総務会(そうむかい)とは、日本保守政党において党の運営及び活動方針を審議する機関。革新政党では中央委員会などがこれに相応する。

概説編集

日本の保守・自由主義を採用する政党では、明治以来設置されていた。また、政党のなかった戦時下においては院内会派に設置されていた。通常は代議士クラスのメンバーで構成されており、党内における地位も高く、その長は総務委員(そうむいいん)あるいは総務会長(そうむかいちょう)とも呼ばれ、党首が空席の場合には単独もしくは複数の総務委員(総務会長)が党首を代行した例もある。自由民主党では党内対立を国会審議に持ち込まないようにするため、内閣が国会に法案を出す前に党総務会の了承を得る「事前審査制」を1962年に確立。このため、自民党では総務会を取り仕切る総務会長は幹事長に次ぐナンバー2に位置づけられる[1]。しかし、後に幹事長の権限が高まり、更に戦後に入ると政務調査会長を長とする政務調査会の地位も向上したため、その役割は低下しつつある。総務会は全会一致を慣例としており、党内での根回しができるベテランが務めることが多い[2]

民主党1999年次の内閣の設置に伴い総務会を廃止したが、民主党の流れを汲む国民民主党2018年に結成された際は総務会が設置された。これは、前身である民主党や民進党では常任幹事会で決めた方針に従わない議員が出て混乱に陥り「決められない党」と批判された経緯から、自民党の方式を取り入れて政策決定システムを整える狙いがあった[3]

主要政党・政治団体の総務会長編集

自由民主党
日本維新の会
  • 総務会長 - 東徹(参議院)
大阪維新の会
  • 総務会長 - 岡崎太(大阪市会議員)
都民ファーストの会
  • 総務会長 - 入江伸子(東京都議会議員)
    • 総務会長代理 - 両角穣(東京都議会議員)
幸福実現党
  • 総務会長 - 松島弘典(非議員)
京都党

かつて総務会を設置していた政党及び院内会派編集

脚注編集

関連項目編集