池田 成志(いけだ なるし、1962年9月27日 - )は、日本俳優吉住モータース所属。元第三舞台,山の手事情社所属。血液型O型、身長173cm。既婚。

いけだ なるし
池田 成志
生年月日 (1962-09-27) 1962年9月27日(61歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県大野城市
身長 173cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1982年 -
配偶者 既婚
事務所 吉住モータース
公式サイト 所属事務所による公式サイト
テンプレートを表示

福岡県大野城市出身。福岡県立筑紫丘高等学校を経て、早稲田大学第二文学部に進学[1]

来歴・人物 編集

1982年、第三舞台に参加し俳優活動を開始[1]劇団山の手事情社の設立に携わり、その後独立。現在では精力的な舞台出演の傍ら、演出家として舞台の演出もこなす。

つかこうへい三谷幸喜デヴィッド・ルヴォー英語版宮藤官九郎いのうえひでのり長塚圭史前川知大ら、様々な舞台作家・演出家の作品に出演し、信頼と評価を得ている[1]

2013年、イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』および、NODA・MAP「MIWA」での演技が高く評価され、第48回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞[1]

2017年、急逝した平幹二朗の代役として、舞台『死の舞踏』で主演を務める[2]

受賞歴 編集

出演 編集

舞台 編集

  • 新人公演「それからの夢を見た日」(1982年)[4]
  • 第三舞台 第4回公演「電気羊はカーニバルの口笛を吹く」(1982年)[5]
  • 第三舞台 第6回公演「リレイヤー」(1983年)[6]
  • 山の手事情社「Bombay Blood 覚書」※作も(1984年)[7]
  • 第三舞台 第10回公演「モダン・ホラー」(1984年) 
  • 山の手事情社「縦横無塵」(1984年)[8]
  • 第三舞台 第11回公演「朝日のような夕日をつれて'85」(1985年)[9]
  • 山の手事情社「DECAMERON」(1985年)[10]
  • 山の手事情社「神無月のころ」※演出も(1985年)[11]
  • 大/早稲田攻社 「ユーモレスク」(1986年)
  • 山の手事情社「PaRT2」(1986年)[12]
  • 大/早稲田攻社「ラベルス」(1986年)
  • 山の手事情社「メロドラマティック」※作も(1986年)[13]
  • 山の手事情社「DECAMERON」再演(1987年)[14]
  • 山の手事情社「銀座線」(1987年)[15]
  • ZAZOUS THEATER「モノクローム・ビュー」(1987年)
  • 山の手事情社「神無月のころ」再演(1987年)[16]
  • 山の手事情社「象のフン」(1988年)[17]
  • サードステージ・プロデュース「大恋愛」(1988年)[18]
  • 山の手事情社「PaRT-2 改訂版」(1988年)[19]
  • ZAZOUS THEATER「NORD<北へ」(1988年)
  • 山の手事情社「ゆるやかなトンビリラロの身だしなみ」(1989年)[20]
  • ZAZOUS THEATER「スリランカーナ」(1989年)
  • サードステージ・プロデュース「真夏の夜の夢」(1989年)[21]
  • 山の手事情社「風通しのよいカメレオンレポート~季節が変わるように、俳優修行。~」(1989年)[22]
  • ペーパーカンパニープロデュース「広島に原爆を落とす日」(1989年)
  • 山の手事情社「ストーブ・プレイ」(1990年)[23]
  • 劇団☆新感線 いのうえひでのり30周年記念作品「宇宙防衛軍ヒデマロⅤ~完結篇~」(1990年)[24]
  • ミュージカル「マランドロ」(1990年)
  • フラワーズカンパニー「○×式ゴドーを待ちながら」(1990年)[25]
  • FON千円シアター「熱海殺人事件 永すぎた春」全国10ヶ所(1991年)[26]
  • 第三舞台 第25回公演「ハッシャ・バイ<'90年代版>」(1991年)[27]
  • サードステージ・プロデュースVOL.5 サントリー株式会社提携公演「VAMP SHOW」(1992年)[28]
  • つかこうへい事務所「熱海殺人事件~ザ・ロンゲスト・スプリング~」(1992年)[29]
  • R・U・Pプロデュース 池田成志座長公演「坊主百景 花のお江戸の法界坊」※演出も(1992年)[30]
  • 東宝野田秀樹の真夏の夜の夢」(1992年)
  • つかこうへい事務所・シアターX 特別公演「熱海殺人事件・エンドレス 勝ち抜き演劇合戦」(1993年)
  • 第三舞台 第27回公演「スナフキンの手紙」(1994年)[31]
  • サードステージ・プロデュース「祈る女」(1995年)[32]
