メインメニューを開く

細川 顕氏(ほそかわ あきうじ)は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将細川頼貞の子。室町幕府讃岐国河内国和泉国守護細川奥州家2代当主。

 
細川顕氏
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 正平7年/文和元年7月5日1352年8月15日
別名 通称:小四郎
官位 従四位下兵部少輔陸奥守
幕府 室町幕府 讃岐河内和泉守護侍所頭人引付頭人
主君 足利尊氏直義→足利尊氏・義詮
氏族 細川奥州家
父母 父:細川頼貞
兄弟 顕氏直俊定禅皇海
繁氏氏之政氏
養子:業氏

略歴編集

父・頼貞は細川氏の庶流の一族の一人で、中先代の乱の際に戦死したが、頼貞には顕氏、直俊定禅皇海の四子があり、それぞれが活躍した。

顕氏は従兄弟の和氏と共に元弘の乱頃から足利尊氏に仕えて討幕運動で活躍した。建武3年(1336年)、尊氏の命で和氏と共に四国に渡海し、四国における諸大名や国人衆の統率に功を挙げた。その功績により、讃岐国河内国、そして和泉国守護侍所頭人に任じられ、嫡流の和氏の死後はその弟・頼春と共に細川一門を主導した。その後も尊氏に従って畿内における南朝方の勢力と戦い、多くの武功を挙げた。 正平5年/観応元年(1350年)からの観応の擾乱では同族の頼春が尊氏に味方する一方で、足利直義側に与して尊氏と敵対するが、やがて再び帰順するなど、両陣営を巧みに渡り歩くしたたかさを見せた。このとき、引付頭人に任じられた。

正平7年/文和元年(1352年)2月、南朝方の攻勢にさらされ京が失陥した際には足利義詮を守って撤退するが[1]七条大宮の戦い)、その後同年4月には北朝軍の主将として南朝方勢力と戦い勝利を収めた。しかし、同年7月5日に病死した。

顕氏の系統は、顕氏の官位・陸奥守からその後「奥州家」と呼ばれるようになった。顕氏の死後は子の繁氏の後、養子の業氏が家督を継承し、細川輝経はその末裔である。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ この時頼春は戦死。