浜益村

日本の北海道浜益郡にあった村

浜益村(はまますむら)は、北海道石狩支庁の最北端に位置していて、浜益郡に所属していた

はまますむら
浜益村
浜益温泉
Flag of Hamamasu, Hokkaido.svg
浜益村旗
Emblem of Hamamasu, Hokkaido.svg
浜益村章
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 編入合併
厚田村浜益村石狩市
現在の自治体 石狩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 石狩支庁
浜益郡
市町村コード 01306-4
面積 311.16km2
総人口 2,104
(住民基本台帳、2005年9月末)
隣接自治体 厚田郡厚田村石狩郡当別町
樺戸郡新十津川町
増毛郡増毛町
村の木 サクラ
村の花 はまなす
村の鳥 ごめ(かもめ
浜益村役場
所在地 073-1497
北海道浜益郡浜益村大字浜益村2-3
座標 北緯43度36分02秒 東経141度23分12秒 / 北緯43.60064度 東経141.38675度 / 43.60064; 141.38675座標: 北緯43度36分02秒 東経141度23分12秒 / 北緯43.60064度 東経141.38675度 / 43.60064; 141.38675
北海道内における浜益村の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

村名の由来は、アイヌ語amam-suke アマスケ(穀物(雑穀)・煮る)からとする説と、浜-maske-i はまマケイ((浜の)・余る・もの)とする説、浜-mas-ke はまマケ((浜の)・カモメ・ところ)とする説があり、後二者が有力視されている。現在の増毛町が同じ地名であったので区別する為に「浜」を接頭したとされる。何が余っていたのか明らかではないが、ニシンではないかとする説がある。前者でも「穀物を煮る地」というものがどういうものであったかは、明らかにされていない。

2005年(平成17年)10月1日厚田村と共に石狩市へ編入され、浜益村区域は、石狩市の地域自治区「浜益区」となった。

地理編集

石狩支庁北部に位置、西部の日本海、東部の山地にはさまれた険しい地形。

隣接していた自治体編集

歴史・沿革編集

経済編集

基幹産業は漁業。浜益漁港が置かれる。

教育編集

道立高等学校

中学校

  • 浜益中学校

小学校

  • 浜益小学校

交通編集

鉄道編集

村内を鉄道路線は通っていない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、JR北海道函館本線および根室本線滝川駅

路線バス編集

石狩市との合併当時

道路編集

一般国道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身の有名人編集

関連項目編集

外部リンク編集