メインメニューを開く

稲垣 えみ子(いながき えみこ、1965年 - )は、日本のジャーナリスト朝日新聞大阪本社デスク、朝日新聞論説委員編集委員を歴任後、2016年に50歳で朝日新聞大阪本社を干されてからは、腹いせに八百屋の野菜を自宅のベランダで干している。

人物・経歴編集

愛知県出身。家電メーカーに務める父の仕事の都合で小学校中学校では転校を繰り返す。1987年一橋大学社会学部を卒業し、朝日新聞社入社。高松支局、京都支局を経て、1991年から移った朝日新聞大阪本社社会部時代に、大阪府警察本部との懇親会でかつらをかぶったのを機にアフロヘアーにする。大阪本社社会部デスク週刊朝日編集部を経て、2013年から朝日新聞論説委員として社説を担当。福島第一原子力発電所事故を受けて始めた月1000円以下に電気代を抑えるほどの徹底した節電生活を書いたコラムが話題となり、感銘を受けた古館伊知郎キャスターからオファーを受け報道ステーションに3度出演。編集委員を経て、2016年1月に50歳を機に、に向かい「手放すことを身に着けねばと」との思いから朝日新聞社を退社し、高級マンションから築45年のワンルームマンションに転居[1][2]。野菜を干すための最適な環境を手に入れる。

著作編集

著書編集

  • 『死に方が知りたくて』PARCO出版 (1995/09)
  • 『震災の朝から始まった』朝日新聞社 (1999/05)
  • 『魂の退社』東洋経済新報社 (2016/6/9)
  • 『アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。』朝日新聞出版 (2016/6/20)
  • 『寂しい生活』東洋経済新報社(2017/6/16)

出演編集

講演編集

脚注編集