  • 銀座セゾン劇場「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部、第二部」(1995年)[33]
  • 銀座セゾン劇場「マクベス」(1996年)[34]
  • ファザーズ・プロデュース+シアタートップス提携公演「悪霊~下女の恋」(1997年)[35]
  • R・U・Pプロデュース「雨かしら」(1998年)[36]
  • 音楽劇「ブッダ」(1998年)[37]
  • 細川展裕プロデュース「象」(1998年)[38]
  • 花組芝居「怪誕 身毒丸」 ※日替わりゲスト(1998年)
  • 劇団☆新感線 INOUEKABUKI HORIMIX「PSY U CHIC―西遊記~仮名絵本西遊記より~」(1999年)[39]
  • 月影十番勝負第五番「僕の美しい人だから」(1999年)[40]
  • 劇団☆新感線 1999年夏休み前劇団☆新感線チャンピオン祭り「直撃!ドラゴンロック2・轟天大逆転~九龍城のマムシ」(1999年)[41]
  • 東宝「夢見るおんなたち」(1999年)
  • ナイロン100℃「テクノ・ベイビー アルジャーノン第二の冒険」(1999年)[42]
  • ホリプロ「奇跡の人」(2000年)[43]
  • 劇団☆新感線 20th Anniversary 豊年漫作チャンピオン祭り・秋味R「古田新太之丞・東海道五十三次地獄旅~踊れ!いんど屋敷~」(2000年)[44]
  • パルコ劇場「ラ・テラス La TERRASSE」(2001年)[45]
  • パルコ劇場「Vamp Show」※演出のみ(2001年)[46]
  • 第三舞台20周年記念&10年間封印公演「ファントム・ペイン」(2001年)[47]
  • 2001年冬休み前劇団☆新感線チャンピオン祭り「直撃!ドラゴンロック3 轟天 対 エイリアン」(2001年)[48]
  • 日本劇団協議会10周年記念公演「天保十二年のシェイクスピア」(2002年)[49]
  • PARCO RICOMOTION PRESENTS「ダブリンの鐘つきカビ人間」(2002年)[50]
  • 月影十番勝負第七番「愛の嵐」RUP ※演出も(2002年)[51]
  • 加藤健一事務所「劇評」(2002年)[52]
  • サードステージSHOWCASE「今度は愛妻家」(2002年)[53]
  • G2プロデュース×3軒茶屋婦人会「ヴァニティーズ」※声の出演(2003年)
  • 東宝 ミュージカル「ジキルとハイド」(2003年)[54]
  • 劇団☆新感線 新感線G.T.B.W「花の紅天狗」(2003年)[55]
  • フコク生命ミュージカル「シンデレラ・ストーリー」(2003年)[56]
  • 劇団☆新感線2003年ゆく年くる年チャンピオン祭り「レッツゴー!忍法帖」(2003年)[57]
  • 阿佐ヶ谷スパイダース「はたらくおとこ」(2004年)[58]
  • ねずみの三銃士「鈍獣」(2004年)[59]
  • 劇団☆新感線 SHINKANSEN☆RX「SHIROH」(2004年)[60]
  • パルコ+サードステージ Presents「お父さんの恋」(2005年)[61]
  • ミュージカル「シンデレラ・ストーリー」再演(2005年)[62]
  • PARCO RICOMOTION PRESENTS「ダブリンの鐘つきカビ人間」再演(2005年)[63]
  • 月影十番勝負第十番 THE FINAL SASORIIX「約yakusoku束」※演出も(2006年)[64]
  • 志村けん一座旗揚げ公演「志村魂」(2006年)[65]
  • テレビ朝日主催/アトリエ・ダンカン企画製作ミュージカル「OUR HOUSE」(2006年)[66]
  • PARCO東宝 ミュージカル「GOLF THE MUSICAL」(2006年)[67]
  • 「みんな昔はリーだった~EXIT FROM THE DRAGON~」(2006年)[68]
  • PARCO劇場「新」スタンダードシリーズ「トーチソングトリロジー」※声の出演(2006年)[69]
  • 大人計画「ドブの輝き」(2007年)[70]
  • 劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り「犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕介之介の事件です。ノート」(2007年)[71]
  • PARCO PRESENTS ミュージカル「テイクフライト」(2007年)[72]
  • PARCO PRESENTS「49日後…」(2008年)[73]
  • PARCO劇場ドラマリーディング・シリーズ Vol.2「不器用な人々」(2008年)[74]
  • 大人計画 ウーマンリブ vol.11「七人は僕の恋人」(2008年)[75]
  • PARCO PRODUCE 「恐竜と隣人のポルカ」※声の出演(2008年)[76]
  • 舞台「鉄人28号」(2009年)[77]
