戦車連隊(せんしゃれんたい)とは、地上部隊の部隊編制の一つで、戦車を中心として編成された連隊のことである。なお、ドイツ軍については慣用的に装甲連隊(そうこうれんたい)と和訳する(呼ぶ)人が多い。

概要編集

部隊名は「連隊」であるが、必ずしも複数の大隊で構成されているわけではなく、複数の中隊によって構成される実質大隊規模のケースもある。戦車のみで構成される部隊編成としては最大規模のものであり、戦車のほかには連隊本部と整備要員程度しか持たないのが一般的である。連隊より大きな編制である機甲師団などの場合、通常、歩兵部隊・兵站部隊などを含む諸兵科連合の編制となる。

戦車連隊は、連隊単独で戦闘を行うことは少なく、歩兵や工兵、砲兵と一緒になった戦闘団(諸兵科連合部隊)を臨時に編成して戦闘を行う場合が多い。

各国の戦車連隊編集

ドイツ軍編集

第二次世界大戦時のドイツ軍においては、装甲連隊は複数の装甲大隊によって構成されていた。大戦末期には、1個装甲連隊は2個装甲大隊で構成されている。連隊に所属する戦車の種類は、主力戦車の登場前であることもあって統一されておらず、重戦車中隊などが含まれていた。

ソ連軍編集

1941年時点におけるソ連軍の戦車連隊は4個中隊編成であったが、1942年頃には、緒戦の損害による戦車や乗員の不足のため3個中隊編成となった。各中隊の車種が統一されていないこともあって、必ずしも柔軟な作戦行動を行えるわけではなかった。大戦後半には連隊内の車種の統一が行われ、作戦への柔軟性が向上している。

冷戦期においてのソ連軍戦車連隊は戦車大隊3個を中心に自動車化狙撃兵大隊、砲兵大隊、防空中隊など多数の部隊で編成され、ある程度の独立行動が可能な諸兵科連合部隊であった。自動車化狙撃兵師団には1個、戦車師団には3個の戦車連隊が編成されていた。

イギリス軍編集

第二次世界大戦時のイギリス軍は、旅団の隷下に戦車連隊を置いており、各戦車連隊は3個中隊で構成されていた。

アメリカ軍編集

アメリカ陸軍機甲師団には、戦車連隊が存在していない。各師団が複数の戦車大隊を隷下においており、必要に応じて戦闘団司令部に指揮させる方法を取っている。海兵隊の場合も、戦車大隊が最大の編制単位である。しかし、伝統の維持を目的として各大隊には連隊(作戦指揮には関与せず、書類上のみのものであり連隊本部等は存在しない)が指定されてはいる。

大日本帝国陸軍編集

大日本帝国陸軍の戦車部隊は、1925年大正14年)5月1日創設の「第1戦車隊」(久留米)と「歩兵学校戦車隊」(千葉)に始まり、1933年昭和8年)8月に、それぞれ戦車第1連隊第12師団に所属)と戦車第2連隊第1師団に所属)に改編され、最初の戦車連隊となった。

これらの2個戦車連隊の他、1933年(昭和8年)10月に戦車第3大隊が、1934年(昭和9年)4月に戦車第4大隊が編成され関東軍独立混成第1旅団に所属し、1936年(昭和11年)4月に支那駐屯戦車隊が編成され支那駐屯軍に配備された。その後、1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると戦車第34大隊が連隊に改編された他、1938年(昭和13年)には戦車第8連隊までが編成された。

第二次世界大戦前期の大日本帝国陸軍においては、標準編制の戦車連隊は4コ中隊で構成され、そのうち第1中隊は軽戦車を、第2から第4中隊は中戦車を装備していた。例外的な編制としては、2コ中隊しか有しない小規模の連隊や、機動歩兵中隊や工兵などを有する諸兵科連合型の単独で作戦可能な連隊も存在した。後に砲戦車を装備した第5中隊が加えられたが、実際に砲戦車が配備された例はほとんど無く、部隊は編成されたものの装備は揃わない、といった状態がほとんどであった。

1942年(昭和17年)にはより集団的な戦車の運用を目的として、戦車連隊を中核とした機甲軍-戦車師団-戦車旅団が編成された。しかし実際には、機甲軍は1年あまりで解体され機甲軍団として戦闘に投入されたことは無く、日本軍においては、歩兵部隊を基幹とした通常の師団を支援するという形で、師団、旅団、連隊単位での作戦参加が行われたに過ぎなかった。

