メインメニューを開く

羽黒海 憲司 (はぐろうみ けんじ、1966年4月22日 - 2019年11月3日)は、大阪府高槻市出身の元大相撲力士戸籍名は田中 憲二(たなか けんじ)(旧姓:津熊)。

羽黒海 憲司 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 羽黒海 憲司
本名 田中 憲二(旧姓:津熊)
生年月日 1966年4月22日
没年月日 (2019-11-03) 2019年11月3日(53歳没)
出身 大阪府高槻市
身長 178cm
体重 161kg
所属部屋 立浪部屋
成績
現在の番付 引退
最高位幕下6枚目
生涯戦歴 420勝425敗2休(122場所)
データ
初土俵 1983年9月場所
引退 2013年11月場所
(番付上は2004年1月場所)
備考
世話人
2019年11月5日現在

引退後は立浪部屋に残って世話人として活動した。

来歴編集

1966年4月22日大阪府高槻市で生まれる。1983年9月場所において立浪部屋から初土俵を踏み、関取昇進は果たせなかったものの幕下以下を20年も長く務め、2003年11月場所を最後に現役を引退した(番付には2004年1月場所まで記載された)。引退後は日本相撲協会に残留し、この時に定員が8名から13名に増加された世話人に就任することが決定した。2004年2月中旬にはホテルニューオータニ断髪式が行われた。

現役時代は長らく双羽黒光司の付け人を担当していたが、ある日双羽黒から暴行を受け、他の付け人と共に部屋を脱走する騒動へ発展した。羽黒海はこの一連の脱走騒動を引き起こした人物とも言われたが、羽黒海は双羽黒からの謝罪を受けて部屋に復帰した。双羽黒は1987年にも6代立浪(元関脇安念山)との対立の末に脱走、そのまま廃業(破門)へ発展する騒動(双羽黒廃業騒動)を起こしたが、騒動から数年後、代替わりした7代立浪(元小結旭豊)に双羽黒(北尾光司)をアドバイザーとして招聘することを提案し、立浪も承諾したことで双羽黒を協会非公式ながら角界へ復帰させる仲介役を務めた。

2010年5月場所は、脊髄炎で本場所の職務を欠勤した。

2019年11月3日の早朝に死去したことが立浪部屋の公式Facebookで公表された[1]。53歳没。最近10年は入退院を繰り返しており、9月場所後に体調を崩したという。亡くなる一週間前に急変、脳梗塞も併発し、死因は慢性腎不全であるとのこと。親族の意向により、葬儀は家族葬で執り行われ、12月に「お別れの会」が開かれるという[2]

