メインメニューを開く

竹清 剛治(たけきよ こうじ、1974年11月22日 - )は、大阪府高槻市出身の元プロ野球選手投手)。

竹清 剛治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 (1974-11-22) 1974年11月22日(44歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 NPB/1997年4月10日
CBL/2006年
CPBL/2006年8月4日
最終出場 NPB/2000年10月7日
CBL/2006年
CPBL/2006年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中国ホープスターズ (2006)

目次

来歴・人物編集

平安高から三菱自動車京都を経て、1996年のドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから2位指名を受け入団。

プロでは即戦力の投手として期待されていたが、1年目から大きく負け越し。さらに当時のチーム事情から使い方が一定せずに成績も大きく伸び悩み、最後の2年間は右肩の故障・手術により一軍登板がなかった。

2002年のシーズンを最後にロッテを退団し、一度引退。ロッテ退団後は神奈川県の会社に入社。会社の草野球チームで軟式野球の全国大会「高松宮賜杯」で優勝。

2006年、ロッテと提携する中国の中国ホープスターズに投手兼任コーチとして原井和也とともに入団し、中国野球リーグにおける日本人初勝利投手となる。同年7月には台湾の興農ブルズにテスト入団し、2勝2敗の成績を残した。

私生活では、2000年にタレント・レースクイーンの沢木涼子と結婚したが、後に離婚。

興農ブルズ退団後は都内で会社代表を務めている[1]

エピソード編集

引退後の2003年6月15日、全国身体障害者野球大会を採り上げた神戸新聞朝刊社会面の『元プロ野球選手-白球夢再び』に元ロッテの竹清と名乗る人物が取材を受け、「引退後、大分市の機械メーカーに就職したが、二年前、ミニバイクで帰宅途中、車に衝突され道路脇のがけ下に転落し重傷。 右腕に残った障害は仕事にも影響した」との記事が写真付で載った。しかし、記事に記載されていた出身高校名や通算記録は本人のそれと合致していたものの、下の名前、出身地、年齢、大学名(本人は大学出身ではない)が本人のそれと異なり、近鉄に在籍したこともあるという虚偽の事実も載っており、さらに紙面に載っていた写真も本人と似ても似つかぬものであった。6月17日、神戸新聞は、記事に登場した人物が嘘の供述をし、新聞社側も事実の確認を怠っていたとしてお詫び文を掲載した。

もっとも、同日(2003年6月15日)の読売新聞大阪朝刊スポーツ面では、やはり同じ竹清姓のこの人物(32歳)が採り上げられており、そこでは「在阪球団などのテスト生を5年間経験」という内容で載っている。日本のプロ野球では練習生制度がその12年前に廃止されており、このテスト生が何を意味するかは不明。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1997 ロッテ 23 14 0 0 0 3 10 0 -- .231 432 95.0 101 15 54 2 4 57 4 0 64 61 5.78 1.63
1998 20 0 0 0 0 1 3 0 -- .250 153 35.0 32 4 16 0 2 23 0 0 15 14 3.60 1.37
1999 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 2.2 1 0 3 0 1 0 1 0 1 0 0.00 1.50
2000 44 5 0 0 0 2 4 0 -- .333 324 74.2 70 8 34 0 3 39 6 0 41 39 4.70 1.39
2006 興農 11 6 0 0 0 2 2 0 -- .500 185 44.2 43 3 10 0 4 19 0 0 19 18 3.63 1.19
NPB:4年 90 19 0 0 0 6 17 0 -- .261 923 207.1 204 27 107 2 10 119 11 0 121 114 4.95 1.50
CPBL:1年 11 6 0 0 0 2 2 0 -- .500 185 44.2 43 3 10 0 4 19 0 0 19 18 3.63 1.19

記録編集

NPB

背番号編集

  • 11 (1997年 - 2002年)
  • 58 (2006年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集