メインメニューを開く

立川 三四楼(たてかわ さんしろう、1976年2月3日 - )は、愛知県名古屋市生まれの落語家。本名、加古亮(かこ りょう)。 別名、メビウス落語家、ワンダー落語家、27世紀の爆笑王。出囃子は『デカンショ節』。

立川三四楼たてかわ さんしろう
立川三四楼
丸に左三蓋松は、立川流定紋である
本名 加古亮(かこ りょう)
生年月日 (1976-02-03) 1976年2月3日(43歳)
出身地 愛知県名古屋市
師匠 林家木久蔵(初代)
快楽亭ブラック_(2代目)
立川談四楼
名跡 1. 林家木之助(2000年 - 2001年)
2. 快楽亭ブラッC(2001年 - 2005年)
3.立川三四楼(2005年 - )
出囃子 デカンショ節
活動期間 2000年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会(2000年 - 2001年)
落語立川流(2001年 - )
公式サイト 立川三四楼公式ホームページ
主な作品
「アニソン和尚」「ハイパー結婚相談所」

目次

来歴・人物編集

愛知県名古屋市出身[1]愛知県立中村高等学校を経て、名城大学商学部を卒業[2]2000年2月林家木久蔵(初代)に入門。前座名は木之助。その後破門され、2001年8月 快楽亭ブラック_(2代目) に入門。ブラッC(ぶらっしー)と名乗る。[3]

2005年8月 快楽亭ブラックの落語立川流脱退に伴い、立川談四楼門下に移り、以後三四楼となる。2010年2月 二ツ目に昇進。

SFテイストの新作を発表する他、古典もこなす。新作発表の場として笑福亭羽光と「SF落語会」(現:SF落語会GT )と題した一連の落語会を行っている。

SF編集

SF好きとして[誰によって?]有名[4]

SF落語会と銘打った落語会では、冒頭で「月は無慈悲な夜の女王」「天の光はすべて星」「我が赴くは蒼き大地」といった往年のSFタイトルの前半を三四楼が、これに答える形で後半を観客が答える形の、コールアンドレスポンスが行われることが多い。

2013年の第52回日本SF大会「こいこん」2014年の第53回日本SF大会「なつこん」にゲストとして出演した。2019年4月10日に開催の日本SF作家クラブ理事会にて、日本SF作家クラブへの入会が承認された[5]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 弟子紹介(だんしろう商店)”. 2018年5月29日閲覧。
  2. ^ プロフィール(立川三四楼公式ホームページ)”. 2018年5月29日閲覧。
  3. ^ 立川談志・落語立川流一門『談志が死んだ、立川流はだれが継ぐ』講談社、2003年、266P、414P
  4. ^ 立川三四楼さん インタビュー
  5. ^ 日本SF作家クラブ(@sfwj)”. twitter (2019年4月16日). 2019年5月2日閲覧。 “2019年4月10日に開催しました一般社団法人日本SF作家クラブ理事会にて、以下の4名の入会が承認されました。麻宮騎亜さん、大澤博隆さん、カルロ・ゼンさん、立川三四楼さんです。”

外部リンク編集