主な成績編集

  • 通算成績:420勝425敗2休(122場所)
羽黒海 憲司
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1983年
(昭和58年)
x x x x (前相撲) 東序ノ口51枚目
3–4 
1984年
(昭和59年)
西序ノ口33枚目
5–2 
西序二段111枚目
2–5 
東序二段133枚目
2–5 
西序ノ口18枚目
3–4 
東序ノ口21枚目
3–4 
東序ノ口21枚目
5–2 
1985年
(昭和60年)
西序二段112枚目
4–3 
西序二段88枚目
3–4 
西序二段103枚目
4–3 
西序二段79枚目
5–2 
西序二段37枚目
3–4 
西序二段47枚目
2–5 
1986年
(昭和61年)
西序二段74枚目
5–2 
東序二段26枚目
3–4 
西序二段48枚目
3–4 
東序二段67枚目
5–2 
西序二段29枚目
6–1 
東三段目69枚目
3–4 
1987年
(昭和62年)
西三段目83枚目
4–3 
西三段目58枚目
1–6 
西三段目94枚目
4–3 
西三段目79枚目
4–3 
東三段目64枚目
3–4 
東三段目79枚目
3–4 
1988年
(昭和63年)
東三段目91枚目
4–3 
東三段目72枚目
4–3 
東三段目54枚目
4–3 
東三段目37枚目
3–4 
西三段目55枚目
4–3 
西三段目35枚目
5–2 
1989年
(平成元年)
東三段目4枚目
4–3 
東幕下49枚目
3–4 
東三段目筆頭
4–3 
西幕下49枚目
2–5 
西三段目9枚目
5–2 
東幕下42枚目
4–3 
1990年
(平成2年)
西幕下35枚目
4–2–1 
東幕下29枚目
4–3 
西幕下19枚目
3–4 
東幕下27枚目
3–4 
西幕下35枚目
5–2 
東幕下17枚目
2–5 
1991年
(平成3年)
東幕下37枚目
6–1 
東幕下17枚目
3–4 
東幕下25枚目
5–2 
西幕下13枚目
3–4 
東幕下20枚目
4–3 
東幕下12枚目
4–3 
1992年
(平成4年)
西幕下10枚目
4–3 
東幕下7枚目
3–4 
東幕下15枚目
4–3 
東幕下9枚目
4–3 
東幕下7枚目
2–5 
東幕下23枚目
4–3 
1993年
(平成5年)
東幕下16枚目
4–3 
西幕下12枚目
3–4 
西幕下19枚目
6–1 
東幕下6枚目
2–5 
東幕下20枚目
4–3 
西幕下15枚目
4–3 
1994年
(平成6年)
東幕下10枚目
4–3 
東幕下7枚目
2–5 
東幕下22枚目
3–4 
東幕下31枚目
1–6 
東幕下59枚目
6–1 
東幕下30枚目
3–4 
1995年
(平成7年)
西幕下43枚目
4–3 
東幕下32枚目
5–2 
西幕下18枚目
2–5 
東幕下37枚目
5–2 
東幕下22枚目
3–4 
西幕下29枚目
5–2 
1996年
(平成8年)
東幕下17枚目
2–5 
東幕下37枚目
2–5 
東幕下55枚目
4–3 
東幕下44枚目
2–5 
西幕下60枚目
5–2 
西幕下42枚目
1–6 
1997年
(平成9年)
東三段目10枚目
3–4 
西三段目25枚目
3–4 
東三段目47枚目
4–3 
東三段目31枚目
2–5 
東三段目60枚目
1–6 
西三段目93枚目
4–3 
1998年
(平成10年)
東三段目76枚目
4–3 
東三段目57枚目
5–2 
東三段目28枚目
5–2 
東三段目3枚目
1–6 
東三段目36枚目
4–3 
西三段目24枚目
3–4 
1999年
(平成11年)
東三段目36枚目
3–4 
西三段目53枚目
3–4 
西三段目72枚目
3–4 
西三段目84枚目
5–2 
西三段目54枚目
3–4 
西三段目68枚目
3–4 
2000年
(平成12年)
西三段目87枚目
4–3 
西三段目69枚目
4–3 
東三段目51枚目
3–4 
西三段目70枚目
4–3 
西三段目57枚目
4–3 
西三段目38枚目
1–6 
2001年
(平成13年)
西三段目70枚目
4–3 
東三段目54枚目
2–5 
東三段目75枚目
4–3 
西三段目56枚目
3–4 
東三段目71枚目
3–4 
西三段目89枚目
3–4 
2002年
(平成14年)
東序二段10枚目
4–3 
西三段目91枚目
3–4 
西序二段11枚目
3–4 
西序二段23枚目
3–4 
西序二段46枚目
4–2–1 
西序二段24枚目
5–2 
2003年
(平成15年)
西三段目90枚目
2–5 
西序二段21枚目
4–3 
東序二段筆頭
3–4 
東序二段21枚目
5–2 
西三段目89枚目
2–5 
東序二段17枚目
1–6 
2004年
(平成16年)
東序二段59枚目
引退
––
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 立田仲 憲司(たつたなか けんじ):1983年9月場所 - 1993年5月場所
  • 羽黒海 憲司(はぐろうみ - ):1993年7月場所 - 2004年1月場所)

脚注編集

  1. ^ 立浪部屋” (日本語). www.facebook.com. 2019年11月3日閲覧。
  2. ^ 世話人の羽黒海憲司さん死去、立浪部屋や協会支える - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。

関連項目編集