  • なんば新歌舞伎座さよなら公演「その男」(2009年)[78]
  • 「奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話」(2009年)[79]
  • ねずみの三銃士「印獣」(2009年)[80]
  • 落語会「落語初心者、大歓迎!」寄席(2009年)[81]
  • PARCO PRESENTS「博覧會~世界は二人のために~」※演出も(2010年)[82]
  • 劇団☆新感線30周年興行【秋】豊年漫作チャンピオンまつり「鋼鉄番長」(2010年)[83]
  • 三田佳子50周年特別公演スペシャル・コンサート「私の中のピアフ~いいえ、私は後悔しない~」(2011年)[84]
  • 真心一座身も心もザ・ファイナル「流れ姉妹たつことかつこ-エンド・オブ・バイオレンス-」(2011年)[85]
  • 現代能楽集VI「奇ッ怪 其ノ弐」(2011年)[86]
  • rakugoオルタナティブvol.1「落語の中の女」(2011年)[87]
  • ミュージカル「モンティ・パイソンスパマロット」(2011年)[88]
  • PARCO PRODUCTION「猟銃」※声の出演(2011年)[89]
  • 第三舞台 封印解除&解散公演「深呼吸する惑星」※映像の出演(2011年)
  • NODA・MAP 番外公演「THE BEE」Japan Tour(2012年)[90]
  • 劇団500歳の会「いつか見た男達~ジェネシス~」(2012年)[91]
  • トム・プロジェクトプロデュース「満月の人よ」(2012年)[92]
  • シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ2012「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」KERA version(2012年)[93]
  • イキウメ「獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)」(2012年)[94]
  • NODA・MAP第18回公演「MIWA」(2013年)[95]
  • ねずみの三銃士「万獣こわい」(2013年)[96]
  • 山内圭哉の暗黒大紀行その伍〜バンコクからチェンマイ編〜 ゲスト(2013年)[97]
  • ジョンソン&ジャクソン「窓に映るエレジー」(2014年)[98]
  • THE SHAMPOO HAT「風の吹く夢」(2014年)[99]
  • M&Oplays プロデュース「水の戯れ」(2014年)[100]
  • ミュージカル「モンティ・パイソンSPAMALOT featuring SPAM(R)」再演(2014年)[101]
  • 劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオン祭り「五右衛門VS轟天」(2015年)[102]
  • シアターコクーンオンレパートリー「大逆走」(2015年)[103]
  • NODA・MAP 第20回公演「逆鱗」(2015年)[104]
  • 大野城まどかぴあプロデュース「浮足町アンダーグラウンド」(2016年)[105]
  • 阿佐ヶ谷スパイダース「はたらくおとこ」再演(2016年)[106]
  • シス・カンパニー「死の舞踏」(2017年)[107]
  • ONWARD presents劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season 鳥」(2017年)[108]
  • リーディングドラマ「シスター」(2017年)[109]
  • シス・カンパニー近松心中物語」(2018年)[110]
  • シス・カンパニーヘッダ・ガブラー」(2018年)[111]
  • NODA・MAP 第22回公演「贋作 桜の森の満開の下」(2018年)[112]
  • 「帰郷」(2019年)[113]
  • 「家族のはなし PARTⅠ」(2019年)[114]
  • 劇団☆新感線39興行・夏秋公演「けむりの軍団」(2019年)[115]
  • ねずみの三銃士「獣道一直線!!!」(2020年)[116]
  • COCOON PRODUCTION 2021 DISCOVER WORLD THEATRE vol.10「夜への長い旅路」(2021年)[117]
  • 二兎社 四十周年記念公演「鷗外の怪談」再演(2021年)[118]
  • ホリプロ奇跡の人」(2022年)[119]
  • 音楽劇「歌妖曲〜中川大志之丞変化〜」(2022年)[120][121]
  • PARCO劇場開場50周年記念シリーズ「新ハムレット~太宰治、シェイクスピアを乗っとる!?~」(2023年)[122]
  • 劇団☆新感線43周年興行・秋公演 いのうえ歌舞伎「天號星」(2023年)[123]
  • 中村仲蔵 〜歌舞伎王国 下剋上異聞〜(2024年)[124]

