メインメニューを開く

大高 洋夫(おおたか ひろお、1959年6月27日 - )は、日本俳優新潟県長岡市出身。鴻上尚史主宰の「第三舞台」の旗揚げメンバー。イイジマルーム所属。早稲田大学社会科学部を卒業。[1]

大高 洋夫
おおたか ひろお
生年月日 (1959-06-27) 1959年6月27日(59歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県長岡市
民族 日本人
身長 170cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1982年 -
事務所 イイジマルーム
主な作品
テレビドラマ
奇妙な出来事
子供、ほしいね
轟轟戦隊ボウケンジャー
バラエティー番組など
IQエンジン
たほいや
舞台
第三舞台各作品

目次

人物・経歴編集

大学入学後、演劇研究会に入会。3年生になった1981年、鴻上を中心に岩谷真哉、名越寿昭らと「第三舞台」を旗揚げする[2](大学卒業後、一時はテレビ製作会社に勤務するがすぐに退社して復帰、活動封印する2001年まで若手公演以外のほぼ全公演に出演[1])。

舞台での活動の傍ら、1980年代後半から1990年代前半に『奇妙な出来事』『IQエンジン』『子供、ほしいね』など、フジテレビの深夜番組に相次いで出演したことで顔が知られる。

劇団俳優座、劇団こまつ座などへも客演している。第三舞台が2011年までの活動封印を宣言して以降は、それらに加え鴻上のプロジェクト・KOKAMI@networkにも参加。鴻上の映画初監督作品『ジュリエット・ゲーム』にも出演し、第三舞台封印後の各種プロジェクトでも起用されている。

2006年からは『轟轟戦隊ボウケンジャー』で敵の大幹部・大神官ガジャ役を演じた。

2006年、サードステージからイイジマルームへ移籍。

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ編集

TBS編集

フジテレビ編集

テレビ朝日編集

テレビ東京編集

WOWOW編集

バラエティー番組編集

紀行編集

NHK BShiNHK BSプレミアム世界一番紀行』 (大高出演時のナレーターは小野文恵

映画編集

Vシネマ編集

舞台編集

※第三舞台、鴻上のプロジェクト以外の客演のみ挙げる

ラジオ編集

ビデオ編集

  • GAMERS(1988年 大陸書房) - ミスターO(デリバリー大高)、ナレーション

CM編集

脚注編集

外部リンク編集