メインメニューを開く

糠野目村(ぬかのめむら)は山形県東置賜郡にあった。現在の高畠町西端、奥羽本線高畠駅の概ね西側一帯および南陽市大橋にあたる。

糠野目村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 編入合併
社郷町糠野目村高畠町
現在の自治体 高畠町、南陽市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
東置賜郡
総人口 6,064
国勢調査1950年
隣接自治体 社郷町、川西町赤湯町沖郷村
米沢市
糠野目村役場
所在地 山形県東置賜郡糠野目村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、糠野目村、小其塚村、上平柳村、蛇口村、夏茂村、福沢村、石岡村、大橋村、山崎村の区域をもって発足。
  • 1955年昭和30年)4月1日 - 社郷町に編入。社郷町は即日改称して高畠町となる。同日糠野目村廃止。
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 旧村域であった大橋の全域と石岡の一部が赤湯町に編入。

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

現在は旧村域を米沢南陽道路が通過するが、当時は未開業。

参考文献編集

関連項目編集