テレビドラマ 編集

映画 編集

オリジナルビデオ 編集

ネット配信 編集

CM 編集

テレビアニメ 編集

劇場アニメ 編集

ゲーム 編集

映像作品 編集

  • 演劇講座、対談、「山の手事情社・変化の果て」(2002年)[136]
  • ロックドリルの世界 〜地底世界の超機械巨神〜(2009年) - ナレーション
  • 岐阜県瑞浪市のシティプロモーション短編映画「奇跡の化石」(2023年)[137]

舞台演出 編集

  • ヴァンプ・ショウ(1992年、2001年)
  • 愛の嵐(2002年)
  • SASORIIX 約束(2006年)
  • 49日後…(2008年)
  • 博覧會〜世界は二人のために〜(2010年)

監督作品 編集

映画 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d 池田成志 プロフィール|吉住モータース
  2. ^ “他界した平幹二朗さん主役予定の舞台代役に池田成志”. 日刊スポーツ. (2016年11月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1734634.html 2016年11月7日閲覧。 
  3. ^ 第48回紀伊國屋演劇賞贈呈式レポート : 観劇予報”. 2021年12月30日閲覧。
  4. ^ 大隈裏:1967-1989 早大演劇研究会と舞台美術研究会の22年”. 2022年1月11日閲覧。
  5. ^ 電気羊はカーニバルの口笛を吹く”. 2021年12月30日閲覧。
  6. ^ リレイヤー”. 2021年12月30日閲覧。
  7. ^ チラシギャラリー 1984年 Bombay Blood 覚書”. 2021年12月30日閲覧。
  8. ^ チラシギャラリー 1984年 縦横無塵”. 2021年12月30日閲覧。
  9. ^ 朝日のような夕日をつれて'85”. 2021年12月30日閲覧。
  10. ^ チラシギャラリー 1985年 DECAMERON”. 2021年12月30日閲覧。
  11. ^ チラシギャラリー 1985年 神奈月のころ”. 2021年12月30日閲覧。
  12. ^ チラシギャラリー 1986年 PaRT2”. 2021年12月30日閲覧。
  13. ^ チラシギャラリー 1986年 メロドラマティック”. 2021年12月30日閲覧。
  14. ^ チラシギャラリー 1987年 DECAMERON(再演)”. 2021年12月30日閲覧。
  15. ^ チラシギャラリー 1987年 銀座線”. 2021年12月30日閲覧。
  16. ^ チラシギャラリー 1987年 神神無月の頃(再演)”. 2021年12月30日閲覧。
  17. ^ チラシギャラリー 1988年 象のフン”. 2021年12月30日閲覧。
  18. ^ サードステージ・プロデュース公演”. 2021年12月30日閲覧。
  19. ^ チラシギャラリー 1988年 PaRT-2 改訂版”. 2021年12月30日閲覧。
  20. ^ チラシギャラリー 1989年 ゆるやかなトンビリラロの身だしなみ”. 2021年12月30日閲覧。
  21. ^ サードステージ・プロデュース公演”. 2021年12月30日閲覧。
  22. ^ チラシギャラリー 1989年 風通しのよいカメレオンレポート~季節が変わるように、俳優修行。~”. 2021年12月30日閲覧。
  23. ^ 早稲田大学文化資源データベース AV資料データベース 1990年 劇団山の手事情社「ストーブ・プレイ」”. 2022年5月6日閲覧。
  24. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 宇宙防衛軍ヒデマロⅤ~完結篇~”. 2021年12月30日閲覧。
  25. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  26. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  27. ^ ハッシャ・バイ”. 2021年12月30日閲覧。
  28. ^ サードステージ・プロデュース公演”. 2021年12月30日閲覧。
  29. ^ History”. 2021年12月30日閲覧。
  30. ^ History”. 2021年12月30日閲覧。
  31. ^ スナフキンの手紙”. 2021年12月30日閲覧。
  32. ^ サードステージ・プロデュース公演”. 2021年12月30日閲覧。
  33. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  34. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  35. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  36. ^ History”. 2021年12月30日閲覧。
  37. ^ 新国立劇場 音楽劇 ブッダ”. 2021年12月30日閲覧。
