メインメニューを開く

竹内 栖鳳(たけうち せいほう、1864年12月20日元治元年11月22日) - 1942年昭和17年)8月23日)は、戦前日本画家。近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前の京都画壇を代表する大家である。帝室技芸員。第1回文化勲章受章者。

竹内 栖鳳
Takeuchi Seiho.jpg
生誕 1864年12月20日
京都府京都市中京区
死没 (1942-08-23) 1942年8月23日(77歳没)
神奈川県足柄下郡湯河原町
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 日本画
代表作 『班猫』(1924)、『絵になる最初』(1913)
運動・動向 京都画壇
受賞 文化勲章
1937年
レジオンドヌール勲章
1924年
選出 帝室技芸員帝国美術院
この人物に影響を
与えた芸術家
幸野楳嶺
この人物に影響を
受けた芸術家
上村松園小野竹喬ほか多数
栖鳳筆 アレ夕立に 絹本着色 第3回文展 高島屋史料館 1909年

本名は恒吉。最初は棲鳳と号した。霞中庵の号もある[1]。動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。

画歴編集

京都府京都市中京区御池通油小路の川魚料理屋「亀政」の一人息子[2]1877年(明治10年)に四条派の土田英林に絵を習い始めるが、1881年(明治14年)の17歳の時に同派の名手として知られた円山・四条派幸野楳嶺の私塾へ正式に入門する。この頃から頭角を現し、翌年には私塾の工芸長となり、「楳嶺四天王」(栖鳳と都路華香谷口香嶠菊池芳文の高弟4名を指す)の筆頭と呼ばれるようになる。

1887年(明治20年)、23歳の時に結婚し、これを機に絵師として独立する。同年、京都府画学校(現:京都市立芸術大学)修了。1889年(明治22年)には京都府画学校に出仕し、京都の若手画家の先鋭として名をあげてゆく。新古美術会や日本絵画協会などに出品する。 1891年(明治24年)、山元春挙菊池芳文らと青年画家懇親会を興す。1893年(明治26年)、シカゴ万博に出品[3]。1899年(明治32年)、京都市立美術工芸学校の教諭に推挙された。

1900年(明治33年)、36歳の時に、パリ万博で『雪中燥雀』が銀牌を受け、視察をきっかけとして7か月かけてヨーロッパを旅行し、ターナーコローなどから強い影響を受けた。帰国後、西洋の「西」にちなんで号を栖鳳と改めた[4]

1907年(明治40年)、文展開設とともに審査員となり、以後1918年(大正7年)まで歴任した[5]帝展(現日展)審査員にもなり、1913年(大正2年)12月18日に「帝室技芸員」に推挙[6]されることで、名実共に京都画壇の筆頭としての地位を確立した。1919年(大正8年)、帝国美術院会員となる。また、1909年(明治42年)、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)開設とともに教授に就任し、1924年(大正13年)まで務めた。1924年(大正13年)にフランスレジオンドヌール勲章1931年(昭和6年)にハンガリー最高美術賞およびドイツゲーテ名誉賞、そして1937年(昭和12年)に第1回文化勲章を受けた[7]

昭和に入っての戦時下では軍部に協力の姿勢をとっていたものの、敗戦前に、神奈川県足柄下郡湯河原町の天野屋旅館別荘で病気療養中の折、肺炎のため亡くなった[8]

評論家の竹内逸は息子にあたる。

画業編集

その画風は四条派を基礎としているが、狩野派の他に西洋の写実画法などを意欲的に取り入れており、革新的な画風を示すことで日本画の革新運動の一翼を担った。時として守旧派からは「鵺派」と呼ばれて揶揄されたが、大画面を破綻なくまとめる確実な技量のみならず、その筆法には悠然たる迫力を備えており、近代を代表する大家であることは異論が無い。

終始官展にとどまり在野の横山大観と画壇の双璧をなし「西の栖鳳、東の大観」と称された。また弟子の育成にも力を入れ、画塾「竹杖会」を主宰。上村松園西山翠嶂をはじめ、西村五雲伊藤小坡土田麦僊小野竹喬池田遙邨橋本関雪徳岡神泉吉岡華堂ら、京都画壇の大半を送り出した。

竹杖会編集

個人美術館編集

主な作品編集

 
『班猫(はんびょう)』 1924年(大正13年) 栖鳳が沼津に滞在していた際、八百屋の店先で猫を見て「そうだ、猫を書こう」と思い立ったという。そして八百屋のおかみと交渉して猫を譲り受け、画室に自由に遊ばせながら丹念に観察して作品に仕上げた。

主要な弟子編集

上村松園(1875 - 1949)、西村五雲(1877 - 1938)、伊藤小坡(1877-1968)、西山翠嶂(1879 - 1958)、三木翠山(1883 - 1957)、石崎光瑤(1884 - 1947)、土田麦僊(1887 - 1936)、橋本関雪(1883 - 1945)、 小野竹喬(1889 - 1979)、山下摩起(1890 - 1973)、池田遙邨(1895 - 1988)、徳岡神泉(1896 - 1972)、 山口華楊(1899 - 1984)

参考文献編集

  • 平野重光(監)/中村麗子(著)/吉中充代(著)『もっと知りたい 竹内栖鳳 - 生涯と作品』東京美術、2013年。ISBN 978-4-8087-0958-7
  • 廣田孝(監)『竹内栖鳳 - 近代京都画壇の大家/別冊太陽 日本のこころ 211』平凡社、2013年。ISBN 978-4-582-92211-0

脚注編集

  1. ^ 思文閣 美術人名辞典. “竹内栖鳳”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ 竹内栖鳳とは(1)京都ゆかりの作家
  3. ^ 日外アソシエーツ 20世紀日本人名事典. “竹内 栖鳳”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 日外アソシエーツ 20世紀日本人名事典. “竹内 栖鳳”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  5. ^ 二階堂充/小学館 日本大百科全書(ニッポニカ). “竹内栖鳳”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  6. ^ 『官報』第419号、大正2年12月19日。
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “竹内栖鳳”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  8. ^ 竹内栖鳳”. 東文研アーカイブデータベース. 2017年12月11日閲覧。
  9. ^ 羅馬之図 文化遺産オンライン
  10. ^ 雨霽(あまばれ) 文化遺産オンライン
  11. ^ 飼われたる猿と兎 文化遺産オンライン
  12. ^ 作品紹介 - 山種美術館

外部リンク編集