北海道厚田郡の位置(黄:明治期)

厚田郡(あつたぐん)は、北海道石狩国石狩支庁管内にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、石狩市の一部(厚田区)にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

江戸時代の厚田郡域は西蝦夷地に属し、松前藩によってアツタ場所が開かれていた。江戸時代後期になると文化4年国防上の理由から厚田郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復した。嘉永元年5月厚田神社が、嘉永9年5月八幡神社が創建されている。安政2年再び天領(庄内藩警固地)となり、幕府箱館奉行)が置いた石狩役所の荒井金助によって望来周辺の油田が発見されている。また、安政年間には厚龍寺が建立され、厚田場所請負人浜屋興三右衛門は自費で濃昼川の南に達する濃昼山道(国道231号の前身)2里24町(10.5km)を開削した。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して厚田郡が置かれた。

郡発足以降の沿革編集

 
北海道一・二級町村制施行時の厚田郡の町村(14.厚田村 15.望来村 桃:石狩市)

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 1 北海道
  • 内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」ニ関スル概況』1919年(大正8年)発行(2008年1月21日現在、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)
  • Riichi Miyake, Takeo Ozawa, Satoru Kaku 『Atsuta - Re-vision of Hokkaido』 Flick Studio, 2013、ISBN 978-4904894125

関連項目編集

外部リンク編集