  38. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  39. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド PSY U CHIC―西遊記~仮名絵本西遊記より~”. 2021年12月30日閲覧。
  40. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  41. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 直撃!ドラゴンロック2・轟天大逆転~九龍城のマムシ”. 2021年12月30日閲覧。
  42. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  43. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  44. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 古田新太之丞・東海道五十三次地獄旅~踊れ!いんど屋敷~」”. 2021年12月30日閲覧。
  45. ^ パルコ劇場/ラ・テラス”. 2021年12月30日閲覧。
  46. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  47. ^ thirdstage.com”. 2021年12月30日閲覧。
  48. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 直撃!ドラゴンロック3 轟天 対 エイリアン”. 2021年12月30日閲覧。
  49. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  50. ^ ダブリンの鐘つきカビ人間”. 2021年12月30日閲覧。
  51. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  52. ^ 上演リスト⑤”. 2021年12月30日閲覧。
  53. ^ サードステージ・プロデュース公演”. 2021年12月30日閲覧。
  54. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  55. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 花の紅天狗”. 2021年12月30日閲覧。
  56. ^ Play / シンデレラストーリー”. 2021年12月30日閲覧。
  57. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド レッツゴー!忍法帖”. 2021年12月30日閲覧。
  58. ^ 2004年以来の再演!阿佐ヶ谷スパイダースの傑作『はたらくおとこ』開幕レポート│エンタステージ”. 2021年12月30日閲覧。
  59. ^ 鈍獣”. 2021年12月30日閲覧。
  60. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド SHIROH”. 2021年12月30日閲覧。
  61. ^ サードステージ・プロデュース公演”. 2021年12月30日閲覧。
  62. ^ @nifty:シアターフォーラム:新メンバーでパワーアップ! 『シンデレラストーリー』公開リハーサル”. 2021年12月30日閲覧。
  63. ^ ダブリンの鐘つきカビ人間”. 2021年12月30日閲覧。
  64. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  65. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  66. ^ OUR HOUSE”. 2021年12月30日閲覧。
  67. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  68. ^ みんな昔はリーだった”. 2021年12月30日閲覧。
  69. ^ トーチソングトリロジー”. 2022年6月22日閲覧。
  70. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  71. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕介之介の事件です。ノート”. 2021年12月30日閲覧。
  72. ^ パルコ劇場 新作ミュージカル テイクフライト”. 2021年12月30日閲覧。
  73. ^ 49日後…”. 2021年12月30日閲覧。
  74. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  75. ^ 吉住モータース:池田成志”. 2021年12月30日閲覧。
  76. ^ 恐竜と隣人のポルカ”. 2021年12月30日閲覧。
