メインメニューを開く

稲永公園(いなえこうえん)は愛知県名古屋市港区野跡にある都市公園。面積は31.36ヘクタール[1]

稲永公園
Inae Park
Inae-park01.jpg
藤前干潟に面する護岸と稲永公園
稲永公園の位置(愛知県内)
稲永公園
稲永公園の位置(名古屋市内)
稲永公園
分類 都市公園
所在地
愛知県名古屋市港区野跡四丁目、五丁目地内[1]
座標 北緯35度4分39.4秒 東経136度50分59.9秒 / 北緯35.077611度 東経136.849972度 / 35.077611; 136.849972座標: 北緯35度4分39.4秒 東経136度50分59.9秒 / 北緯35.077611度 東経136.849972度 / 35.077611; 136.849972
面積 31.36ha
開園 1943年(昭和18年)4月1日
運営者 名古屋市
駐車場 330台
公式サイト 稲永公園
テンプレートを表示

概要編集

1943年昭和18年)4月1日に開園[2]都市公園法による設置は1992年平成4年)4月1日[1])。稲永スポーツセンター名古屋市港サッカー場などに加えて、野球場6面、テニスコート16面などを備え、運動公園として位置付けられている[1]。また、公園自体が藤前干潟鳥獣保護区庄内川河口干潟(藤前干潟自体は新川河口側)に面しており、園内には名古屋市野鳥観察館環境省稲永ビジターセンターが設置されている[1]

また、名古屋市の広域防災拠点および広域避難場所に指定されており、災害対応型モデル公園として各種防災設備を備えている[1]

交通アクセス編集

公共交通機関
自動車

駐車場330台(無料)分を用意。

  • 国道23号:十一屋交差点から南進、金城ふ頭方面を進む。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 稲永公園 管理運営方針”. 名古屋市. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ 港区の生い立ち(昭和初期)(港区)”. 名古屋市. 2015年8月9日閲覧。

外部リンク編集