メインメニューを開く

美園村(みそのむら)は、埼玉県南部、北足立郡に存在した1962年5月1日浦和市および川口市に分村合併し消滅した。現在の行政区画ではさいたま市緑区および川口市に属する。

美園村
野田のさぎ山(昭和30年代)
野田のさぎ山(昭和30年代)
廃止日 1962年5月1日
廃止理由 分割・編入合併
美園村(北部)→浦和市
美園村(南部)→川口市
現在の自治体 さいたま市川口市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
団体コード 当時存在せず
面積 19.53km2.
総人口 9,306
(国勢調査人口、1960年10月1日)
隣接自治体 埼玉県:川口市、浦和市、岩槻市
 草加市越谷市
美園村役場
所在地 埼玉県北足立郡美園村大字大門[1]
美園村の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

目次

歴史編集

  • 1889年明治22年)
    • 4月1日 - 町村制施行に伴い、戸塚村・西立野村・長蔵新田・久左衛門新田・藤兵衛新田が合併し、戸塚村となる[2]
    • 4月1日 - 町村制施行に伴い、大門町・間宮村・差間村・北原村・下野田村・玄蕃新田が合併し、大門村となる[3][4]
    • 4月1日 - 町村制施行に伴い、上野田村・中野田村・大崎村・南部領辻村・代山村・寺山村・高畑村および染谷村の一部が合併し、野田村となる[3][5]
  • 1956年昭和31年)4月1日 - 戸塚村・大門村・野田村が合併し、美園村となる[3]
  • 1962年(昭和37年)5月1日 - 美園村のうち、旧大門村のうち差間・行衛(大字北原の小字)を除く区域と旧野田村が浦和市に、旧戸塚村と旧大門村のうち差間・行衛が川口市にそれぞれ編入され[3][1]、消滅する。以後浦和市側は「美園地区」、川口市側は「戸塚地区」と称される。
  • 2001年(平成13年)5月1日 - 浦和市が、与野市大宮市と合併しさいたま市となり、さいたま市の大字となる。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - さいたま市が政令指定都市に移行しさいたま市緑区の大字となる。
  • 2001年(平成13年)3月28日 - 埼玉高速鉄道が開業。終着駅は「旧美園村」や「美園地区」にちなんで「浦和美園駅」と命名される。
  • 2017年(平成29年)2月18日 - 旧美園村域のうち、浦和東部第二地区土地区画整理事業の完了に伴い、上野田(飛び地)・大崎(飛び地)・高畑(大部分)・下野田(東半分)・寺山(東北道以東)・中野田(一部)・玄蕃新田(飛び地)・南部領辻(飛び地一部)・大門(北東部)の各一部から美園一丁目〜六丁目が成立し[6]、旧村名が約60年ぶりに住所表記として再び使用されるようになった。なお、同時に成立したさいたま市岩槻区美園東は、旧新和村域である[7]

脚注編集

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104
  • 浦和市総務部市史編さん室『わがまち浦和―地域別案内』浦和市、1982年11月30日。

関連項目編集