メインメニューを開く

縣南衛生株式会社(けんなんえいせい)は、かつて埼玉県に存在した産業廃棄物処理業者である。産業廃棄物の処分やRDFの製造等を行っていた。

事件編集

1999年に、青森県三栄化学工業と共謀して岩手県・青森県境に125万トンもの産業廃棄物を不法投棄した事実が発覚。社長が逮捕され、破産した。

事業所編集

  • 本社(東部クリーンセンター):埼玉県北葛飾郡栗橋町大字小右衛門187

長い間大量の廃棄物を野積みしたまま廃墟と化していたが、現在は解体され、ラウンドワンスタジアムさいたま・栗橋店となっている。

沿革編集

  • 1976年 - 縣南衛生株式会社設立。
  • 1989年 - 東部クリーンセンター操業開始。
  • 1999年 - 不法投棄事件が発覚。警察による強制捜査を受ける。
  • 2000年5月 - 岩手県警が廃棄物処理法違反で社長を逮捕。
  • 2000年9月 - 浦和地裁(現・さいたま地裁)に自己破産申請。

外部リンク編集