メインメニューを開く

福岡県道・大分県道・熊本県道115号八女小国線

日本の福岡県と大分県・熊本県の道路

福岡県道・大分県道・熊本県道115号八女小国線(ふくおかけんどう・おおいたけんどう・くまもとけんどう やめおぐにせん)は、福岡県八女市から熊本県阿蘇郡小国町に至る県道である。

一般県道
福岡県道115号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
大分県道115号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
熊本県道115号標識
福岡県道115号八女小国線
大分県道115号八女小国線
熊本県道115号八女小国線
路線延長 58.5km
起点 福岡県八女市長野
主な
経由都市
大分県日田市
終点 熊本県阿蘇郡小国町大字宮原
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0442.svg国道442号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
福岡県側に唯一単独区間として残る県道115号(福岡県八女市黒木町大淵・国道442号交点)

目次

概要編集

路線のほとんどが国道442号と重複しており、実延長区間は八女市黒木町大淵の日向神ダムのダム湖西端で国道442号から別れ、ダム湖の北側を南東に向かって進み、ダム湖東端の八女市矢部村にある矢部川源流公園付近で国道442号と再び合流するまでの約7kmの区間である。現在の国道442号と異なり、幅員改良が施されていないため、幅員が狭く対向車とのすれ違いが困難な場所が多い。また部分的にロックシェッドが設置されている場所もあるものの落石や崖崩れの可能性が指摘されているため、異常気象時は交通規制が行われる。

ダム湖北東端にある蹴洞(けほぎ)岩・日向神ダムキャンプ場周辺は過去には頻繁に災害による通行規制が行われてきた場所である。このため、蹴洞岩近くに、ダムの最も北側に位置する正面岩方面へ向かわずとも、橋梁で横断できるアーチ橋(蹴洞橋)が架けられた。これにより、蹴洞橋から日向神ダムキャンプ場の間のダム湖南側の旧道区間が通行禁止となった。

上記にもある通り、国道442号が国道として昇格するまでは、福岡県道・大分県道・熊本県道3号八女小国線として供用していた区間である。

路線データ編集

  • 起点:福岡県八女市長野
  • 終点:熊本県阿蘇郡小国町大字宮原(国道212号交点)

沿革編集

  • 1954年1月 建設省告示により主要地方道に指定(当初の路線名は福島小国線となっていた)。福岡県道黒木福島線、大分県道・福岡県道中津江黒木線および熊本県道・大分県道・福岡県道北小国黒木線を統合したもの。
  • 1955年1月 県道八女小国線として認定。整理番号は、福岡が23、大分と熊本が3であった。
  • その後、1973年までに整理番号が3に統一される。
  • 1975年4月 路線の一部(大分県日田郡中津江村(現・日田市)栃原以東)が国道387号として指定される(これにより、熊本県での実延長がなくなる)。
  • 1982年4月 路線の大部分が国道442号として指定される(これにより、大分県での実延長がなくなる)。同年10月、整理番号が115に変更される(大分県は変更の告示を行っていない)。

路線状況編集

八女市中心部から国道442号の黒岩隧道を東側に抜けると日向神ダムが目前に迫る丁字路となっている。これを右(南)に進むと国道442号で、左(北)に進むと県道115号となる。

この交差点を左折するとすぐにトンネルに入り、トンネルを抜けると日向神ダムの堤頂部を通る。堰堤自体は福岡県の管理するダムであるが、道路法上の福岡県の県道でもある。ダム堤頂部を通りトンネルを抜け、ロックシェッドの下を通り下鶴トンネルを抜けると道路が二手に分かれる。直進すると蹴洞岩・日向神ダムキャンプ場に通じる。右折すると蹴洞橋を渡る。

蹴洞橋から先はダム湖北岸沿いを通る。ダム湖の東側では沿道に民家が点在する。ダム湖東端部で国道442号と合流して実延長区間は終点となる。

重複区間編集

  • 国道442号(起点 - 福岡県八女市黒木町大淵、八女市矢部村北矢部 - 終点)
  • 国道387号(大分県日田市 - 終点)

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

  • 福岡県
    • 八女市
  • 大分県
    • 日田市
  • 熊本県
    • 阿蘇郡小国町

交差する道路編集

単独区間で交差する道路は存在しない。すべて国道442号の重複区間内での交差である。

関連項目編集