笹子駅

日本の山梨県大月市にある東日本旅客鉄道の駅

笹子駅(ささごえき)は、山梨県大月市笹子町黒野田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である[2]駅番号CO 34[1]営業キロで東京から100 kmを超える中央本線最初の駅である。

笹子駅
JR Chuo-Main-Line Sasago Station building.jpg
駅舎(2021年5月)
ささご
Sasago
CO 33 初狩 (6.5 km)
(6.1 km) 甲斐大和 CO 35
所在地 山梨県大月市笹子町黒野田1340
北緯35度36分15秒 東経138度49分37.3秒 / 北緯35.60417度 東経138.827028度 / 35.60417; 138.827028座標: 北緯35度36分15秒 東経138度49分37.3秒 / 北緯35.60417度 東経138.827028度 / 35.60417; 138.827028
駅番号 CO34[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 100.4 km(東京起点)
電報略号 サコ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[2]
開業年月日 1903年明治36年)2月1日[2]
備考 無人駅[2][3](乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅[2]。駅舎とホームは地下通路で連絡している。かつては通過可能なスイッチバック式の構造を有していた。その後の1966年昭和41年)12月12日、複線化にともなってスイッチバックは廃止され、下り列車目線で上り25パーミル (=2.5 %)の勾配をもつ本線上にホームを設ける形に改められた。スイッチバック施設の跡地を利用して2009年に訓練施設「笹子トレーニングセンター」が開設されている[2]

大月駅管理の無人駅[2]。乗車駅証明書発行機・簡易Suica改札機が設置されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   中央本線 下り 甲府上諏訪松本方面
2 上り 大月八王子新宿方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況編集

1日平均人員は、「山梨県統計年鑑」の数値を1年の日数で割って算出。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 151 [7]
2001年(平成13年) 151 [8]
2002年(平成14年) 141 [9]
2003年(平成15年) 133 [10]
2004年(平成16年) 123 [11]
2005年(平成17年) 127 [12]
2006年(平成18年) 119 [13]
2007年(平成19年) 125 [14]
2008年(平成20年) 147 [15]
2009年(平成21年) 143 [16]
2010年(平成22年) 142 [17]

駅周辺編集

 
笹子トンネル開通記念碑

駅前に甲府駅前舞鶴城公園から移された笹子トンネル開通記念碑がある。

笹子餅編集

笹子峠の入り口にあるため、みどりやにより当駅の駅売り名物として存在した「笹子餅」が販売されていた[2]。みどりやは笹子餅の箱に「中央線笹子駅構内営業」の文字が印刷されており、2014年現在も笹子駅の構内販売業者ではあるが、1985年に駅は無人化され、構内に売店は存在しない。しかし、駅前に工場と販売所があり笹子での購入は可能である[2]

なお、2014年現在は書籍のような10個入りの紙箱での販売がほとんどで、駅売り時代の伝統を残す経木で包まれた5個入りは販売箇所が限られている。

笹子餅の車内販売や駅構内売店などの外部委託販売は2014年6月30日をもって中止され、本店と工場および笹一酒造でのみの販売となった。

バス路線編集

富士急バス

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
  中央本線
初狩駅 (CO 33) - 笹子駅 (CO 34) - 甲斐大和駅 (CO 35)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “中央本線 初狩~小淵沢駅間へ「駅ナンバリング」を拡大しました” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道八王子支社, (2020年3月23日), オリジナルの2020年3月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200323070544/https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20200323/20200323_info001.pdf 2020年3月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j 『週刊 JR全駅・全車両基地』46号 甲府駅・奥多摩駅・勝沼ぶどう郷駅ほか79駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年7月7日、20頁。
  3. ^ a b “「通報」中央本線梁川駅ほか6駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 2. (1985年2月27日) 
  4. ^ a b c 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、181頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  5. ^ 曽根悟(監修)「中央本線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第5号、朝日新聞出版、2009年8月9日、 27頁。
  6. ^ a b “首都圏でSuicaをご利用いただけるエリアが広がります” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2004年8月23日), オリジナルの2019年7月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190709202725/https://www.jreast.co.jp/press/2004_1/20040807.pdf 2020年3月25日閲覧。 
  7. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成14年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  8. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成15年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  9. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成16年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  10. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成17年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  11. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成18年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  12. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成19年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  13. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成20年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  14. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成21年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  15. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成22年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  16. ^ 運輸・通信 (Excel)”. 平成23年刊行 山梨県統計年鑑・目次. 山梨県. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  17. ^ 山梨県統計年鑑 平成24年刊行 (PDF)”. 山梨県. p. 150・151 (2012年11月). 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  18. ^ 「不断の修練→究極の安全」JR訓練センターの駅名標が粋だった - Jタウンネット神奈川 2020年2月25日

関連項目編集

外部リンク編集