消防年報 2016, pp. 1-8.
  4. ^ 消防年報 2016, p. 41.

参考文献編集

外部リンク編集