メインメニューを開く

第一稀元素化学工業株式会社(だいいちきげんそかがくこうぎょう)は、大阪府大阪市中央区北浜に本社を置く[1]自動車排気ガス浄化三元スリーウェイカタリシス触媒燃料電池向けなどのジルコニウム化合物メーカーである。

第一稀元素化学工業株式会社
DAIICHI KIGENSO KAGAKU KOGYO CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
559-0025
大阪府大阪市中央区北浜四丁目4番9号
設立 1956年5月21日
業種 化学
法人番号 8120001031181
事業内容 化学工業製品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 井上剛
資本金 7億8710万円
発行済株式総数 2440万株
売上高 連結:255億3782万9000円
単体:251億3115万9000円
(2018年3月期)
経常利益 連結:43億5573万6000円
単体:45億9126万5000円
(2018年3月期)
純利益 連結:29億7197万9000円
単体:31億2547万7000円
(2018年3月期)
純資産 連結:246億9716万4000円
単体:249億7013万5000円
(2018年3月期)
総資産 連結:357億624万4000円
単体:349億2652万3000円
(2018年3月期)
従業員数 連結:397人,単体323人
(2018年3月)
決算期 3月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
所有者 第一稀元素化学工業株式会社
主要株主 國部克彦(6.12%)
HSBC-FUND SERVICES CLIENTS A/C 500(5.99%)
外部リンク www.dkkk.co.jp
テンプレートを表示

ジルコニウム化合物を原料として自動車排気ガス浄化三元スリーウェイカタリシス触媒、酸素センサーブレーキなどが作られていて、国内の自動車メーカーの酸素センサーについてはほぼ独占供給をしている。 今流行の電気自動車にも使用されるリチウムイオン電池の材料についても研究していることが株主向けの説明会で明らかとなった。

また、ペロブスカイト関連化合物の研究を行っていることからノーベル賞関連銘柄として株価が高騰した。

東証の第1部に念願の上場を果たした。

目次

事業所編集

沿革編集

脚注編集

  1. ^ 本店移転に関するお知らせ (PDF)”. 第一稀元素化学工業株式会社 (2019年3月14日). 2019年5月5日閲覧。
  2. ^ 東京証券取引所市場第一部指定に関するお知らせ第一稀元素化学工業 2018年6月11日

外部リンク編集