連隊名 前身 創設 編成地 設立 最終配置
戦車第1連隊 第1戦車隊 1925年(大正14年)5月1日 久留米 1933年(昭和8年)8月1日 栃木県佐野
戦車第2連隊 歩兵学校教導隊戦車隊 1925年(大正14年)5月1日 千葉 1933年(昭和8年)8月1日 神奈川県戸塚
戦車第3連隊 戦車第3大隊(久留米) 1933年(昭和8年)10月1日 公主嶺 1937年(昭和12年)8月1日 南支全県
戦車第4連隊 戦車第4大隊(習志野) 1934年(昭和9年)4月1日 公主嶺 1938年(昭和13年)8月1日 ティモール
戦車第5連隊 久留米 1937年(昭和12年)8月2日 埼玉県加須
戦車第6連隊 戦車第1連隊より基幹要員 青野ヶ原 1939年(昭和14年)8月1日
戦車第7連隊 戦車第1大隊(久留米) 1937年(昭和12年)7月27日 中支 1938年(昭和13年)7月2日 滅(比)
戦車第8連隊 戦車第2大隊(習志野 1937年(昭和12年)7月27日 北支 1938年(昭和13年)7月2日 ラバウル
戦車第9連隊 戦車第3連隊.戦車第5連隊 より基幹抽出 鉄嶺 1939年(昭和14年)8月1日 サイパン
戦車第10連隊 戦車第5連隊.戦車第9連隊 より基幹抽出 哈爾浜 1939年(昭和14年)8月1日 滅(比)
戦車第11連隊 戦車第5連隊.戦車第9連隊 より基幹抽出 満州斐徳 1940年(昭和15年)3月1日 千島占守島
戦車第12連隊 支那駐屯戦車隊、
独立軽装甲車第1(東京).
第10(善通寺).第12中隊(宇都宮
1938年(昭和13年)
1939年(昭和12年)7月27日
1939年(昭和12年)8月24日
北支 1939年(昭和14年)10月28日 京城
戦車第13連隊 独立軽装甲車第2(東京).
第6(熊本).第7中隊(旭川
1939年(昭和12年)7月27日
1939年(昭和12年)8月24日
漢口 1939年(昭和14年)11月30日 北京
戦車第14連隊 独立軽装甲車第11(善通寺).
第51(関東軍).第52中隊(関東軍)
1938年(昭和13年)9月19日 広東 1939年(昭和14年)11月10日 ラングーン
戦車第15連隊 第1師団戦車隊 1940年(昭和15年)12月14日 孫呉 1942年(昭和17年)6月24日 ニコバル
戦車第16連隊 第23師団戦車隊 1940年(昭和15年)12月14日 海拉爾 1942年(昭和17年)6月27日 復員(ウェーク島
独立混成第13連隊
第1.第2戦車隊に改編
戦車第17連隊 戦車第2連隊補充隊を復帰.充当 津田沼 1942年(昭和17年)6月24日 天津
戦車第18連隊 戦車第1連隊補充隊を復帰.充当 久留米 1942年(昭和17年)6月24日 宮崎県綾町
戦車第19連隊 戦車第6連隊補充隊を復帰.充当 青野ヶ原 1942年(昭和17年)6月24日 久留米
戦車第20連隊 朝鮮軍隷下の戦車連隊番号として
配当されていたが.結局未発令
     未編成
戦車第21連隊 設備.資材を陸軍少年戦車兵学校
充当し.編成解消
上井出 未編成
戦車第22連隊 盛岡 1942年(昭和17年)8月1日 北海道帯広
戦車第23連隊 戦車第5連隊 編成担任 牡丹江
愛河
1941年(昭和16年)9月13日 静岡県引佐
戦車第24連隊 公主嶺陸軍戦車学校教導連隊
編成完結後も教導業務継続受託)
1940年(昭和15年)12月1日 四平街
楊木林
1941年(昭和16年)11月21日 愛知県豊橋
戦車第25連隊 戦車第12連隊の第4.第5中隊 包頭 1944年(昭和19年)3月17日
復員(台湾高雄
1945年(昭和20年)5月16日
独立混成第42連隊に改編
戦車第26連隊 戦車第1師団捜索隊 牡丹江 1944年(昭和19年)3月17日 硫黄島
戦車第27連隊 戦車第2師団捜索隊 満州勃利 1944年(昭和19年)3月17日 沖縄
戦車第28連隊 千葉戦車学校教導隊 千葉 1944年(昭和19年)7月6日 千葉市黒砂
戦車第29連隊 陸軍騎兵学校教導隊 習志野 1944年(昭和19年)7月6日 船橋市二宮
戦車第30連隊 四平戦車学校教導連隊 1944年(昭和19年)7月6日 習志野
戦車第33連隊 独立戦車第33大隊
(戦車第10連隊残留隊→
  戦車第5連隊東安分駐隊)
1944年(昭和19年)7月29日 満州東安 1945年(昭和20年)4月6日 千葉
戦車第34連隊 臨時第1独立戦車隊
 (戦車第2師団残留隊)
1944年(昭和19年)8月5日 満州勃利 1944年(昭和19年)10月11日 奉天
戦車第35連隊 (戦車第1師団残留隊) 1944年(昭和19年) 満州勃利 1944年(昭和19年)10月11日 新京
戦車第36連隊 習志野 1945年(昭和20年)4月6日 千葉県白井
戦車第37連隊 久留米 1945年(昭和20年)4月6日 鹿児島県由野
戦車第38連隊 (甲 編成) 習志野 1945年(昭和20年)4月6日 茨城県内原
戦車第39連隊 独立戦車第31大隊(習志野) 1944年(昭和19年)7月29日 習志野 1945年(昭和20年)4月6日 茨城県鯉淵
戦車第40連隊 独立戦車第32大隊(久留米) 1944年(昭和19年)7月29日 久留米 1945年(昭和20年)4月6日 鹿児島川辺
戦車第41連隊 戦車第2連隊補充隊を復帰.充当(乙 編成) 習志野 1945年(昭和20年)4月6日 横須賀
戦車第42連隊 戦車第19連隊補充隊を復帰.充当(乙 編成) 青野ヶ原 1945年(昭和20年)4月6日 久留米
戦車第43連隊 戦車第18連隊補充隊を復帰.充当(乙 編成) 久留米 1945年(昭和20年)4月6日 熊本県八代
戦車第44連隊 戦車第22連隊補充隊を復帰.充当(乙 編成) 盛岡 1945年(昭和20年)4月6日 岩手県盛岡
戦車第45連隊 (乙 編成) 習志野 1945年(昭和20年)4月6日 徳島
戦車第46連隊 (甲 編成) 大阪 1945年(昭和20年)4月6日 福岡県福島
戦車第47連隊 (乙 編成) 盛岡 1945年(昭和20年)4月6日 愛媛県松山
戦車第48連隊 (乙 編成) 1945年(昭和20年)4月6日 千葉県八街
戦車第51連隊 四平戦車学校を閉鎖し.
人員.機材を軍隊化
四平街 1945年(昭和20年)7月10日 新京
戦車第52連隊 四平戦車学校を閉鎖し.
人員.機材を軍隊化
四平街 1945年(昭和20年)7月10日 新京

