メインメニューを開く

雄勝線(おがちせん)は、秋田県湯沢市湯沢駅と同県雄勝郡羽後町梺駅を結んでいた羽後交通の電気鉄道路線。近在の林産、農産物を県内外に運ぶ目的で雄勝鉄道(おがちてつどう)として建設された。1928年(昭和3年)の開通以来、苦しい経営が強いられ、電気代が払えず肝心の電気が止められたりしたが、住民の強い要望により西馬音内 - 梺間が延伸開業された。モーターリゼーションなどによる営業成績の悪化に伴い、1967年(昭和42年)の部分廃線、1971年の内燃動力化(電気運転廃止)を経て、1973年(昭和48年)に全線廃止となった。電気運転時代は最後まで集電装置にトロリーポールを使用していた。

雄勝線
概要
現況 廃止
起終点 起点:湯沢駅
終点:梺駅
駅数 8駅
運営
開業 1928年8月10日 (1928-08-10)
廃止 1973年4月1日 (1973-4-1)
所有者 雄勝鉄道→横荘鉄道→羽後鉄道→羽後交通
路線諸元
路線総延長 11.7 km (7.3 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
最小曲線半径 160 m (520 ft)
電化 直流600 V 架空電車線方式(1971年まで)
最急勾配 15
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STRq
国鉄奥羽本線
exSTR+l
0.0 湯沢
exhKRZWae
雄物川
exBHF
2.2 羽後山田
exBHF
4.4 貝沢
exBHF
6.2 羽後三輪
exBHF
7.5 あぐりこ
exSTR POINTERg@f
1973年廃止
exBHF
8.9 西馬音内
exSTR POINTERf@g
1967年廃止
exBHF
10.8 元西馬音内
exKBHFe
11.7

なお、雄勝線は矢島(現・由利本荘市矢島町)まで延伸する構想があったが、具体化することは無かった[1]

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):11.7km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:8駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:全線(直流600V。ただし1971年から電気運転廃止)
    • 湯沢変電所、回転変流器(交流側445/152V直流側600V)直流側の出力150KW、常用1、予備1、製造所三菱電機[2]

歴史編集

  • 1924年(大正13年)8月16日 - 鉄道免許状下付(雄勝郡湯沢町-同郡西馬音内町)[3]
  • 1925年(大正14年)11月29日 - 雄勝鉄道株式会社設立[4]
  • 1928年(昭和3年)8月10日 - 湯沢 - 西馬音内間を開業[5]
  • 1934年(昭和9年)12月11日 鉄道免許状下付(雄勝郡西馬音内町-同郡元馬音内村間)[6]
  • 1935年(昭和10年)2月13日 - 西馬音内 - 梺間を延伸開業し、全通[7]
  • 1943年(昭和18年)10月16日 - 戦時国策として、横荘鉄道・福島バス等15社と合併。
  • 1944年(昭和19年)5月31日 - 羽後鉄道に社名変更。
  • 1952年(昭和27年)2月15日 - 羽後交通に社名変更。
  • 1967年(昭和42年)12月1日 - 西馬音内 - 梺間を廃止
  • 1971年(昭和46年)7月26日 - 同年7月20日に廃止された横荘線で使用の車両が雄勝線に転入し、電化廃止、内燃動力化。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 湯沢 - 西馬音内間を廃止し、全線廃止。

駅一覧編集

湯沢駅 - 羽後山田駅(うごやまだ) - 貝沢駅(かいざわ) - 羽後三輪駅(うごみわ) - あぐりこ駅 - 西馬音内駅(にしもない) - 元西馬音内駅(もとにしもない) - 梺駅(ふもと)

接続路線編集

代替交通編集

  • 羽後交通バス 西馬音内線:(湯沢営業所 - )湯沢駅前 - 橋場(西馬音内) - 元西小学校前(梺)

保存車両ほか編集

  • デハ3 - 羽後町の梺駅跡で静態保存
  • ハフ11、13、14 - 愛知県犬山市の『博物館明治村』で動態保存
  • デハ5 - 湯沢市役所で静態保存されていたが、屋根が抜け落ちたために解体された。
  • ユキ3 - 羽後町・浅井町内でユキ3の木造車体が農業倉庫として再利用されていたが、腐朽して倒壊した[8]

脚注および参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 羽後交通雄勝線 - 失われた鉄道 - 秋田各駅停車の旅
  2. ^ 『電気事業要覧. 第25回 昭和9年3月』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1924年8月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和10年4月1日現在』『日本全国諸会社役員録. 第34回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年8月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1934年12月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1935年2月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「崩れ落ちた羽後交通ユキ3。」『編集長敬白』 2015年10月15日2015年9月23日閲覧。
  • 金沢二郎「羽後交通」『鉄道ピクトリアル』通巻173号1965年7月臨時増刊号:私鉄車両めぐり6、1965年7月、 4, 5, 20-29。(再録:『私鉄車両めぐり特輯』2、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年。
  • 若林宣『羽後交通雄勝線―追憶の西馬音内電車―』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 52〉、東京、2004年。ISBN 4777050289