メインメニューを開く

福島県道55号郡山矢吹線

日本の福島県の道路

福島県道55号郡山矢吹線(ふくしまけんどう55ごう こおりやまやぶきせん)は、福島県郡山市から西白河郡矢吹町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
福島県道55号標識
福島県道55号 郡山矢吹線
主要地方道 郡山矢吹線
起点 郡山市地図
主な
経由都市
須賀川市
岩瀬郡天栄村鏡石町
西白河郡矢吹町
終点 西白河郡矢吹町地図
接続する
主な道路
記法
国道49号標識 国道49号
Japanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道6号標識
福島県道6号郡山湖南線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道47号標識
福島県道47号郡山長沼線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道67号標識
福島県道67号中野須賀川線
国道118号標識 国道118号
国道4号標識 国道4号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

  • 起点 : 郡山市喜久田町卸1丁目
  • 終点 : 西白河郡矢吹町滝八幡(国道4号交点 柿ノ内交差点)
  • 総延長:32.293㎞
    • 実延長:31.211㎞[1]

歴史編集

路線状況編集

重用路線編集

バイパス・新道編集

大久保工区
  • 起点 - 須賀川市矢沢字池ノ下
  • 終点 - 須賀川市大久保字後田
  • 全長 - 1,460m
  • 幅員 - 10.0m(車道部6.0m)
須賀川市立白江小学校付近の集落内では当路線が幅員狭小であり、また屈曲部が有ることから車両、歩行者の安全な通行の支障となっていた。また白江小学校の児童の通学の安全を確保するために車両通行の分散化が求められていたことから集落の北西側を迂回するバイパスの建設が2005年度に事業化され、2018年度の完成を目標にしている[4]
高林工区
  • 起点 - 岩瀬郡天栄村高林字上野
  • 終点 - 岩瀬郡天栄村高林字南
  • 延長 - 1014.9m
高林地区の集落内の幅員狭小でクランク上に屈曲する安全な通行の支障となる区間をバイパスするために集落の東へ迂回する形で建設された。2018年2月27日に供用され、旧道は村道へ移管された[5]

道路施設編集

沢布沢橋
馬場川橋(馬場川)
柿の内橋
  • 全長:42.7m
  • 幅員:7.5(10.0)m
  • 形式:単径間単純合成鋼鈑桁橋
  • 竣工:1986年
別名飽度橋。西白河郡矢吹町南町から滝八幡に跨がり、一級水系阿武隈川水系隈戸川を渡る。1930年にかけられ老朽化し、幅員4.9mと狭隘であった旧橋梁の架替のため、1983年度より地方道橋梁整備事業により建設された。総事業費は2億3000万円[6]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

  • 郡山市立片平中学校
  • 福島県立聴覚支援学校・福島県郡山光風学園
  • 中央総合自動車学校
  • 郡山市立大槻中学校
  • 美女池
  • 新池
  • 郡山三穂田温泉
  • 東都郡山カントリークラブ
  • 須賀川市立白江小学校
  • いわせニュータウン
  • 須賀川第三工業団地
  • 福島県立矢吹病院

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 主要地方道の路線別道路現況 - 福島県土木部
  2. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ 平成27年度事業別評価調書 - 福島県土木部
  5. ^ 福島県報 平成30年2月27日付け 定例第2980号 福島県告示第122号・第126号
  6. ^ 福島県の橋梁 昭和61年度版 - 福島県土木部

関連項目編集