陸上自衛隊編集

陸上自衛隊では機動打撃を担当する第7師団機甲師団)に3個戦車連隊、道北防衛担当の第2師団に1個戦車連隊が存在する。各戦車連隊は5個戦車中隊で構成され、保有台数も通常の師団・旅団に所属の戦車大隊に比べ大幅に増えた編制となっている。[1][2][3]

なお、陸上自衛隊では普通科連隊以外の師団直轄部隊は師団番号を冠称するのが通例であり、戦車連隊の場合も、第2師団所属の戦車連隊は第2戦車連隊となっている。しかし、第7師団の場合、隷下の戦車連隊が複数あることから、70番台の番号が振られている(2015年現在。詳細は陸上自衛隊の連隊等一覧参照)。

脚注編集

  1. ^ 第7師団では有事の戦車戦闘団編成を想定し、戦車に随伴できる装甲車化した普通科部隊(機械化歩兵)が師団内に設置されており89式装甲戦闘車などが配備されている。
  2. ^ それ以外の通常の師団・旅団では戦車部隊は戦車大隊または戦車中隊となり、各戦車大隊は2~4個中隊編制である。
  3. ^ このほか、冷戦期には北方重視の観点から北海道には戦車を大量に保有する部隊として第1戦車団が存在しており、隷下に戦車連隊に相当する編制の「戦車群」を3個有していたが、1981年3月に廃止された。隷下部隊のうち第2戦車群、第3戦車群は第72戦車連隊第73戦車連隊として第7師団の隷属部隊となり、第1戦車群のみは方面総監直轄部隊として残っていたが、北方重視から西方重視へのシフト転換、テロ対策などの観点から、陸上自衛隊は戦車を大幅に削減する影響で廃止が決定している。

関連項目編集