  77. ^ 押井守が「鉄人28号」で舞台演出に初挑戦!15歳の金田少年は南果歩 : 映画ニュース - 映画.com”. 2021年12月30日閲覧。
  78. ^ なんば新歌舞伎座が閉館”. 2021年12月30日閲覧。
  79. ^ 「奇ッ怪?小泉八雲から聞いた話」公演日記”. 2021年12月30日閲覧。
  80. ^ 印獣”. 2021年12月30日閲覧。
  81. ^ ikeda180319”. 2021年12月30日閲覧。
  82. ^ 博覧會 ~世界は二人のために~”. 2021年12月30日閲覧。
  83. ^ 劇団☆新感線 ステージガイド 剛鉄番長”. 2021年12月30日閲覧。
  84. ^ 三田佳子、待望の初孫誕生で“気力回復” 芸歴50年新ステージに挑戦”. 2021年12月30日閲覧。
  85. ^ 古田新太、池田成志が散らす笑いの火花。噂の演ユニット“真心一座身も心も””. 2021年12月30日閲覧。
  86. ^ 現代能楽集Ⅵ 『奇ッ怪 其ノ弐』”. 2021年12月30日閲覧。
  87. ^ ぴあ主催 落語の新シリーズイベント第一弾「落語の中の女」 チケットは4/16より発売|ぴあ株式会社”. 2021年12月30日閲覧。
  88. ^ ミュージカル「モンティ・パイソンのスパマロット」日本版初演”. 2021年12月30日閲覧。
  89. ^ 猟銃”. 2021年12月30日閲覧。
  90. ^ THE BEE ワールドツアー&ジャパンツアー - ニュース - 野田地図”. 2021年12月30日閲覧。
  91. ^ 500歳の会『いつか見た男達 〜ジェネシス〜』”. 2021年12月30日閲覧。
  92. ^ 満月の人よ - 演劇 - Tom Project”. 2021年12月30日閲覧。
  93. ^ シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ 祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~”. 2021年12月30日閲覧。
  94. ^ イキウメWeb”. 2021年12月30日閲覧。
  95. ^ MIWA - 公演情報 - 野田地図”. 2021年12月30日閲覧。
  96. ^ 万獣こわい PARCO STAGE -パルコステージ-”. 2021年12月30日閲覧。
  97. ^ ikeda180319”. 2021年12月30日閲覧。
  98. ^ 大倉孝二の新ユニットによる脱力ナンセンスコメディ”. 2021年12月30日閲覧。
  99. ^ THE SHAMPOO HAT、次回作は『風の吹く夢』│エンタステージ”. 2021年12月30日閲覧。
  100. ^ M&Oplaysプロデュース『水の戯れ』”. 2021年12月30日閲覧。
  101. ^ ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT featuring SPAM(R)』公式ホームページ”. 2021年12月30日閲覧。
  102. ^ 『五右衛門vs轟天』公式|スマホトップ”. 2021年12月30日閲覧。
  103. ^ 第逆走”. 2021年12月30日閲覧。
  104. ^ 逆鱗”. 2021年12月30日閲覧。
  105. ^ まどかぴあ舞台創造プログラム プロデュース公演「浮足町アンダーグラウンド」 - ホーム”. 2021年12月30日閲覧。
  106. ^ 阿佐ヶ谷スパイダース『はたらくおとこ』12年ぶりの再演が開幕! 芝居好き垂涎の個性派俳優が勢揃いで熱演、怪演”. 2021年12月30日閲覧。
  107. ^ シス・カンパニー公演 「令嬢ジュリー」/「死の舞踏」”. 2021年12月30日閲覧。
  108. ^ 『髑髏城の七人 Season鳥』|TBSテレビ:IHI STAGE AROUND TOKYO”. 2021年12月30日閲覧。
  109. ^ SISTERリーディングドラマ”. 2021年12月30日閲覧。
  110. ^ SIS company inc. Web / produce / シス・カンパニー公演 近松心中物語”. 2021年12月30日閲覧。
  111. ^ SIS company inc. Web / produce / シス・カンパニー公演 ヘッダ・ガブラー”. 2021年12月30日閲覧。
  112. ^ 贋作 桜の森の満開の下”. 2021年12月30日閲覧。
  113. ^ 「帰郷」公式ホームページ | 2019年1月~2月 東京・福岡 | チケット情報や作品の見どころなど”. 2021年12月30日閲覧。
  114. ^ 舞台「家族のはなし PARTⅠ」草彅剛、小西真奈美さん、池田成志さんと微笑みいっぱいの公開稽古&囲み取材行われる”. 2021年12月30日閲覧。
  115. ^ けむりの軍団|劇団☆新感線公式”. 2021年12月30日閲覧。
  116. ^ 獣道一直線!!!”. 2021年12月30日閲覧。
  117. ^ 夜への長い旅路”. 2021年12月30日閲覧。
