筑波駅

茨城県筑波郡筑波町沼田にあった、筑波鉄道筑波線の駅

筑波駅(つくばえき)は、茨城県筑波郡筑波町(現・つくば市)沼田にあった、筑波鉄道筑波線廃駅)。1987年昭和62年)の同鉄道廃止と同時に、当駅も廃止された。

筑波駅
旧筑波鉄道筑波駅舎.jpg
旧筑波駅舎(1997年7月13日)
つくば
Tsukuba
常陸北条 (4.5 km)
(2.7 km) 上大島
所在地 茨城県筑波郡筑波町
(現・つくば市)沼田
所属事業者 筑波鉄道
所属路線 筑波線
キロ程 20.2 km(土浦起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
1086人/日
-1977年1979年当時[1]-
開業年月日 1918年大正7年)4月17日[2]
廃止年月日 1987年昭和62年)4月1日[2]
テンプレートを表示
筑波駅線路配置図

土浦
0 0 0 0 0 butoirg voie voie voie voie courbebd
0 0 0 0 courbebg voie voie voie voie voie voie Dbifg
flecheg 0 0 Mvoie 0 quai quai quai quai quai quai 0 Dvoie 0 0 fleched
0 0 Mbifd voie voie voie voie voie voie voie voie voie voie Dbifg
voie bifhd bifbd voie voie voie voie voie voie voie voie voie voie voie bifhg voie
0 0 0 Dvoie 0 quai quai quai quai quai quai
0 0 0 0 courbehg butoird quai
0 0 0 0 0 quai quai 0 BV

岩瀬
凡例
出典:脚注参照[3]
1964年頃

概要編集

茨城県土浦市岩瀬町(現・桜川市)を結んでいた筑波鉄道筑波線の主要駅の一つであり、営業当時は筑波山の玄関口として観光客で賑わっていた。また、駅前からまっすぐ筑波山方向(県道42号方面)へ伸びる道路には、筑波山神社の鳥居が建てられ、現在も駅前通りの面影を残している。

廃止後、長い間ホームと上屋はそのまま残されたが取り壊された後、土浦方の場所に筑波鉄道廃線跡を利用したサイクリングロード「つくば霞ヶ浦りんりんロード」(茨城県道505号桜川土浦潮来自転車道線)の休憩所が設置され、ベンチ公衆便所駐輪場駐車場がある。旧島式ホームを活用しているが、旧構内踏切よりも土浦方の末端部分であり、普通列車の乗車位置ではなかった部分で、改修されているため当時の面影はない。

旧駅舎は関東鉄道つくば北営業所として再利用されており、駅前のバスターミナル筑波山口(つくばさんぐち)という名称で現在も引き続き利用されている。

歴史編集

駅構造編集

駅舎側の片面ホームの1番線と、島式ホームの2、3番線から成る、2面3線の地上駅であった。晩年のホーム上屋は鉄骨構造であった[1]構内踏切が存在し、旅客はこの踏切を渡って、駅舎側と島式ホームを移動する形になっていた[1]

隣の駅編集

筑波鉄道
筑波線
常陸北条駅 - 筑波駅 - 上大島駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g RM LIBRARY 256 筑波鉄道(下)(寺田裕一・著 ネコ・パブリッシング 2021年10月1日初版)「第3章 施設・駅」p.8
  2. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』〈週刊朝日百科〉 21号 関東鉄道・真岡鐵道・首都圏新都市鉄道・流鉄、朝日新聞出版、2011年8月7日、9-11頁。 
  3. ^ 臼井茂信・小石川多助・中川浩一「常総筑波鉄道1(私鉄車両めぐり)」『鉄道ピクトリアル』通巻155号、1964年3月。

関連項目編集

外部リンク編集

鉄道駅時代の様子
鉄道駅廃止後、改修前の様子

座標: 北緯36度12分25秒 東経140度04分48秒 / 北緯36.20694度 東経140.08000度 / 36.20694; 140.08000