第56回世界卓球選手権個人戦

第56回世界卓球選手権個人戦: 2021 World Table Tennis Championships)は、2021年11月23日から11月29日までアメリカ合衆国ヒューストンで開催された世界卓球選手権である。

第56回世界卓球選手権個人戦 Table tennis pictogram.svg
大会概要
英語 2021 World Table Tennis Championships
別名 2021年世界卓球選手権
開催期間 2021年11月23日~11月29日
主催 ITTF(国際卓球連盟
開催国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
開催都市 ヒューストン
会場 ジョージ・R・ブラウン・コンベンションセンター
優勝
男子シングルス 中華人民共和国の旗 樊振東
女子シングルス 中華人民共和国の旗 王曼昱
男子ダブルス スウェーデンの旗 クリスチャン・カールソン / スウェーデンの旗 マティアス・ファルク
女子ダブルス 中華人民共和国の旗 孫穎莎 / 中華人民共和国の旗 王曼昱
混合ダブルス 中華人民共和国の旗 王楚欽 / 中華人民共和国の旗 孫穎莎
世界卓球選手権
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

概要編集

開催地は2019年のITTF総会で決定。2021年4月、国際卓球連盟は、新型コロナウイルスの影響で日程が再検討されていた2021年大会につき、11月23日から29日でアメリカ・ヒューストン開催として決定した[1]。なお、2020年大会(団体戦・釜山大会)は、新型コロナウイルスの影響で複数回延期の後、中止になった。 また今大会より、ダブルス種目の試合形式が4ゲーム先取の7ゲーム制から3ゲーム先取の5ゲーム制に変更となる。

またピンポン外交50周年の節目ということもあり中国とアメリカによる混合ダブルスの国際ペアのエントリーの変更が行われた。

大会日程編集

時間は中部標準時(UTC–6)

本戦
決勝
種目 11月23日 11月24日 11月25日 11月26日 11月27日 11月28日 11月29日
男子シングルス R1 R2 R3 R4 QF SF F
女子シングルス R1 R2 R3 R4 QF SF F
男子ダブルス R1 R2 R3 QF SF F
女子ダブルス R1 R2 R3 QF SF F
混合ダブルス R1 R2 R3 QF SF, F

メダル獲得者編集

イベント編集

種目
男子シングルス   樊振東   トルルス・モーレゴード   梁靖崑
  ティモ・ボル
女子シングルス   王曼昱   孫穎莎   陳夢
  王艺迪
男子ダブルス   クリスチャン・カールソン
  マティアス・ファルク
  林鐘勳
  張禹珍
  梁靖崑
  林高遠
  宇田幸矢
  戸上隼輔
女子ダブルス   孫穎莎
  王曼昱
  伊藤美誠
  早田ひな
  陳夢
  銭天一
  倪夏蓮
  デヌッテ・サラウ
混合ダブルス   王楚欽
  孫穎莎
  張本智和
  早田ひな
  林昀儒
  鄭怡静
  林高遠
  チャン・リリー

メダルテーブル編集

  *   主催国/地域 (アメリカ合衆国)

順位国/地域
1  中国 (CHN)415.510.5
2  スウェーデン (SWE)1102
3  日本 (JPN)0213
4  韓国 (KOR)0101
5  チャイニーズタイペイ (TPE)0011
  ドイツ (GER)0011
  ルクセンブルク (LUX)0011
8  アメリカ合衆国 (USA)*000.50.5
計 (国/地域数: 8)551020

日本代表編集

男子選手は張本智和(4位)、丹羽孝希(17位)、宇田幸矢(36位)、森薗政崇(47位)、戸上隼輔(105位)。

女子選手は伊藤美誠(2位)、石川佳純(9位)、平野美宇(10位)、早田ひな(25位)、芝田沙季(38位)。

ただし、()内は2021年6月(第24週)発表のワールドランキング[2]

種目別代表編集

  • 男子シングルス(5名)張本智和、丹羽孝希、宇田幸矢、森薗政崇、戸上隼輔
  • 女子シングルス(5名)伊藤美誠、石川佳純、平野美宇、早田ひな、芝田沙季
  • 男子ダブルス(2組)張本智和/森薗政崇、宇田幸矢/戸上隼輔
  • 女子ダブルス(2組)伊藤美誠/早田ひな、石川佳純/平野美宇
  • 混合ダブルス(2組)張本智和/早田ひな、宇田幸矢/芝田沙季

男子シングルス編集

  • 張本智和 - 2回戦敗退
  • 丹羽孝希 - 2回戦敗退
  • 宇田幸矢 - 1回戦敗退
  • 森薗政崇 - 2回戦敗退
  • 戸上隼輔 - 3回戦敗退

女子シングルス編集

  • 伊藤美誠 - 準々決勝敗退
  • 石川佳純 - 準々決勝敗退
  • 平野美宇 - 4回戦敗退
  • 早田ひな - 4回戦敗退
  • 芝田沙季 - 3回戦敗退

男子ダブルス編集

  • 張本智和/森薗政崇 - 3回戦敗退
  • 宇田幸矢/戸上隼輔 - 準決勝敗退(銅メダル

女子ダブルス編集

  • 伊藤美誠/早田ひな - 準優勝(銀メダル
  • 石川佳純/平野美宇 - 準々決勝敗退

混合ダブルス編集

  • 張本智和/早田ひな - 準優勝(銀メダル
  • 宇田幸矢/芝田沙季 - 2回戦敗退

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集