第11回ベルリン国際映画祭

第11回ベルリン国際映画祭は1961年6月23日から7月4日まで開催された。

概要編集

1961年のベルリン国際映画祭は、ジャン=リュック・ゴダールベルンハルト・ヴィッキミケランジェロ・アントニオーニ黒澤明などの作品がコンペティションに選出され、強力なラインナップとなった。その中から金熊賞に選ばれたのはアントニオーニの『』であった。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
A Morte Comanda o Cangaço
(The End of the Cancageiros )
ヴァウテル・ギマランエス・モッタ   ブラジル
Almurahikat アーメド・ディアエディン   エジプト
Amélie ou le temps d'aimer
(Amelie or The Time to Love)
ミシェル・ドラック   フランス
Antigoni Yorgos Javellas   ギリシャ
Anuradha
(Love of Anuradha)
リシケーシュ・ムカルジー   インド
マラキアスの奇蹟
Das Wunder des Malachias
ベルンハルト・ヴィッキ   西ドイツ
ミシシッピー氏の結婚
Die Ehe des Herrn Mississippi
クルト・ホフマン   スイス  西ドイツ
I faresonen
(Zone of Danger)
Bjørn Breigutu   ノルウェー
Kirik çanaklar
(The Broken Pots)
メムドゥー・ユン   トルコ
五日間の恋人
L’Amant de cinq jours
フィリップ・ド・ブロカ   フランス  イタリア
L'Assassino
(The Assassin)
エリオ・ペトリ   イタリア  フランス

La notte
ミケランジェロ・アントニオーニ   イタリア
La Patota ダニエル・ティナイレ   アルゼンチン
Los Jóvenes
(Young People)
ルイス・アルコリサ   メキシコ

Mabu
カン・デジン   韓国
Makkers Staakt uw Wild Geraas
(That Joyous Eve )
フォンス・ラデメーカーズ   オランダ
No Love for Johnnie ラルフ・トーマス   イギリス
黒いシルク
Prae dum[1]
Tom Wisawachart
ラット・ペスタニー
ラッタナワディー・ラッタナーパン
  タイ
Question 7 スチュアート・ローゼンバーグ   アメリカ合衆国  西ドイツ
びっくり大将
Romanoff and Juliet
ピーター・ユスティノフ   アメリカ合衆国
結婚泥棒
The Pleasure of His Company
ジョージ・シートン   アメリカ合衆国
Traumland der Sehnsucht
(Dreamland of Desire)
ヴォルフガング・ミュラー=ゼーン   ギリシャ  西ドイツ
Tulipunainen kyyhkynen
(The Scarlet Dove)
マッティ・カッシラ   フィンランド
Two Loves チャールズ・ウォルターズ   アメリカ合衆国
女は女である
Une femme est une femme
ジャン=リュック・ゴダール   フランス
悪い奴ほどよく眠る 黒澤明   日本
一萬四千個證人
(14000 Witnesses)
王豪   台湾  イギリス領香港
  1. ^ タイ初のシネマスコープ作品

審査員編集

  • ジェームズ・クイン (イギリス/プロデューサー)
  • フランス・ロシュFrance Roche、フランス/映画・演劇批評家)
  • サタジット・レイ (インド/監督)
  • ニコラス・レイ (アメリカ/監督)
  • ファルク・ハルナック (西ドイツ/監督)
  • ヒアン・ルイヒ・ロンディ(イタリア/脚本家)
  • マルク・テュルフクリュエ (Marc Turfkruyer、ベルギー/)
  • ハンス・シャールヴェヒター (Hans Schaarwächter、西ドイツ/)
  • Hirosugu Ozaki (日本/)

外部リンク編集