メインメニューを開く

寺田 稔(てらだ みのる、1958年(昭和33年)1月24日 - )は、日本政治家、元大蔵財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(5期)、総務副大臣内閣府副大臣第4次安倍第2次改造内閣)。自民党国防部会長、自民党国会対策副委員長自民党副幹事長内閣府副大臣復興副大臣第2次安倍内閣)、衆議院安全保障委員長を歴任した。

寺田 稔
てらだ みのる
生年月日 (1958-01-24) 1958年1月24日(61歳)
出生地 日本の旗 広島県広島市
出身校 東京大学法学部
ハーバード大学大学院
前職 国家公務員大蔵省
所属政党 自由民主党岸田派
称号 学士(法学)
LL.M.
親族 妻の義叔父・池田行彦(元外務大臣
公式サイト てらだ稔 Official Site

選挙区 広島5区
当選回数 5回
在任期間 2004年 - 2009年
2012年 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

広島県広島市に生まれる。広島大学附属中学校・高等学校東京大学法学部雄川ゼミ、加藤ゼミ)卒業。1980年大蔵省へ入省。主計局に配属される。入省同期に高橋洋一嘉悦大学教授)、岸本周平(元内閣府大臣政務官)、後藤茂之(元法務副大臣)、枝廣直幹福山市長)、佐藤慎一(元財務事務次官)、稲垣光隆(元国税庁長官)、林信光(元国税庁長官)、山崎達雄(元財務官)、森信親(元金融庁長官)ら23人がいる。

1982年ハーバード大学大学院へ留学し、公共政策学修士号を取得する。帰国後は、国際金融局係長長浜税務署長、在ワシントン日本大使館書記官、官房文書課広報室長、徳島県総務部長、財務省主計局主計官、内閣府参事官を歴任[要出典]する。

2004年に妻の義理の叔父にあたる池田行彦の死去に伴い財務省を退官し、行彦の選出選挙区である広島5区第43回衆議院議員補欠選挙自由民主党公認で出馬し、民主党三谷光男らを破り初当選する。

当選後は、義理の祖父にあたる元内閣総理大臣池田勇人が設立した宏池会に入会する。

2005年第44回衆議院議員総選挙で、広島5区で再選される[1]衆議院安全保障委員会与党理事、自民党行政改革推進本部幹事、行政改革推進本部 特別会計改革委員会主査、党国防部会長代理[要出典]などを務める。2007年に発足した第1次安倍改造内閣防衛大臣政務官に任命され、福田康夫内閣で再任される。

2009年第45回衆議院議員総選挙で、広島5区で三谷に敗北し比例復活せずに落選する。

2012年第46回衆議院議員総選挙で、3期目の当選[2]。選挙後に発足した第2次安倍内閣内閣府副大臣復興副大臣に就任する。2013年10月の内閣及び自民党役員人事で党副幹事長に就任する。2014年10月の自民党役員人事で党国会対策副委員長に就任する。

2014年第47回衆議院議員総選挙で、4期目の当選[3]2016年8月の自民党役員人事で党国防部会長[4]に就任する。

2017年第48回衆議院議員総選挙で、希望の党が擁立した20代女性新人、日本共産党の地区委員長らを破り、5期目の当選[5]

2019年9月、 第4次安倍第2次改造内閣総務副大臣内閣府副大臣に就任[6]

大宏池会構想論者[7]であり、2013年から2014年の一時期は宏池会に加えて為公会にも参加していた[8]が2014年7月ごろに退会し、宏池会のみの所属となった[要出典]

政策編集

  • 選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば反対[9]
  • 女性宮家の創設に反対[10]
  • 集団的自衛権の行使について「我が国の安全保障のために必要な範囲、また、我が国国民の生命を守るために必要な範囲において集団的自衛権の行使を限定的に認めるべきだ。」としている[11]

人物編集

  • 2014年の第186回国会で、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長、の要職に就かず、質問、議員立法、質問主意書、を提出していない[12][13]と指摘された。
  • テニス、ウォーキング、読書、カラオケ、スポーツ観戦を趣味とし、サンフレッチェ広島広島東洋カープ両チームのファンを公言している[14]
  • 財務省防衛担当主計官時代の2002年に「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」の建設[14]に尽力した。
  • 日中国会議員書画展へ書画を提供[15]している。

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ 三谷は比例復活する。
  2. ^ 三谷は比例復活せずに落選する。
  3. ^ 広島 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  4. ^ 自民党.部会長が内定 農林部は小泉進次郎氏が留任
  5. ^ 広島-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  6. ^ “副大臣決まる、第4次安倍第2次改造内閣”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-9/2019091601.html 2019年9月17日閲覧。 
  7. ^ ブログ - 『7月10日(木)』 | 衆議院議員 寺田稔の政治実感日誌
  8. ^ 為公会2013麻生太郎政策集団
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  11. ^ “(集団的自衛権)自民8氏、半数「無回答」 県選出国会議員アンケート /広島県”. 朝日新聞(広島). (2014年6月18日) 
  12. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN-13: 978-4905239239
  13. ^ 「国会質問も議員立法も質問主意書もない『オールゼロ議員』、64人全氏名を公開、BLOGOS 2014年10月15日
  14. ^ a b c d e てらだ稔 Official Site
  15. ^ [1]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  16. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  17. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  18. ^ ブログ - 『10月17日』|衆議院議員 寺田稔の政治実感日誌
  19. ^ 公益財団法人 日本相撲連盟

関連項目編集

外部リンク編集