  118. ^ 二兎社四十周年記念公演”. 2021年12月30日閲覧。
  119. ^ 『奇跡の人』”. 2022年5月20日閲覧。
  120. ^ “中川大志が“リチャード三世”モデルの主人公に、三銃士企画第2弾「歌妖曲」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年5月26日). https://natalie.mu/stage/news/478980 2022年5月26日閲覧。 
  121. ^ 舞台『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』公式サイト > あらすじと相関図”. 舞台『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』公式サイト (2022年5月26日). 2022年5月26日閲覧。
  122. ^ 新ハムレット”. 2023年6月7日閲覧。
  123. ^ “劇団☆新感線「天號星」ライブビューイング決定、全国約120館の映画館で”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年9月20日). https://natalie.mu/stage/news/541704 2023年9月20日閲覧。 
  124. ^ “藤原竜也主演「中村仲蔵」追加キャストに市原隼人・高嶋政宏ら、メインビジュアルも公開”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年9月27日). https://natalie.mu/stage/news/542694 2023年9月27日閲覧。 
  125. ^ “窪田正孝が初の刑務官役に、刑務所の闇に迫るWOWOWドラマ3月より放送”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). https://natalie.mu/eiga/news/212324 2016年12月8日閲覧。 
  126. ^ 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS. 2020年3月20日閲覧。
  127. ^ 今ここにある危機とぼくの好感度について - NHK”. NHK. 2022年11月20日閲覧。
  128. ^ 相関図・キャスト|木曜ドラマ『緊急取調室』|テレビ朝日”. テレビ朝日. 2022年11月20日閲覧。
  129. ^ a b “池田成志・豊田裕大『妖怪シェアハウス』続編&映画出演 澪との関係にも注目”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月13日). https://news.mynavi.jp/article/20220213-2271388/ 2022年2月13日閲覧。 
  130. ^ “福士蒼汰主演『弁護士ソドム』メインビジュアル公開 第1話ゲストに秋元才加、前田吟ら”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年4月11日). https://realsound.jp/movie/2023/04/post-1301285.html 2023年4月11日閲覧。 
  131. ^ 悪役パパ|MOVIE WALKER PRESS”. 2022年5月26日閲覧。
  132. ^ “門脇麦、磯村勇斗、尾野真千子ら生田斗真主演『渇水』出演 特報&ティザービジュアルも”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年2月26日). https://realsound.jp/movie/2023/02/post-1267484.html 2023年2月27日閲覧。 
  133. ^ “中島健人の主演映画「おまえの罪を自白しろ」に池田エライザ、山崎育三郎ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年7月24日). https://natalie.mu/eiga/news/533940 2023年7月24日閲覧。 
  134. ^ “『深夜食堂』の“インスタ映え”レシピ本が登場!予約の取れない料理教室・小堀紀代美さんが作る「究極のポテサラ」レシピ大公開”. 美的. (2019年12月21日). https://www.biteki.com/life-style/others/460247 2020年2月24日閲覧。 
  135. ^ Netflix「離婚しようよ」キャスト・あらすじ【まとめ】”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2023年6月12日). 2023年7月8日閲覧。
  136. ^ 早稲田大学文化資源データベース AV資料データベース 演劇講座、対談、「山の手事情社・変化の果て」”. 2022年5月6日閲覧。
  137. ^ シティプロモーション動画「奇跡の化石」が完成!|瑞浪市公式ホームページ”. 2023年9月24日閲覧。

外部リンク 編集